FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昔、日本海の幸は京都に運ばれた。
その道は、鯖(さば)街道と呼ばれて。

鯖街道はいくつもルートがあって、今いる所の道がメインの道。
小浜などと京都を結ぶ道。 今の国道沿いに。

今日歩く朽木(くつき)宿には、鯖街道の面影が残っているでしょうか。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

真っ直ぐ下がると大原に。

s-17年11月2日 (1)

オレンジの〇の道は何かって、鯖街道の最短の道。  おにゅう峠を越える。
数年前、自分は上から向かったことが。

途中から歩いて、赤〇まで。  峠まで2㌔程。 時間が足りなくて戻った。
山道を歩いた。  

山奥のさびしい道を歩いていると感じた道。
旅に出て一番かな。 そう感じたのは。

下からも近づきたいけど、地図の車道が狭い。
自分の車では厳しいと分かり、あきらめ。 (行く方法が見つかった時は、行きますね)

17年11月2日 (2)ppp

道の駅があるからありがたい。 地名が市場(いちば)。  昔、市場があったのでしょうか。

s-17年11月2日 (3)

くつき新本陣。 今の時代はここが本陣。 殿様が泊まる所。

  ※ 左に地場産の店。  梅干しを買った。  何年たっても腐らない。
    また、添加物の入ってないキムチがあった。 他で買ったばかりだったので・・。

s-17年11月2日 (4)

さあ行きましょう。

s-17年11月2日 (5)

家並の中に国道はつくれないので、昔が残った。
  ※ 郊外は鯖街道の上に国道が多い。

s-17年11月2日 (6)    s-17年11月2日 (7)

少し物足りない。  重伝建地区ではないから仕方ないけど。

s-17年11月2日 (8)

いい雰囲気。  これなら十分。

s-17年11月2日 (9)

どの道が鯖街道なのか、色を付けてくれたら分かりやすい。

s-17年11月2日 (10)

丸八百貨店。  昭和8年。  登録有形文化財。
3階の天井が低そう。  

3階は増築。  展望室の感じで。

真っ直ぐ行ったら滝。 地図にあった。  後で。

s-17年11月2日 (11)     s-17年11月2日 (12)

大正や昭和初期の建物は、今の時代に通用する美しさ。
平成の今の建物は、後の時代にどう評価されるでしょう。

  ※ 大きくなるけど、京都駅のデザインは自分は大好き。
    カメラを構えたくなる駅なんてそんなにない。

    京都の繁華街は河原町が中心だった。
    それが今は、京都駅周辺が同じレベルに。

    京都駅の魅力が、人を建物を呼び込んだ。

この通りが朽木宿の中心部。

s-17年11月2日 (13)

上の写真の右の家。  この家は、奥まで続いている。   出窓。

s-17年11月2日 (14)    s-17年11月2日 (15)

ベンガラ塗っぽい。   手広く商売をしていた。

s-17年11月2日 (16)    s-17年11月2日 (17)

小路に入って、神社。

s-17年11月2日 (18)

ここの神様は、蛭子命(ひるこのみこと)。 
神様にも、幸せに差があったよう。

蛭子の神は、生まれつき不憫だった。(どうして幸せになれない神を作ったのでしょう)

s-17年11月2日 (19)    s-17年11月2日 (20)

何かと思ったら、保育所だった。

  ※ ここから琵琶湖に出た辺りに、ヴォーリズが設計した建物がある。
    その影響でしょうか。 彼の設計した最北の建物は、北見市のピアソン記念館

s-17年11月2日 (21)

江戸時代の建物なら、2階の窓がもっと狭い。   縦が短い。   殿様を見下ろせない様に。
時代と共に、広くなります。

s-17年11月2日 (22)

信長が浅井長政に追われて、ここを逃げたとある。
体勢を立て直して、浅井長政を討ち取る。  三姉妹は助け出されますね。

一番最後に、一塩のサバも運んだと。
夜も走らないと、腐れますよ。

普通は何時間くらいで届くのでしょう。
50時間くらいかな。 (サバを読みました。 てきとう)

どこに届けたかって、京都の錦市場ですね。  今も賑わっている。

s-17年11月2日 (23)

窓の上に小さな屋根。  庇(ひさし)かな。  

s-17年11月2日 (24)

茅葺。  この辺りから西の山の中には、茅葺屋根の家がいっぱい。
鉄板で包んでいないから、魅力十分。

   かやぶきの里 北村は、花が咲き始めていた。  里山の風景。  すっかり観光地に。~南丹市~ 他 (2015/4/18)

s-17年11月2日 (25)

もう少し行ったら、北の端。   ここで別の道を。

s-17年11月2日 (26)

稲刈りは早かったのか。   ひこばえ(孫生え)が穂を出している。

s-17年11月2日 (28)    s-17年11月2日 (27)

「助けてくれ~」って云っている。   柿の木のために、実を取りたい。
自分が食べたいだけではないのか、って云われそう。

s-17年11月2日 (29)

上に行ったら滝があるのか。
人がいたので、滝はどこにありますかと聞いた。

滝なんかないよという。 もしかしてあれかなと、坂の下を指さした。

s-17年11月2日 (30)    s-17年11月2日 (31)

滝の前を通ってたけど、気付かなかった。

s-17年11月2日 (32)

正面にあった。  私は、「たきにきた」。 もうちょっと何とか・・・。 「さとのたきにきたのとさ」(?)

s-17年11月2日 (35)

よく見ないと、水が見えない。   少なくたっていつまでも流れ続ける、不老の滝。

s-17年11月2日 (33)

丸八百貨店の前に出て、右に行く。

s-17年11月2日 (34)    s-17年11月2日 (36)

何もない。  冬をそして春を待つ田んぼ。   一面真っ白になる。  みんなかくして。

s-17年11月2日 (37)

茅葺だけど、鉄板にした.   茅は息が出来るのか。
丘の上に学校。  子どもたちの歓声が・・、なんて書きたい。

s-17年11月2日 (38)    s-17年11月2日 (39)

この道は自然歩道。   どこまでも続く。

s-17年11月2日 (40)

戻って来た。  左にローソン。

s-17年11月2日 (41)

西に入る道は、国道だった何だってみんな細い。
いくら調べても、通れる道は無い。

下って京都に出るしかない。

朽木宿は水音の聴こえる、小さな宿場町でした。

【記事の紹介】   鯖街道関係。

   京の台所、錦市場を歩く。  錦天満宮。  鯖街道の終点。  漬物、お菓子、海の幸、他。~京都市~ 他 (2015/6/11)
   京の食文化を担った、鯖街道。  京極高次(お初)の小浜城跡。~小浜市~ 他 (2014/11/2)

   鯖街道、根来~針畑越えルートを歩く ~小浜市~   夏が来る( 大黒摩季)  他  (2012/5/27)
   

【今日の歌】    Juanes - La Camisa Negra       このグループのが好き。 魅力は繰り返しの動き。



【道の駅】   くつき新本陣

【明日の予定】    南に。   大原でしょうか。   途中に何かあればそこに。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。