FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

香川県と岡山県の間の瀬戸内に、塩飽諸島(しわくしょとう)がある。
島の数は28。
瀬戸大橋は、その島々を渡って、四国と本州を結んでいた。

一番大きな島は、本島(ほんじま)。 
本島にある、笠島の町並みは、伝建地区に選定されている。   ※ 重要統的造物群保存地区
江戸時代には、塩飽(しわく)水軍の根拠地であり、小さな城下町だった。
    ※    ※    ※    ※

道の駅うたづ臨海公園から、丸亀港まで歩いた。 4㌔ほど。
そこから、船。
  ※ 前日、間違って高速に入って、与島まで行ってきた。 無料。  戻る時、坂出市の夜景を見た。 何万ドルかな。
瀬戸大橋の近くの島は、塩飽(しわく)諸島の一部。

tizurer435_20121229192307.jpg

しばらくこの道を歩いて、途中から、さぬき浜街道。

12年12月27日 (57)

時間帯によってフェリーもあるけど、乗ったのは、この船。 ボートのよう。
往復、1010円。

12年12月27日 (58)   12年12月27日 (59)

12時10分発。  私は、後ろのデッキにいた。 椅子に座って。

12年12月27日 (60)mmm

12年12月27日 (61)

あっという間に、丸亀港が遠くなった。

12年12月27日 (62)

途中の牛島で、何人か下船した。  島には、十数人、人が住んでいる。

12年12月27日 (63)

本島が見えた。 泊港に船は入る。

12年12月27日 (64)

12年12月27日 (65)

こんな島。 右上の、笠島地区に行く。 ここが、伝建地区。

tizusima3234.jpg

歩きだしたら、この看板。 ある芸術家さんの所のよう。
何言ってんのかが、分からない。  岡山弁か、讃岐弁。
「ここへこい」を、口を動かすのが面倒、って感じで言うと、「こけえけえ」 になるような。

文字を見ないで、会話を続けていくと、どんどん変わるんでしょうね。
それが、方言の生まれる、原因かな。 昔の話ですが。

本島小学校の前を通って。

12年12月27日 (1)kk   12年12月27日 (2)

廃寺。 島の中では、最古の寺だった。 創建は729年。
江戸時代には、島に、24の寺があったそう。 小さな島で、この数。 島の繁栄振りがわかる。
今は11。  住職さんがいるのは3つ。(ネットの情報)

※ 無人の寺がいっぱいある。
  行く所がなくなったら、寺の番人でもやらせてもらおうか。
  私は、お化けはまったく怖くない。 夜、墓地歩くの平気。 人や熊の方がずっと恐ろしい。
      人吉市の幽霊寺で見た幽霊。 お土産に買った、幽霊のお人形。 こんな幽霊なら、会ってみたい。

12年12月27日 (3)

塩飽勤番所。

12年12月27日 (4)

塩飽諸島は、珍しいことに、自治が認められていたんですね。
なぜでしょう。
塩飽水軍として、他にはない、組織をまとめる力だあったのでしょうか。
幕府は、それを利用した。
武士でない者たちが、政治を任された。 それが、珍しいんですね。

ここは、政治が行われた中心。

12年12月27日 (67)

中が見学できた。 200円。

12年12月27日 (66)   12年12月27日 (5)

天下を取ると、このように、命令できるんですね。 逆らったら大変。
活躍すると、何かを与えられる。
誰かが所有していたものを、与えられる。 秀吉は、痛くも痒くもない。

12年12月27日 (6)   12年12月27日 (7)

なぜ、ここに咸臨丸なんだ、と思った。

12年12月27日 (8)

こうだった。 咸臨丸(かんりんまる)の乗組員は、50人。 そのうち35人が、塩飽(しわく)の出身。
水軍としての力は、並ではなかった。
咸臨丸は、日本で最初に太平洋を横断した船。

左の絵は、見たことある。 どこでかって。 咸臨丸が沈没した、北海道の木古内です。
※ その時、見た絵。 

12年12月27日 (9)   12年12月27日 (12)

 ※ 北海道に・・。 サラキ岬(咸臨丸) 他 2009/07/15

乗組員が、持ち帰ったもの。

12年12月27日 (10)   12年12月27日 (11)

のどかな雰囲気。

12年12月27日 (13)

鏝絵(こてえ)です。 立派ですよ。
左官の人が、遊びで始めたと思うけど、芸術品のレベルまでに高めた。

12年12月27日 (14)   12年12月27日 (15)

※ 鏝絵は、西日本に多いでしょうか。  今まで見た、いくつかを紹介。
    その①(丹後半島 伊根)   その②(国東半島 日出(ひじ)町)   その③(宮崎県日南市の飫肥(おび))

伝建地区の入口に来た。 向こうに少し行ったら、専称寺。 
法然が土佐に流されるとき、数ヶ月ここにいたという。(パンフレット)

※ Wikipediaでは、法然は土佐でなく、実際は讃岐に流されたとなっている。
  この島にも来ている。 讃岐のあちこちに行っている。 約10ヶ月。
  法然75歳。 先日行った法然寺は、その法然を偲んで建てられた。

12年12月27日 (16)

町並みに入っていく。

12年12月27日 (17)

笠島の良さは、建物のほとんどが、古い建物なんですね。
どうしてそうできたか。
それは、古い家並みの価値に、気づくのが早かった。 誰かが、まず気づいたんですね。
そして、周りに訴えた。 地域の声が、1つにまとまった。
昭和60年の話です。 きっと、大変な取り組みでしたよ。

古い昔を大事にして何になるのよ、と思うかも知れない。
でも、昔を大事にすることが、今を大事にすることに、繋(つな)がるんですね。
そして、さらに、未来に生きる子供達の幸せをも願うことに・・・。

塩飽水軍の基地でもあった。

12年12月27日 (46)   12年12月27日 (47)

どの道を歩いても、遠くは見えない。  戦略上、こうしたんですね。

12年12月27日 (18)

白壁、または、板壁。 2階は、中2階でしょうか。 低い。 商家の建物の感じ。
正式な2階建ては、制限されていた時代があったようです。

12年12月27日 (19)   12年12月27日 (20)

いい感じ。

12年12月27日 (21)

通りの名前が、面白い。 塩飽の男は、逞(たくま)しかったのか。

12年12月27日 (44)   12年12月27日 (45)   12年12月27日 (22)

右の建物は、町並み保存センター。 ここに入る。 管理人が、説明してくれた。

12年12月27日 (32)

江戸時代の建物。 この島を統治する、年寄りと呼ばれた人の建物。

12年12月27日 (23)   12年12月27日 (69)

左は、蔵への入口の戸。 戸を引くと軽い。 台車のような部分も、動く。 不思議な仕組み。
右は、天井は船の底の感じ。  船大工が造るからか。

12年12月27日 (24)   12年12月27日 (25)

小さな火鉢。 船の中でも、大丈夫。  灰皿。

12年12月27日 (26)   12年12月27日 (27)

船のタンスは、沈没しても、タンスは、水にプカプカ浮く。  右は、「ほうこうさん」という、高松市の郷土玩具。

12年12月27日 (28)   12年12月27日 (29)   12年12月27日 (30)

外の蔵。  たての柱が、細い。

12年12月27日 (68)   12年12月27日 (31)

焼いた板は、腐らないのか。

12年12月27日 (33)

これは、小路。

12年12月27日 (34)

立ち話です。 私のカメラに気づいて、話をやめた。
お願いして、話を続けてもらった。

12年12月27日 (35)

12年12月27日 (36)

管理人さんが、見晴らしのいい所があるよって、連れて行ってくれた。

12年12月27日 (37)

小さな島での伝建地区は、ここと広島の御手洗(みたらい)でしょうか。 
私は、御手洗で年を越すのかな。

12年12月27日 (38)

一番左の建物は、タバコを乾燥する建物ですね。

12年12月27日 (39)

 ※ 上のような建物は、昨年、白石島で見ました。 ここから近い島。

笠島城跡に登った。

12年12月27日 (40)

専称寺に向かっている。

12年12月27日 (41)

小さなお寺。

12年12月27日 (42)

この島の、お偉い人の墓。 墓石の形が、変わっている。  巨大な、位牌。

12年12月27日 (43)

町並みに戻ってきて、遠見山の展望台へ。

12年12月27日 (48)

右に上がると、尾上神社。 その左の道を行く。

12年12月27日 (49)

いい道です。

12年12月27日 (50)

瀬戸大橋。 橋ができたことが、島に大きな潤いをもたらすことはなかった。

12年12月27日 (51)

与島。  パーキングがある。

12年12月27日 (52)

港に、戻る。 梅の木かな。
やっと分かった。 梅の木が、デコボコになる理由が。

梅の木は、伸びすぎた枝を、切る。 つまり、剪定(せんてい)。
あっちに伸びようと思ってて切られたら、こっちに伸びようとする。
それで切られたら、そっちに伸びようとする。
そんなことをしているうちに、枝は、ガタガタになる。 

子供と一緒かな。
あれしたらダメ。 これしたらダメ。
そう言われているうちに、どうしたらいいか分からなくなる。
萎縮した子供になってしまう。

正しいかどうかなんて、大きなことではない。
せっかく、自分で動こうとしているのに、・・・。

12年12月27日 (53)

勤番所に、戻ってきた。

12年12月27日 (54)

お墓。   えんどう豆。 そばに、笹を立てている。 どうして?

12年12月27日 (55)   12年12月27日 (56)

島を後にした。  帰りは、フェリー。

12年12月27日 (70)

月を見ながら、1時間ほど歩いた。  道の駅の近くに、こんな建物。

12年12月27日 (71)

笠島は、昔がいい状態で残った、魅力あふれる、伝建地区の町並みでした。
今日の笠島も、Mさんのおすすめでした。
おかげで、高松そして讃岐の魅力を、楽しませていただきました。

明日(28日)、瀬戸大橋を渡ります。
今年も、あと少し。

【その他】  写真について。
     ほとんどは、新しい、X-E1で撮っています。 時々、以前のX-100。(これは、近々修理に)
      ※ 今日のでは、船での写真が、X-100。 しぶきが飛んだので。 他に少し。 
     X-100の方は、広く撮れます。(X-100は23mm。 X-E1は35mm)
     新しいカメラのレンズと同じ明るさ(F1.4)の、23mmのレンズが、来年の春には発売されます。
     レンズをその都度取り替えるのは面倒なので、そのレンズを付けたカメラを買うことになると思います。
     新しいカメラを買うと、お酒を買うお金がなくなる。 

     ズームレンズは便利ですが、今のブログの写真は、撮れません。
     他には、ワイドと望遠のレンズがあります。 マクロもあるか。
     これらは、将来的な話ですね。 いいレンズが出たとき。     

【今日の歌】



【道の駅】   笠岡ベイファーム



【30日の予定】  尾道   久しぶり。 楽しみです。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、11321333.jpg 旅行全体 1位です。987899.jpg
                     
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                          ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。