FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

「浮島」と呼ばれる、湧水の池があった。
阿蘇山の伏流水だという。
でも、阿蘇山は、はるか遠くに。
伏流水は、山の麓(ふもと)にあると思っていた。
不思議です。

浮島神社があった。
浮いてもいない、島でもない、でも、浮島。
これも、どうして?

どっちにも、理由はあった。

「八重の桜」を見ました。 面白いかも知れない。
その、理由を考えてみた。
    ※    ※    ※    ※

熊本までは、10㌔ほど。 阿蘇までは、30㌔以上。



全部、湧水の水。 水は動いており、濁っていない。 この池を浮島と呼んでいる。

13年1月13日 (15)

1日、13万㌧の水が、出てくる。  1秒間に、約1.5㌧。(2㍑のペットボトル、750本)

13年1月13日 (2)   13年1月13日 (1)

池の向こうに、神社。  浮島神社。
神社の名前がこうなので、池も、浮島と呼ばれる。

DSCF73pppp45.jpg

阿蘇の水が、ここで吹き出しているという。 

下の図で見ると、粘土層があって、水が下に行かない。
ポイントは、砥川溶岩(とがわようがん)だという。 穴だらけの石。
水を通しやすく、濾過(ろか)する。 不純物をとって、美味しい水にする。

そんなことで、阿蘇山の熊本川の広い地域にも、湧水がいっぱい。
掘れば、どこでも出るくらい。
                                 ※ くまもと地下水財団 からお借り。
0987yyyy_20130114001600.jpg

浮島の魅力は、この風景も。  山は、飯田山(いいださん)。

13年1月13日 (5)

※ 「肥後どこさ、熊本さ」って歌があるけど、ここは肥後(ひご)。
   肥後の民話に、こんなのが。

     昔、飯田山が、熊本の向こうにある金峰山(きんぽうざん)に、自分の方が高いと、自慢した。
     お互いの山のてっぺんに、水を入れた桶(おけ)を置いた。
     その桶を、管(くだ)でつないだ。
     そうしたら、水は全部、飯田山に流れてしまった。 飯田山が低かった。

     以来、飯田山は、自分が高いとは、他の山にも、「言い出さん」かった。

   面白い民話ですね。 教訓が入っている。
   なんでも人と比べて自慢していると、お前は飯田山と一緒だと、バカにされる。

   努力したら、自分はやれる、という自分への自信は必要かもしれない。
   でも、漠然と人より優れている、優越している、と思う必要はありませんよ、と教えてくれている。
   戒(いまし)めてもいる。  自分は、自分。

浮島神社。

13年1月13日 (6)

下の写真を見ると、池に、神社が映っている。
池に、浮いているように見える。 これで浮島と云われるそう。
                              ※ 県のHPからお借り。
ukisima897899_20130113234703.jpg

※ 実際は、下のように、半島。

tizuyut65.jpg

カモがいっぱいいたので、呼んでみた。
こいつだけが、やってきた。

「あげるもの、何もないのよ、ごめんな」って言ったけど、しばらくそばにいた。

13年1月13日 (7)

ここは、池の上を歩ける。  ずっと、雨。

13年1月13日 (8)

水温は18度。 気温より、だいぶ高い。 それで、靄(もや)がかかっているのか。

13年1月13日 (9)

水は流れている。  向こうから、こっちに。

13年1月13日 (10)

この写真を見ると、水蒸気かな。

13年1月13日 (11)

水は、左上に流れている。  池は、どこもこんな水。 澄み切っている。
ボランティアグループによって整備されている。

13年1月13日 (12)   13年1月13日 (13)

平安時代に、ここを掘ったら、池ができた。 そう伝えられている。

13年1月13日 (14)

神社の正式名称は、浮島熊野坐神社(うきしま くまのます じんじゃ)。  ※ 坐は座と似た意味。

13年1月13日 (16)   13年1月13日 (17)

地元の人は、親しみを込めて、浮島さんと呼ぶそう。 金比羅さんと同じ。

13年1月13日 (18)

さっきは、向こうに。  たくさんの鳥。

13年1月13日 (19)

冷たい湧水の場合、浮島が生まれることがあるんですね。
最初は、それかと、思った。

浮いてない、島でない、でも浮島。

山から離れた平地に、大量に水が湧き出ている。
浮島は、そんな珍しいところでした。

【関連ブログ】   コバルトブルーに輝く湧水の池、別府弁天池 ~美祢市秋芳町~  Joan Baez 「The Green Green Grass Of Home」  (2012/4/18)
           秘境! 浮島湿原 ~70の沼に多くの浮島が・・・ 滝上町~   他  (2010/8/16)

【八重の桜】
この先ずっと、面白いかもしれません。

子役の女の子の表情がよかった。
瞬きもせずに、相手を見つめた。 奥の深さを感じさせる目。
黒木瞳が子供なら、こんな目をするかなとも。

綾瀬はるかは、だいじょうぶですね。
自然に演じている。
この人は、綾瀬はるかだって見ても、気にならない。

画面がきれいです。 
庭園の場面なんか、これでもかっていうぐらい。
テレビなのに、映画用カメラを使っている。
昨年の、埋め合わせか。

話の流れが、3つ絡(から)み合っていた。
1つは、佐久間丈山の場面。 その時代の大きな流れ。
2つ目は、黒船に乗り込むとか言ってる場面。
そして、八重が登場する場面。

ひとつの場面が終わる時、この後どうなるんだろうと、思ってもられるように工夫している。
これは、物語の仕掛けで、このことを大事にする脚本家の話は、面白い。
毎回そうだと、前回を見てなくても、何とかなる。 

男みたいに生きて、どうなるんだろう。 黒船に乗り込めるんだろうか。
佐久間象山どうなる。

1つの話の中に、細かな話が、5つくらいあってもいい。
全部楽しみになると、たまらない。

黒船に乗って捕まってたのは、吉田松陰ですね。
彼が育てた人物が、新しい時代をつくる。
佐久間象山は、松代に送られる。

2人とも、井伊直弼による安政の大獄で、命を奪われる。

桜田門外の変で、井伊直弼は暗殺される。
実行部隊のリーダーは、関鉄之助。

そんな流れで、明治を迎えることになりますね。

今後、八重の生き方の魅力を、どう描くんでしょう。
龍馬のように、日本の未来を見つめていたようには、思えないですから。

※ 会津藩は、最後まで、幕府に忠臣を尽くす。 ここだけでは、物足りない。
  明治に入って、生き方を変えるのかな。

※ 佐久間象山の松代が、最後に流れました。
  松代のブログに、象山神社の写真は、1枚だけ。
  木屋町のブログにも、象山は、1枚だけ。 襲われた場所。
     松代象山地下壕(大本営跡)  松代城(海津城)跡 ~長野市松代町~  他  (2012/10/29)
     維新の史跡を残す、木屋町通を歩く ~京都市~  キッスは目にして(ヴィーナス)  他  (2012/6/17)

【今日の歌】





【道の駅】   竜北



【明日の予定】  ツルがちゃんといるのか、見てきます。 出水市です。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、13年1月13日 (20) 旅行全体 2位です。13年1月13日 (21)
                 
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



山鹿(やまが)市には、古い芝居小屋の八千代座がある。
今まで、公演ではなく、催し物とかで、見学ができなかった。
そんなことで、行ってみた。
他の町にある芝居小屋と、ほとんど同じだった。

山鹿市は、山鹿灯篭まつりで知られる。
その灯篭も見てみた。
    ※    ※    ※    ※

国道3号線が通っている。 九州を縦断するときの、メインルート。
山鹿市には、3回目。



左奥に、八千代座。

13年1月12日 (8)

日本は、しばらくの間、昔を忘れた時代があった。  大正12年に戻したとある。 

13年1月12日 (9)

※ 狭いところで、大きな建物全体を撮るには、広角のレンズが必要。 これは、X100の23mmで。
  今月の19日に、14mmが、フジフィルムから発売されます。

13年1月12日 (1)

中に入ると、一度来たことがあるような、錯覚をおぼえる。
芝居小屋は、どこも似てるんですね。 そうでないと、演じる人は不便。
     ※ 秋田県の小坂で見た、康楽館。(2010年)

13年1月12日 (2)

天井と壁には、宣伝。

13年1月12日 (3)   13年1月12日 (4)

シャンデリア。 今は電気。 昔は、カーバイトガスを燃やしていたと、説明してくれた。    
   ※ カーバイトガスは、アセチレンガスのことですね。
     カーバイトという、炭化カルシュームの塊に、水をかけたら、アセチレンガスが出る。
     アセチレンランプ。 上に水があって、下にカーバイト。 水が落ちる仕組み。

13年1月12日 (10)

舞台にある、回り舞台の淵。 
使えないところだけ、新しい木に。 こうすると、昔が残ったことになる。 そして、重要文化財に。

13年1月12日 (5)

舞台の天井。  ここから、雪を降らす。

13年1月12日 (15)

楽屋の畳。 木も、古い。
国東半島で生産される、七島藺草(しちとういぐさ)で作った、琉球畳。
目が細かく、強いそう。 柔道もできると、説明が。  このようにつくる

13年1月12日 (16)

舞台の下。 奈落(ならく)  回り舞台は、これを回す。 4人で。
※ あるとき、これを4人で回したそう。 そうしたら、回しすぎた。
  そこに、朝青龍がいた。 一人で、元に戻したそう。

13年1月12日 (6)

ここに乗って持ち上げたら、舞台の上に出る。
人力だから、痛いと言ったら、すぐ止まる。 機械より安全。 不安がない。

13年1月12日 (17)

舞台が回りやすいように、レール。

13年1月12日 (18)   13年1月12日 (19)

正面の3階席に座って、説明を聞く。  「大向う」と呼ばれる場所。
ここは安い場所。 でも、芝居に詳しい常連もいる。 「大向うを唸(うな)らせたら、立派な芝居。

13年1月12日 (20)

宣伝にある店で、今も残ってる店があるという。 正面の2つも、現在ある。

13年1月12日 (14)

13年1月12日 (12)  13年1月12日 (11)

説明を聞いている人みんなで、「いよ~。日本一」って声をかけた。 そして、ポーズ。
  
13年1月12日 (21)

昔の八千代座。  朝丘雪路。

13年1月12日 (22)   13年1月12日 (23)   13年1月12日 (24)

山鹿は、灯篭まつりで知られる。 頭の上に灯篭。 変わった祭り。



この後、少しだけ、山鹿灯篭民芸館に。   建物の灯篭もある。

13年1月12日 (29)

13年1月12日 (25)

8月に行われる、灯篭まつり。

13年1月12日 (26) 

頭に載せるのは、金灯篭(かなとうろう)。  どんな灯篭も、紙と糊(のり)しか使わない。

灯篭の製作は、細かな作業。 折れ目を付けているのか。 
きっと、これ1枚で、細かい部品がたくさんできる。

鶴田一郎という人が描いた、ポスター。 祭りの魅力を、大きくしている。

13年1月12日 (32)  13年1月12日 (33)  

赤穂義士の遺髪を、山鹿にある寺に、埋葬したとある。
 
13年1月12日 (30)   13年1月12日 (31)

さくら湯という、新しい温泉ができていた。 

DSCF6919ppp.jpg

この道は、豊前(ぶぜん)街道。 熊本から、小倉に続く道。 
昔の面影が残っている。

13年1月12日 (35)

芝居小屋で、芝居が見られるチャンスがあれば、見てみたいです。

2月に行われる、「竹あかり」がいいですね。
昨年見ました。 幻想の世界。

【関連ブログ】  山鹿灯篭浪漫  竹灯り  八千代座  平山温泉郷 ~山鹿市~  酔わせてよ今夜だけ  他  (2012/2/10) 
           日本最古の芝居小屋 康楽館  小坂鉱山事務所 ~どちらも国の重要文化財 小坂町~   他  (2010/7/29) 
           蓮華院誕生寺奥の院五重塔 ~横綱土俵入りと大梵鐘の寺、熊本県玉名市~   他  (2010/3/20)
           謎のトンネル、トンカラリン  江田船山古墳の石棺 ~和水町~  世界一遅いマラソン記録  砂の祈り  他  (2012/2/12)

【今日の歌】 この人の、北国行きで、が好きなんですが。 いいのがないです。 上手ですね。



【道の駅】   きくすい。



【明日の予定】  熊本市の近くに、湧水群があるので、そこに。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
【ランキング】  国内旅行 1位、13年1月12日 (36) 旅行全体 2位です。13年1月12日 (37)
                 
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。 
                    
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。