FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨日の夕方、平福に入った。
重伝建地区の町並みがある。

昔は、平福宿。  
因幡街道では、大きな宿場町だった。

この地方に来ると、武蔵伝説がある。
武蔵は、今の兵庫県か岡山県のどちらかで生まれているよう。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

内陸に入ると寒い。  5度くらい違う。
鳥取と姫路への道の途中。 因幡(いなば)街道。

要所要所に、日本海と瀬戸内を結ぶ道はありますね。

s-17年11月21日 (1)

佐用町の中心街は、少し離れて。

s-17年11月21日 (2)    s-17年11月21日 (3)

右が北。   まず左に行く。

s-17年11月21日 (4)

道の駅から智頭(ちず)急行の駅を見た。

s-17年11月21日 (5)

髙い所に、陣屋門。  後に代官所跡。

s-17年11月21日 (11)

門の前から。 国道の1本隣に、旧道が。 因幡街道。

s-17年11月21日 (8)

陣屋門。 平福藩は、江戸時代の初めの30年程あっただけ。
その後は、幕府の直轄地。  

s-17年11月21日 (7)    s-17年11月21日 (9)

集落の向こうの山の上に、利神(りかん)城跡。
数年前から整備した。   1ヶ月ほど前に、国の史跡になった。

  ※ 史跡になるかどうかは、地元の熱心さも関係するんですね。
    価値を整理して、文科省かどこかに伝えるのかな。

s-17年11月21日 (10)

平福宿の南の入り口近くに、武蔵の決闘場が。

s-17年11月21日 (14)

ここは処刑場でもあったので、六地蔵。
誰でも相手しますよとあったので、武蔵は申し込んだ。 武蔵13歳。

五輪書が真実とすれば、こういうことだったんですね。

  ※ 余談  下の方に、姫が。
        説明はないが、これは佐用(さよ)姫ですね。

        佐用姫伝説はあちこちにある。
        ここは佐用(さよう)町。 10数年前までは、佐用(さよ)町。

        川の名前も、佐用(さよ)川。
        町名は、佐用姫の佐用だった。   

            佐用姫(さよひめ)の伝説が残る、加部島 ~唐津市~  他  (2012/1/4)

s-17年11月21日 (13)    s-17年11月21日 (16)

六地蔵。  ※ 今日のカメラとレンズのセットは、久しぶりです。 
         重いから使っていなかった。 空気に透明感が出ます。
         もったいないから使いましょうか。  小さいのは壊れたし。

s-17年11月21日 (15)

こんなのを、武蔵は見た。

s-17年11月21日 (17)

この近くの案内。  先に見ればよかった。

s-17年11月21日 (19)   

平福宿に入る。

s-17年11月21日 (18)    s-17年11月21日 (20)

水音が聞こえる。 

s-17年11月21日 (21)

手前に変わった縁側。 実は、これは戸なんですね。
上に上げたら下半分が閉じらさる。 上の戸は、下に降ろす。

仏頂造りですね。  説明にもある。 四国の甲浦(かんのうら)で見たことが。
    土佐の東の玄関口 甲浦 ~仏頂造りの家と、江藤新平が捕まった地 東洋町~   他  (2011/1/3) 

s-17年11月21日 (22)

右奥は風を送る、鞴(ふいご)。  代々鋳物(いもの)を作っていた。

s-17年11月21日 (23)    s-17年11月21日 (24)

素敵な庭。 実は家の向こうは畑。 庭のような畑。
上の道を通った時、しばらく眺めていた。  人がいたので写真は撮ってない。

s-17年11月21日 (25)

右に行ったら何かある。

s-17年11月21日 (26)

橋がある。

s-17年11月21日 (27)

佐用(さよ)川。  2009年の夏に、大洪水。  
山側の護岸の石が新しい。  復旧工事で積んだ。

川の水は溢れて家の方に。  1日で300㍉以上の雨。

s-17年11月21日 (28)    s-17年11月21日 (29)

利神城跡がよく見える。  右の方から道がある。

s-17年11月21日 (30)

旅館ですね。

s-17年11月21日 (31)    s-17年11月21日 (32)

城跡には行けないとあった。 危険。   熊対策してないから行かないつもりだった。

   ※ 昨年、少し北の岡山県で一番高い、後山に登った。
     クマだらけだったとその日のニュースで知る。  クマは増えてる。

案内地図をいただいた。  無人。
ここはいったい誰が管理しているのか、書いていなかった。

s-17年11月21日 (34)

左から来た。  向こうに道の駅。  ここは、本陣跡。  殿様とかが泊まった。
利神城の説明。

戦国時代の前は、この一帯は赤松氏だったんですね。
赤松氏は、嘉吉(かきつ)の乱を起こす。

足利6代将軍の義教(よしのり)を暗殺。   宴(うたげ)にだまして呼び出して。
その後、反撃されて殺される。  赤松氏は滅亡。

戦国時代に、復活。 それも、消える。
関ケ原の後、姫路に池田輝政が入る。  初代藩主。  (説明にある)

池田氏の関係が治めるが、陣屋門の説明にもあったけど、30年程でお終い。
城はなくなって、平福は幕府直轄に。

s-17年11月21日 (38)    s-17年11月21日 (33)

駅に来ました。 本当の駅は、右の方に。  国指定史跡になったと。

s-17年11月21日 (35)    s-17年11月21日 (36)

ちょうど登りの列車が来た。   ワンマン列車。  格好いいのもたまに走る。
この人が乗って、客は全部で1人。

s-17年11月21日 (37)

元の道に戻った。   感じのいい家が。

s-17年11月21日 (39)

五輪書の説明にあった家がここか。  実の母ではないけど、武蔵はここで育った時代が。

  ※ 五輪書の真実性がはっきりしない。 武蔵が本当に書いたのかを含めて。
    オリンピックのことを五輪と云う。 五輪書から。

s-17年11月21日 (41)    s-17年11月21日 (40)

寺があってその向こうに、醤油のお店。

s-17年11月21日 (42)    s-17年11月21日 (43)

たつ乃屋醤油とある。   近くにたつの市がある。   醤油作りが盛ん。   関係あるのか。
   播磨の小京都、龍野を歩く  童謡、赤とんぼの生まれたいきさつ ~龍野市~  他  (2011/12/7) (たつの市が正しい)

500mlのを買っても良かったか。 自分はいつも、3ヶ月いたまないのを買っている。

s-17年11月21日 (44)

町外れの寺に来た。 
遠くから見て戻るつもりだったけど、紅葉があるので行ってみる。

s-17年11月21日 (45)

光明寺。  フクロウの寺だった。  ここは平福だから、フクロウか。

s-17年11月21日 (46)    s-17年11月21日 (47)

平福の町並み。

s-17年11月21日 (48)

平福郷土館。   ここに昔、牢屋敷があった。   刑務所か。
洪水の時、1㍍10㌢の深さになったとある。   湖の中に家があった。

s-17年11月21日 (49)    s-17年11月21日 (50)

平福宿を歩きました。

宮本武蔵については、何が真実か分かりにくい。
強かったとか、黒田如水の元で働いたとか、はっきりしてる部分はあるが。

   武蔵と小次郎の巌流島へ  金子みすゞが生きた下関  風頭山  不動坂 ~下関市・北九州市門司区~ 他  (2011/12/29) 


【今日の歌】   WIESŁAWA DUDKOWIAK AKORDEON her most beautiful accordion melodies  



【道の駅】    彩菜茶屋

【明日の予定】      夜、0度近くになる。   寒いので、瀬戸内に出ようかなと。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。