FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

佐世保市に入りました。 今日動いたのは、佐世保市江迎(えむかえ)町。
潜竜ヶ滝を見るのが、メイン。

震災のとき、最後まで避難を呼びかけた女性がいた。 南三陸町の遠藤未希さん。
埼玉県で、道徳で扱うというニュースを昨日見た。
事実関係をどう捕まえたのか、何を子供たちに学ばせるのか、その辺が気になったので、少し考えてみます。
    ※    ※    ※    ※

印の所に、最初に行く本陣がある。 参勤交代で、平戸から、1日でここまで。


右の方の○が、潜竜ヶ滝(せんりゅうがたき)。

takisyuuhenntizu.jpg

平戸藩の藩主が宿泊した本陣跡と、山下家の酒母蔵(もとぐら)。
ここは、江迎町の市街地。  昔は、江迎宿だった。

12年1月28日 (1)

見学するには、予約が必要。 
  ※ ここには、参勤交代の絵がある。(平戸街道探訪のHPより)

12年1月28日 (2)

平戸街道は、最初の文にある、東彼杵(ひがしそのぎ)で、長崎街道に合流した。
その後、九州の北の小倉に向かった。
  ※ 平戸街道には、宿泊する本陣は、6ヶ所あったと云う。

ここは、平戸を出て、最初の本陣。 平戸から、15㌔程。
海を渡るが、そんなに遠い距離ではないように感じる。

元蔵の説明もある。

12年1月28日 (3)

岩のある山があるので、見に行った。 白岳(しらたけ)公園があで、そこから見えた。
登山道があったので、登ることにした。  30分あれば、行けそうに感じた。

12年1月28日 (4)

少し上に神社があるので、こんな石段。  神社には、頂上まで15分とあった。 近い。

12年1月28日 (5)   12年1月28日 (6)

牛の像があったら、京都の八坂神社と関係あると、どこかの神社で知った。

12年1月28日 (7)

こんな道を上った。

12年1月28日 (8)

直ぐに着いた。 高さ、373㍍。 山の上には何もない。 岩の所に、下りる道があった。

12年1月28日 (9)   12年1月28日 (10)

岩場の上に出た。 目の前の岩が、斜面になっている。 その下の状態も分からないので、ここでストップ。
白岳は、熔岩が固まってできた山と、ネットの説明にあった。

12年1月28日 (11)

下が白岳公園。  駐車場の左端に、私の車。 屋根が少し。

12年1月28日 (12)

右奥に、海が見える。  江迎湾。 本陣は、湾の奥にあった。

12年1月28日 (13)

左の方、 遠くにゴルフ場。 その向こうに、これから行く滝がある。

12年1月28日 (14)

こんな道を下る。 少し動くと暑い。

12年1月28日 (15)

山道を数㌔走ったら、駐車場に着いた。 公園になっていて、滝はその奥に。

12年1月28日 (16)

公園の下。 赤い橋を渡って来た。 
3月になったら、ツツジが満開。 今は、間違って咲いてるのが、少し。

12年1月28日 (17)

小さなお堂があって、その前を通る。

12年1月28日 (18)

徐福伝説について、いろいろ書いている。。 紀元前の人。 中国から日本に来た。
龍がいたとある。

12年1月28日 (19)

何という山菜だろう。 

12年1月28日 (20)

不動明王。 少し無理している表情に・・。

12年1月28日 (21)

ここを上がって来た。 左はお堂。 右は、休憩所。

12年1月28日 (22)

古い門。 龍門と、石の額にある。
1829年に平戸藩主が、この門を作り、この辺り一帯を整備した。 それで、お堂とかがある。

12年1月28日 (23)

※ 龍門とあるから、藩主は、徐副伝説を知っていたことになる。
  徐福は、いたかいないか分からない人。 昔、徐福伝説を広めた人がいるのかな。
  昔は、滝も、神社も、寺も、格式を高めるために、何かの伝説を作った。

12年1月28日 (24)

滝はすぐに見えてきた。

12年1月28日 (25)   12年1月28日 (26)

雨が降らないので、水量はきっと少ない。

12年1月28日 (27)

ここに龍が潜んでいた、という。  深さ6㍍とネットにあったが、本当かな。

12年1月28日 (36)

滝のある所は、たいてい、滝つぼの周りは、岩の壁。

正面からの写真。 

12年1月28日 (28)   12年1月28日 (29)

12年1月28日 (30)   12年1月28日 (31)

滝の下流。 
こんな岩があると云うことは、この岩を動かすだけの激流になることがある。 台風の時か。

12年1月28日 (32)

別の方から。 手前は浅い。 
深いのは、緑の所。 ここは狭いから、井戸のように深くないと、6㍍にならない。

12年1月28日 (33)m

水量が多いと、左にもう一つ滝が出来そう。

12年1月28日 (35)

展望台と、小さな祠。

12年1月28日 (34)

滝の上に行く道を探したが、なかった。

戻る時、門の横の石塔を見た。 天保十四年とあった。 1843年。 門より、14年後。
※ ちなみに、龍馬はこの年、9歳。

DSCF4111hpp

公園の岩壁に、玄武岩があった。 柱にように剥がれる。 

12年1月28日 (37)

今日は、合併する前の小さな町を1つ見た。 
有名な観光地は無いが、こんな感じが数日続きそう。 これはこれで、いいと思うし、嫌いでない。
滝を見る、ということで里山を歩くことができる。

【動画】



【その他】  下のが、埼玉県で使う道徳の資料の要旨。

naiyouyousi76788.jpg

遠藤未希さんに関わる事実関係は、何を元にしたのだろうと思う。
もし当時の新聞記事だったら、かなり不正確。

残された放送の記録、放送を聞いた人の証言、未希さんを見た人の証言、など、根拠をもって整理されたものが、現在あるのだろうか。 
南三陸町の人達が、それで間違いないと思うものでなければならない。

私は全国版の新聞の多くが不正確で、地元新聞が事実に近いと思っている。
それは、足を運んで書いたから。

また、私は、未希さんが助かる道は無かったのかと、今でも思う。
かわいそうと思うので、道徳であつかう人ではないと考えるんだが。

※ 関連ブログ   最後まで防災無線で叫び続けた人は、2人いた。 ~南三陸町~ 他  (2011/4/13)

※ 震災の写真は、この動画にあります
  写真の半分は、私が撮影。 残りは、アメリカメディアから。 メロディは、札幌の友人が。
  最初の写真の建物の2階で、未希さんは放送した。 2枚目の写真は、建物の前にあった花。

※ 被災地を撮影した動画を一つ紹介。  津波被害 釜石市鵜住居

【今日の曲】  ベトナム戦争で、つらい思いをした人たちの気持ちを表現した曲です。
       東北にいた時、心の奥を、いつもこの曲が流れていました。
        ※ 東北では、1週間ずつ、7ヶ所でボランティアをしました。
          震災の後、九州の椎葉村から、まず釜石に行きました。 最後は、南相馬市で。
          また九州に戻って、九重、阿蘇、祖母山などの、山に登りました。





【道の駅】    昆虫の里たびら

【明日の予定】  佐世保市鹿町(しかまち)町を。  島がいっぱいある。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で13位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。