FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

白い壁と黒い瓦、そこに赤い金魚ちょうちん。
こんな文もあった。 「歩く程に、文学と出会うまち」
醤油のほのかな香りがし、松島詩子の懐かしいメロディが聞ける、柳井はそんな町並みだった。
    ※    ※    ※    ※

岩国が、北の方に、近い。


野球場に車を置いて、15分程歩いた。 駅から、町並みに向かっている。 駅裏に新しい商店街。

11年12月25日 (1)

見えました。 昔、船を使って、商業が盛んだったと、予想つく。

11年12月25日 (2)

最初に、資料をいただくため、写真中央の、町並み資料館に行く。

11年12月25日 (4)

市場町として形成されたとある。 ※ この町の簡単な説明は、後ほど出て来る。
大壁造りの町家群で、意匠的に優れているとある。

11年12月25日 (3)

町並み資料館。 旧周防銀行本店。

11年12月25日 (5)

国木田独歩。 少年の頃、この町にいたことがあるよう。

11年12月25日 (6)

町並み資料館の中。 外は寒かったので、あたたかい。
銀行だったので、右に金庫が見える。 
上の部分に、閉じ込められた時が出口がある。 ※ 受付の方が、教えてくれた。

11年12月25日 (10)

2階が松島詩子記念館。 どこかで聞いたことある感じの歌が、流れていた。 いい曲に聞こえる。

11年12月25日 (9)

この人の歌は知らない。 ただ、月の沙漠を歌ってたような気がした。 思い出すのは、それだけ。
※ 調べてみたら、月の沙漠を最初に録音したのは、松島詩子だった。
  柳井はるみの芸名だった時。 この音源は、YouTube以外でも、どうしても見つからない。 聴いてみたい。

11年12月25日 (8)

楽屋の再現と、愛用品。

11年12月25日 (7)

マロニエの木陰。 いい曲です。 上手ですよ。



記念館の中に流れていたのは、下のと思います。 BOSEのスピーカーから、やわらかく繊細な音で。



柳井の地名の発祥地へ向かった。 間違って、隣の寺に入った。 歌碑があった。

11年12月25日 (11)

九条武子です。 出会うのは、2度目。 旭川の神居古丹に、歌碑があった。
花の心って、正確に意味は分からないけど、好きになれそうな歌。

※ 九条武子は、大正天皇の皇后の弟に嫁いでいる。 皇后も弟も、九条家で、江(ごう)の末裔になる。   

11年12月25日 (12)

これが、柳と井戸。

11年12月25日 (14)

説明はこう。 用明天皇の子供が、聖徳太子になります。

11年12月25日 (13)

※ 楊(ようじ)のことは信じられないが、般若姫の話は、有名です。
  柳井の先の大島までは行ったよう。 だから、ここに寄ったとしても、つじつまは合う。
  詳しく知りたい方は、ここに。(Wiki)

むろやの園。 大きな商家。

11年12月25日 (15)

その横に、きじや小路。 ※ しょうじ、と読むのかな。

11年12月25日 (16)

小路から、入って来たところ。 休憩とトイレの場所。
散策してる人は、細い道が好き。 袋小路に入りたがる。 こんな所を増やすといい。

11年12月25日 (17)

地図の上の方に歩いている。 金魚ちょうちんが、どこにでも。
右手前の家は、昔と今の、融合。 
新しく建てる場合は、こんなのがあっていいと思う。 昔を越えるセンスで。

11年12月25日 (18)

車が目立たないのがいい。 寒いから、人は少ない。

11年12月25日 (19)

国森家の中。 有料の所は、見たことない何かがあると分かっている時だけ、入る。

11年12月25日 (20)

山口とかこの辺りは、山頭火がよく来たところでしょうか。
これだけの作家の中でも、山頭火は目立つ。
  「 また 旅人になる 新しい タオルいちまい 」  

11年12月25日 (21)

道を曲がって、ゆるい上り坂を歩いた。

11年12月25日 (22)

甘露醤油資料館。 

11年12月25日 (23)

中の様子。 資料館とお店。 

11年12月25日 (24)

左隣に、やない西蔵。 

11年12月25日 (31)

11年12月25日 (25)

中は、観光のために、色々と利用。
盆栽が飾ってあった。 一つの世界を作っている。 
これは、柿の木坂をイメージしたと、担当者(作った人)が説明してくれた。

11年12月25日 (26)

金魚ちょうちんの作り方を教えてくれた。 最初は、竹の枠をつくる。
出来たのを一つ頂いた。

11年12月25日 (27)

機織りの機械。

11年12月25日 (30)

このように出来上がる。 柳井縞(やないじま)。

11年12月25日 (28)

タテ糸とヨコ糸。

11年12月25日 (29)

担当者が、織って見せてくれた。 質問に答えながら。
 ※ 何を聞いても、整理された内容で話すので、学芸員がする説明に感じた。



再度、元に戻って。

11年12月25日 (32)

メインの通りには、電柱が無い。

11年12月25日 (34)

町並みを、簡単に分かりやすく説明。

11年12月25日 (35)

※ 上の大内氏と戦ったのが、鶴姫です。
   ※ 関連ブログ  鶴姫伝説 ~瀬戸内のジャンヌ・ダルク~ 他  (2009/12/20)

しらかべ学遊館。

11年12月25日 (40)

芥川龍の助、金子みすゞが飲んだのは、カルチモンですね。

11年12月25日 (36)

こんな絵が好き。

11年12月25日 (37)

もう一度見て、小路に入った。 

11年12月25日 (38)

かけや小路。 向こうから来た。 後ろ奥に、宝来橋がある。

11年12月25日 (33)

橋は、今の橋。 こんな標示が。
書いてあるように、いつか、昔の橋に戻すのがいいですね。 かけや小路も洗練させて。
みんな通るようになる。

11年12月25日 (39)

この後、もう一度、町並み資料館に行って、松島詩子の曲を聞きました。
体を温めて、戻りました。

町並みの整備、観光客への対応、駐車場の準備、どれも、よかったですね。
ここまでしている町並みは、少ないです。
柳井の白壁の町並みは、歩いて心地いい、そんな町並みでした。

【今日の歌】  
あさみ ちゆき の出身地、光市を通りました。 そこで、軽油を入れて、洗濯をして。
ふるさとの木の下で(YouTube)  ※ 貼り付けられない。

青春のたまり場の、いいのは消えてしまった。



【停泊場所】   長沢温泉駐車場


【明日の予定】  宇部かな   山の中は行けない。 雪。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は5位、 旅行全体で11位です。            
             
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
        

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2011/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。