FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

震災の後のボランティア作業では、泥出しが、たいていの町であった。
ところが、陸前高田市では、なかった。
泥水が家の中に侵入したというより、家やビルをみんな、押し流してしまった。
市の中心街は、消えてしまった。

震災から、約2年半。
陸前高田市では、復興計画に沿って、復興が始まっていた。
大きな夢に向かって。

奇跡の一本松保存プロジェクトによって、一本松は、元の姿で立っていた。
鎮魂、希望、復興の象徴として。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

陸前高田(りくぜんたか)市までが、岩手県。  少し南の気仙沼は、宮城県。



ここは、震災前は、道の駅だった。 駐車場が広く、大きな道の駅だった
今は、小さな駐車場に。  昨晩は、ここに停泊。

13年10月1日 (1)

クレーン車が、あちこちで動いている。 どんな仕事か、すぐに分からない。
北方面。

13年10月1日 (2)

市の中心街は、この方向にあった。 

13年10月1日 (3)

南の方向。  一本松は、向こうに。  左に広く、高田松原があった。

13年10月1日 (4)

こんな建物があった。 追悼施設。  暗くなってから来たので、気づかなかった。

13年10月1日 (5)

この町を訪れた人は、ここで、手を合わせる。 

13年10月1日 (6)

中には、写真が貼ってあった。
駅前通り。 家が消えてしまう。  森が、同じと分かる。

13年10月1日 (8)

13年10月1日 (9)

こんな写真も。

13年10月1日 (11)

13年10月1日 (10)

この後、お風呂を作った社長さんの所に、挨拶。
社長さんは、出かけていた。

事務所にいた女性の方が、復興の青写真を見せてくれた。
後始末だけでない復興が、始まっていた。

震災の後、赤○の所で、ドラム缶でお湯を沸かした。
そして、工場の中の手製の湯船に、ホースでお湯を入れた。

13年10月1日 (12)

このように。 事務所にいた方も、この仕事をした。

20110405002401bd5_2013100207070704e.jpg

  ※ 社長さん考案の手作りお風呂は、大賑わい。  大槌町、山田町、宮古市の被災状況(続き)  (2011/4/4)
     遠野市に戻って、水や軽油の補給。   津波直後と11日夜の避難所の様子。  他   (2011/4/8)

会社から下は、このように。 会社の人たちは、ここから、津波が押し寄せるのを見た。
下の駐車場の辺りは、高い瓦礫(がれき)の山になった。 

13年10月1日 (13)

 ※ 上の写真の下の様子は、このブログに。
            復興に向けて   震度6弱の揺れ   他   (2011/4/7)

復興計画がどうなっているか、市のHPを見てみた。
具体的な、スケジュールがあった。 それを紹介。

13年10月1日 (32)

一部を拡大。  防潮堤を、いつまで、どのように。

13年10月1日 (31)

住宅地をどこに作るかなども。 市民への説明と意見を聞く場を、何度も持って。
計画は、修正しながら進む。

13年10月1日 (30)

一本松がレプリカの形であって、見ることが出来ると、事務所で教えてもらった。
駐車場が用意されていた。 5分ほど歩くと、見えてくる。

13年10月1日 (14)

途中で見た、北方面。  土地の造成工事だろうか。
広く地盤が沈下した。 数十㌢。  水が溜まった所もある。

13年10月1日 (15)

通路に灯りをともした。 その灯りは、街に、人々の心に、灯すことに。

13年10月1日 (16)

橋の向こうにある。  橋は、しおさい橋。  一本松と一緒に、残った。

13年10月1日 (17)

流れて来る家などがぶつかっても、木は、立ち続けることは出来なかった。
残ったのは、奇跡だった。 7万本あった松の中の、たったの1本。
津波の高さは、10㍍を越えていたから、頭まで水をかぶった。

13年10月1日 (18)

下の写真は、震災後の、4月5日に撮影。  
この頃は、枯れていない。  土に塩分が浸みて、一本松は、苦しくなる。

201104060732086f8_2013100207172428f.jpg

奇跡の一本松を、鎮魂、希望、復興の象徴として、残すことにした。

13年10月1日 (20)

そのままでは残せない。  プロジェクトが、始まる。

13年10月1日 (21)

後ろには、仲間の木が、いっぱいあった。

13年10月1日 (23)

現在地です。 私は4年前に、左の橋を渡ったことがある。 その橋の下に、道の駅。

13年10月1日 (22)

一本松の保存方法。  
太い幹の部分は、くり抜いて、中に丈夫な炭素繊維の金属を入れたよう。
木の部分の、防腐処理も。   根の部分は、コンクリート。
枝、葉っぱは、型を取って、レプリカ。 
経費は、1億5000万円。 寄付で。

13年10月1日 (34)

この辺り一帯の、震災前の地図。  右の赤○が、一本松。

13年10月1日 (33)

下の写真は、2009年に撮影。 道の駅から、そばの橋に向かって行く。

13年10月1日 (35)

橋の上から、左を見たら、カモがいた。

13年10月1日 (36)

渡って、堤防をくぐったら、松原に出る。

13年10月1日 (37)

啄木や、虚子の句があった。 右は、啄木の句碑。

13年10月1日 (39)     13年10月1日 (40)

高田の松原は、世界遺産になった美保の松原と並んで、日本屈指の美しい松原だった。
年間、100万人以上が訪れた。(2009年は、104万人)

13年10月1日 (38)

どこまでも、続いていた。 松原は、高田の街を、風から守った。

13年10月1日 (41)

一本松から、北を見た。  遠くに、小さく橋。

13年10月1日 (19)

山の上では、住宅地の、造成工事。
タイヤの多い車が見える。

13年10月1日 (24)

気仙沼に向かった。  途中、海を見た。   大理石海岸の近く。
赤○の中は、傷んでいる。  ここから津波は、谷の中を襲った。

13年10月1日 (25)

向こうが、大理石海岸。

13年10月1日 (26)

こんな風景。 少し波で洗われたら、ピカピカ
 ※ 近くに墓地があって、江戸時代に作った、墓石があった。
   それは、風化は全くなく、昨日作ったように見えた。(少しオーバーか)

20091005195042513.jpg

左に見えた海岸が、大理石っぽい。

13年10月1日 (27)

気仙沼に入ってきた。  解体することになった、打ち上げられた船。  こうだった

13年10月1日 (28)

市街地に入ってきた。  この辺りは低いので、被害が大きい。

13年10月1日 (29)

私は、あるところに向かっていますが、ここで、遊びの問題です。

    ※ 遠野と気仙沼には、同じ名前の温泉があります。 
      名前は、夜寝津(よねつ)温泉。
      2つ温泉には、ある特徴があります。      
      その特徴は、何でしょう。 夜寝るは、ヒントなのか、そうでないのか。

      答えは、右をクリック。  13年8月20日 (32)pp

5年後、10年後、陸前高田の町は、どうなっているでしょう。
震災の教訓を生かした、安全で住みよい町に、きっとなっているでしょうね。
学者の考えより、教訓。 それが大事に思います。
      
空と海の青さ、山の緑は、昔のまま。 人々の、心も。
震災で一番大変だった町の復興が、具体的に、始まっていました。

奇跡の一本松を、旗印にして。

【今日の歌】   麦畑のひばり。   ピアノは、山下洋輔。 いいですね。
        岡林信康と美空ひばりは、お互い、理解しあっていた。 後年になって。



【停泊場所】   気仙沼の少し南にある、駐車場。  道の駅の感じ。  確認できたら、詳しく。

【明日の予定】  南下するけど、変更になるかも知れない。
           南三陸で、ある人に会いたいが、連絡がうまく取れなかったら、中尊寺に向かいます。
           そのあと、福島県に、一気に南下します。
           12日に、碓氷峠で、須坂の東風さんと落ち合う予定。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、2位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



カッパ淵を、遠野のSさんに案内してもらった。
Sさんは子供のころ、カッパ淵で、河童のように泳いで遊んだ。

河童は、いたずらをしたが、いいこともしたようだ。
頭の皿の水で、常堅寺(じょうけんじ)の火事を消したことも。
感謝されて、寺には、カッパ狛犬(こまいぬ)があった。

福泉寺に、木彫としては日本最大の、大観音像があった。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

今日は、私の車の助手席にSさんが乗って、動く。
カッパ淵は、遠野市の町外れに。





常堅(じょうけん)寺の裏にある。

13年9月30日 (27)

曹洞宗の、大きなお寺。 Sさんの菩提寺。

13年9月30日 (1)

山門の仁王像。  表情が、おだやか。  鬼のようでない。
この像は、早池峰神社にあったもの。 
  ※ 早池峰神社は、寺と神社の両方があった。 明治の神仏分離で、寺のこの像が、ここに来た。 
    早池峰神社は、ここより、もう少し北にある。 そのずっと北に、早池峰山。

13年9月30日 (2)   13年9月30日 (3)

正面に、本堂。

13年9月30日 (4)

句があった。 河童の皿は、氷だと。 どの河童だろう。

13年9月30日 (5)

左にいた。 カッパ狛犬(こまいぬ)。  こまガッパ。(?)

13年9月30日 (26)

ここに溜まった水が、氷ったんだ。  冬の情景。

13年9月30日 (25)

※ 上の句の作者は、沢木 欣一(さわき きんいち)という、俳人。
  こんな句も、つくっている。
    「秋晴の 空気を写生せよ といふ」
  棟方志功に言われたそう。

祠(ほこら)の中。

13年9月30日 (6)

本堂前にも、河童。  この小さいのが、お土産屋さんで売っている。

13年9月30日 (7)

本堂の左に、行く道がある。

13年9月30日 (8)

河童の足跡。   指が足りない。

13年9月30日 (9)

寺の裏。 見える橋を渡って、右に行く。 写真からはみ出た辺りに、カッパ淵。

13年9月30日 (10)   13年9月30日 (11)

橋から、下流を。 人がいる辺りに、カッパ淵。

13年9月30日 (24)

ここです。   ※ Sさんは、たくさん歩けないので、橋の上で待っている。
昔はもっと深く、腰のくらいまであったそう。 子供たちは、泳いだ。
網で魚も獲った。 ウナギもいた。

淵(ふち)というから、もっと深いのをイメージする。
底が見えなく、魚の主が棲んでいるとか、龍が出そうとか。
あっけない感じがする。

13年9月30日 (12)

この川は、小烏瀬(こがらせ)川ですね。  遠野物語に出てきて、有名になった。

13年9月30日 (13)

河童は、伝説上の動物なのか、未確認動物なのか、どちらでしょう。  後者なら、面白い。

小さな祠と、カッパ。  子供に、乳を飲ませている。

13年9月30日 (14)   13年9月30日 (15)

Sさんは、子供のころ、カッパの話は聞いてないという。
だから、見たことはない。

カッパ捕獲許可証が売っている。  左の木が、不気味。

13年9月30日 (16)

このようにして、釣る。 エサは、もちろん、キュウリ。

13年9月30日 (17)   13年9月30日 (18)

ここは、安倍屋敷跡。  この地方を治めた人。

 ※ 安倍貞任(さだとう)の末とある。  平安時代の武将。    ※ 末~末裔(まつえい) 子孫。
    この人の妹が、奥州藤原氏の清衡を生んでいる。 清衡・基衡・秀衡と続く。
    秀衡は義経に優しかった。 
    その子の、泰衡がダメだった。 頼朝に、だまされる。
    義経を殺し、自分も殺される。   

13年9月30日 (20)   13年9月30日 (19)

※ 安倍貞任の安倍と、安倍首相の安倍が同じ。  阿部でない。 関係あるか、調べてみた。
  阿部首相は、ある選挙で、岩手県に来た。 こんな演説をしている。(Wikipedia)

   「貞任の末裔が私となっている。ルーツは岩手県。 その岩手県に帰ってきた」 

橋に戻ったら、地元の人が、マスだって叫んだ。  急いでカメラを向けた。 
橋の下を通り抜けて、赤○に2匹いる。

13年9月30日 (21)

40㌢ほど。  動くから、分かる。

13年9月30日 (22)   13年9月30日 (23)

東の方にデンデラ野という、姥捨て山があるが、近くに、佐々木喜善(きぜん)の生家。
遠野物語の柳田国男に、遠野の民話を語った人。

 ※ まとめた人間の方が有名になったので、面白くないと思っているかなって、想像。
   でも、柳田国男がいなかったら、文学作品のレベルにはならなかった。
   遠野市に入ると、柳田国男の名前は、あまり出てこないし、見ない。
   佐々木喜善の名前ばかり。
   柳田国男がのおかげで、今の遠野市の観光があるんだが。
   合作としたら、どうだったろう。

13年9月30日 (28)   13年9月30日 (29)

途中の風景。  左の方に、デンデラ野。  遠野は今、稲刈りの、真っ最中。

DSCF9250ppp

Sさんは、もう一か所行くという。 どこかは言わない。 名前を忘れたのか。
福泉寺という、寺だった。



拝観料は、300円。  Sさんは、ここで待つ。
    ※ Sさんは、数年前大病してから、長く歩けない。
      ブログで、いつだったか、盛岡の病院に見舞いに行ったのを、書いたことがある。

13年9月30日 (40)

広い境内。  見どころは、大観音像。 1本の木を彫った。 木彫りとして日本最大。(Wikipedia)

13年9月30日 (30)

まず、本堂に。

13年9月30日 (31)

5分ほど歩いて、大観音堂。

13年9月30日 (32)

観音像は、本堂の後ろの建物に。

13年9月30日 (36)

観音堂の中。 外から撮影。

13年9月30日 (33)

大観音像。 撮影禁止なので、これだけ。

  総高17m、木彫として日本最大の観音像。
  樹齢1200年の大木の一木造である。
  20年の歳月を費やして住職自らが刻んだ。(Wikipedia)  

実際に見ると大きいが、大きさをどう表現したらいいか、・・。
顔の大きな像、という印象。

案内板にあったのが、右の写真。   ネット上には、こんな写真

13年9月30日 (34)   13年9月30日 (41)

近くから、遠野市の市街地が見えた。

13年9月30日 (35)

戻る途中に、五重塔。 1990年に建立。  新しい。
五重塔は、バランスが取れやすいのか、美しいのが多い。

13年9月30日 (37)   13年9月30日 (38)   13年9月30日 (39)

寺のそばに、食堂。 Sさんに、ラーメンをご馳走になった。
こんなポスターが。 少し前に、遠野のお祭りがあった。

13年9月30日 (42)

※ 上のポスターの女性の顔は、顔の下の方が、少しふっくら。
  典型的な、秋田美人。 
  秋田の雄勝(おがち)の小町祭りにも、出れそう。
  以前の小野小町のポスターには、こんな女性が
  似ています。  

遠野は、毎年のように寄るので、だいたい見た。
市街地から出ると、日本のふるさと、原風景って感じでしょうか。

民話が多く残っていたということで、
昔から、心豊かに人々は生活していた、と分かります。

Sさんをお家に送った。 来年また来るからねと、別れた。
自然のマイタケの乾燥したのを、いただいた。

【関連ブログ】      伝承園  遠野物語  オシラサマ伝説 ~遠野市~  釜石市を通る。  他  (2012/10/15) 
                        遠野ふるさと村  デンデラ野 ~遠野市~  他  (2011/7/24)

【その他】 滝観洞(ろうかんどう)という洞窟が、遠くない所にある。
      そこに、白蓮(びゃくれん)洞もある。 
      2つは、セットの券で見るのだが、前回行ったとき、白蓮洞を見忘れた。
      白蓮洞は、柳原(やなぎわら)白蓮が、名付けていた。
      滝観洞に、天岩戸の滝があるが、その名前も彼女が。

      調べてみたら、白蓮洞は、震災のため中は見られない。 残念。
      白蓮洞の入り口には、こんな歌の碑があるそう。

       「 神代より かくしおきけむ 滝つ瀬の 世にあらはるる ときこそ来つれ 」(白蓮)

            滝観洞(ろうかんどう)   他  (2009/10/03)

【今日の歌】  ラジオのFMから、美空ひばりが歌う、月の夜汽車が流れてきた。
        彼女が歌うのは、YouTubeには、ない。
        曲を作った、岡林信康で。



【停泊場所】  陸前高田の、道の駅があった所にある、駐車場。



【明日の予定】  陸前高田を見て、南下。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、2位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。  

スポンサードリンク

 
 

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。