FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

三原市の見学2日目。
少し風が冷たいけど、いい天気。

今日は海から離れて、まず山側のお寺を見る。
そして西国街道を歩く。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇に、生口(いくち)橋。  最後に見た。

s-17年11月24日 (1)

三原市は交通の要衝。

s-17年11月24日 (2)

右の道の駅から。   最初は上の方を。

s-17年11月24日 (3)

南北が逆。  

s-17年11月24日 (47)

山陽本線は左下に。   山陽新幹線は右に見えてて、トンネルに。  イオンの右に駅。

s-17年11月24日 (7)

途中、右に曲がって坂道を。  極楽寺。  石垣が美しい。
地図には、この門は三原城の門だったと。 あっちこっちに行って、ここに。   

s-17年11月24日 (8)

門を入ってみたら三重塔。 隣の寺に。

s-17年11月24日 (9)

面白いこと書いてないかなって。

湯浅という人は、信長の家臣で馬の世話をしていた。
事件の時本能寺にはいなかった。 少し離れて宿に。   すぐに駆けつけて戦う。  しかし、・・・。

どうしてここにあるかは、分からない。 

s-17年11月24日 (10)

上のマツ婆さんについて。
志賀直哉は尾道に住んでいたことがある。  下の家。(以前撮影)

   ※ 彼の年表に下のことが。

      大正元年(1912)29歳

          10月24日「留女」の出版費用500円の件で父と争い、10月25日、自活すべく家を出る。
          11月10日、尾道着。  12日、瀬戸内を渡り高浜を経て道後に泊まる。
          船中、「清兵衛と瓢箪」のもとになる話を聞く。

          11月15日、尾道に帰る。尾道市土堂町宝土寺上(東土堂町8の23)の三軒長屋(現、志賀直哉旧居)の
          1軒に居を定む。
          
          隣家の老婆、小林マツに日常の世話になる。
          「暗夜行路」前篇の根幹となる種々の草稿を執筆。   12月、祖母患い、一旦東京に帰る。

s-17年11月24日 (4)

隣の、松寿(しょうじゅ)寺に。  いい道。

s-17年11月24日 (11)

山門。

s-17年11月24日 (12)

本堂の右を通って上に行くと、三重塔。

s-17年11月24日 (13)

下からしか見られない。  

s-17年11月24日 (14)

新しい塔ですね。 面白いことが。  心柱は塔の中心の柱。
それが、下についてないで浮いているとある。

この造りは新しい塔に見られるんですね。
例えば、日光東照宮の五重塔。(以前撮影)  どうして浮かすか、全部は分かっていない。
 
ただ、揺れを防ぐ効果があるのではと。  それで下の文。(Wikipedia)
スカイツリー は、日光東照宮の五重塔の制振構造を応用して作られています。

s-17年11月24日 (16)

この風景も楽しみで、ここに来た。

s-17年11月24日 (15)

山門を出て。 緑、赤、黄色。

s-17年11月24日 (17)

ずっと下から。

s-17年11月24日 (18)

途中に、こんなの。   上から目線ですね。

s-17年11月24日 (19)

西国街道に。   ここは酒屋。

s-17年11月24日 (20)

酔心。  ここが本店。   画家、横山大観のことが。

s-17年11月24日 (21)

調べてみました。   Wikipediaには下のように。  ここの店のことです。
どこ読んでも、面白い。   ぜひ全文を。   うらやましいことが書いてある。

  ※ 彼の絵は、数百万から億の値段。 ここの酒屋さんは、全く損をしていない。

s-17年11月24日 (6)

こんな道を通って。  時々古い家。

s-17年11月24日 (22)

石のダルマ。   紅く塗って。  三原市はダルマの町なんですね。   江戸時代から。
神明祭りと云う大きな祭りは、ダルマの祭り。

s-17年11月24日 (23)

神明大橋。   和久原(わくばら)川に。

s-17年11月24日 (24)

下流を見たら、川が左にカーブ。  そこに、石垣。
この石垣は、水に負けない。 刎(は)ね返すように左に。   

それで、水刎(みずはね)と呼ばれる。   この地方で使われることが多い言葉。

   ※ 余談  首を刎ねるという表現が。 イメージは、刀を下から斜め上に、と云う感じでしょうか。

s-17年11月24日 (25)    s-17年11月24日 (26)

歩いていて、右を見た。  道が放射状に。  出発点は城。   ここに、東大手門があった。
電信柱が曲がっている。  右が細いからか。

桜山への登山道。   いつかまた三原に来たら、登ってみましょうか。

s-17年11月24日 (27)

三原城跡に。  昨日見学。
小さな野菜と果物の店が時々見る。   スーパーより安い。   みかん500円の1袋が大きすぎる。

s-17年11月24日 (28)

正面向こうに、像。

s-17年11月24日 (29)

これ。 小早川隆景。

s-17年11月24日 (30)

古い家並みだけど、昭和のイメージ。 
昭和は遠くなっていく。   なつかしく、長い昭和。   平成はその半分か。 もう少し。

s-17年11月24日 (31)

美味しい店があるというので来てみた。   人が並んでいたら、美味しいかも。
麺をかためで頼んだ。 ポキッと折れそうなほどだった。

肉とネギの色が悪いけど、高いレベル。
1回目は、味にだまされることが。 

2回目も美味しかったら、ほぼ大丈夫でしょうか。
いつにしましょう。   1回目と同じ味がしたら、驚き。

s-17年11月24日 (32)    s-17年11月24日 (33)

どうってことのない写真。  この家は、四方が車道に囲まれている。 こんなの見たことない。

s-17年11月24日 (34)

小路を通るとこの感じ。

s-17年11月24日 (35)

なまこ壁。

s-17年11月24日 (36)

三原港を通って。  国道185。

s-17年11月24日 (37)

街中には、城跡の名残が。  壊すの忘れて、気付いたら大事なものだった。

s-17年11月24日 (38)    s-17年11月24日 (39)

昨日来た船入櫓跡。   今日は下から。

トマス小崎の像。

s-17年11月24日 (40)

説明は読みにくいので、下を。  (女子パウロ会のHPからお借り)

長崎に護送される途中、三原城で書いた。
自分の命より上に神がいる。  それが宗教か。

  ※ 父も長崎で磔(はりつけ)。 血みどろの懐にこの手紙があった。

s-17年11月24日 (5)
ここに昔、東洋繊維三原工場があった。   その名残。

s-17年11月24日 (41)

国道185を戻る。 赤〇に、道の駅。  道の駅があって、この見学が可能に。

s-17年11月24日 (42)

昨日見学した入り江。   
そう云えば、三原はタコの町だという。  タコツボを探したらあちこちに見えた。

s-17年11月24日 (43)    s-17年11月24日 (44)

道の駅の下に着いた。  小さな宿禰(すくね)島の向こうに、生口(いくち)大橋が見えた。

s-17年11月24日 (45)

大きな斜張橋。   しまなみ海道、尾道から3つ目の橋。

s-17年11月24日 (46)

三原の古い町並みは、基本は昭和の雰囲気でしょうか。
その中に、江戸時代・明治時代のが少し。

天守の設計図は残っているのでしょうか。
城の多くは埋めてしまったから、せめて天守の復元をと、考えているかも知れません。

瀬戸内の穏やかな気候の地に、三原の町はありました。
山に抱かれるように。


【今日の歌】   Диана Анкудинова и Мая Егорова - Баллада о красках

           ※ この曲は、映画の主題歌でしょうか。
             戦争の悲しみを歌っている感じがします。

             ロシア語の翻訳は、うまくいかない。
             ネット上に上手なのがないか探しています。



【道の駅】      みはら神明の里

【明日の予定】    佐木島へ。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



三原市の中心街に入るのは、初めて。
道の駅があるのが、ありがたい。

島に行くことを考えてるので、まずフェリー乗り場に。
そして、小早川隆景の城跡に。

道の駅から歩くから、大変。  いい運動だけど。
大きなカメラだったから、それも・・。
   ※ 明日は小さなカメラかな。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

〇の島が大崎上島。 この島を検討中。   数日後に。  周辺の島はみんな行っている。   
右は、三原市の位置。(こんな地図を時々使いましょうか)

s-17年11月23日 (1)    s-17年11月23日 (4)

まず、佐木(さぎ)島に行く予定。   明後日かな。  晴れなので。
隣に尾道市。
   坂・寺・文学の街、尾道を歩く。  林芙美子、千光寺、文学のこみち、など。~尾道市~  他  (2012/12/31)

s-17年11月23日 (2)

三原市は、沼田(ぬた)川の河口に。  ※ 北海道に、沼田(ぬまた)町が。

s-17年11月23日 (3)

黄色の〇が、行きたい佐木島。  赤〇が映画の舞台になった、宿禰(すくね)島。   無人島。

s-17年11月23日 (7)    s-17年11月23日 (8)

右向こうに行く。  正面下に、三菱重工。   三原市は工業が盛ん。   人口9万4千。

s-17年11月23日 (9)    s-17年11月23日 (10)

坂を下ったら国道185に出た。  この道は海岸線を通っている。    2号線は山の中。  近道を。

s-17年11月23日 (11)    s-17年11月23日 (12)

ここは入り江。  船溜まり。  右の家並みが、昭和の雰囲気だという。   帰りに寄る。

s-17年11月23日 (13)    s-17年11月23日 (14)

45分ほど歩いて、街の中に。   大きな錨。

s-17年11月23日 (15)

三原市で解体したので、これがある。    昭和に活躍した。  (写真は、Wikipedia)

s-17年11月23日 (16)     s-17年11月23日 (57)

隣に、大きなスクリュー。

s-17年11月23日 (17)

三原の三菱重工がつくったので、ここに。
右写真は、今のアメリカンハイウェイ。

  ※ ここのは、先代のスクリューですね。

この船は、自動車運搬船。  どこの船も、こんな形。 びっしり積む。

s-17年11月23日 (18)    s-17年11月23日 (5)    s-17年11月23日 (58)

駅前に来た。  左の建物が、フェリーターミナルだった。

s-17年11月23日 (19)    s-17年11月23日 (20)

あっちこっちの島に、ここから行く。   瀬戸内海の中で、この一帯は特に島が多い。

s-17年11月23日 (21)

三原駅。   
三原市は、全ての交通網が。 山陽新幹線。  山陽本線。  呉線。 山陽道。  国道2。  国道185。


s-17年11月23日 (22)

新幹線は2階を走る。   飛行機だ。   広島空港は三原市に。
着陸態勢。 もう10㌔ない。

s-17年11月23日 (23)    s-17年11月23日 (24)

駅の向こう陰に、三原城跡。  城の真ん中を鉄道が通っている。

s-17年11月23日 (25)

三原市は山と海の間の土地が狭かった。   そこに、大きな城。
下の写真のほとんどは、干拓地。

鉄道は干拓地が出来る前に作られた。
そんなことで、城跡の中を鉄道が通った。

  ※ 明治に入って、江戸時代の城はどうでもいいという政府の考えがあった。
    そんな影響もあった。

    それでも大事にした町はあった。 特に、現存天守のある12城の町は。
    (大事にしてても、空襲で焼けた所も)

三原市は、どちらかと云うと、大事にするのが遅かった方。 修復は平成に入ってから。 
後悔してるでしょうね。

s-17年11月23日 (26)

駅にあった地図。  似たのを自分も持っている。(道の駅で)

潮が満ちたら、城は海に浮かんだ。

s-17年11月23日 (28)    s-17年11月23日 (27)

三原と云えば、小早川隆景。  毛利氏や吉川氏は親戚。
  ※ 愛知や静岡の方は、昔、争いばかりだった。  こっち方は少ないイメージがありますね。

右は、やっさ踊り。  人形。  後ほど。

s-17年11月23日 (30)    s-17年11月23日 (29)

駅裏に出て少しだけ登ったら、城跡に。   天守台跡。

s-17年11月23日 (31)    s-17年11月23日 (36)

髙い所にいた。

s-17年11月23日 (32)

当時のままの石垣か?   見える集落の中を、旧街道が。    西国街道。

s-17年11月23日 (33)

ここにあるのは、かつての城跡の、10分の1もないのでは。  

s-17年11月23日 (34)    s-17年11月23日 (35)

鉄道の下にも石垣。  右写真は、入っていくと駅。

s-17年11月23日 (37)    s-17年11月23日 (38)

大河ドラマのこと。  
小早川隆景の魅力に、力のある作家や脚本家が気付いてくれるのが大事でしょうか。
真田丸には、隆景の養子の小早川秀秋が出ていました。  演じたのは、浅利陽介。 20160603175952.jpg

s-17年11月23日 (39)    s-17年11月23日 (40)

古い写真。  掘は埋められていったんでしょうね。

s-17年11月23日 (41)

今見学してるのは、赤〇の部分ですね。   左上が北。  赤〇のすぐ下に、駅。

s-17年11月23日 (42) 

ほんの一部ですね。  崩れていたのを整備した。   

s-17年11月23日 (43)    s-17年11月23日 (44)

駅を出ました。

s-17年11月23日 (45)

やっさ踊り。   念仏踊りに似てるとある。   一遍のですね。

s-17年11月23日 (46)    s-17年11月23日 (47)




少し歩いて、船入櫓(ふないりやぐら)跡。

s-17年11月23日 (48)    s-17年11月23日 (49)

上がってきたところに、井戸。

s-17年11月23日 (52)

ここから向こうは海。

s-17年11月23日 (50)

横にイオン。  今の国道185は、海だった。

s-17年11月23日 (51)

ずっと歩いて、最初に見た船溜まりに。  石灯籠。

s-17年11月23日 (53)

城の東の入り口は、この近くだった。  ここまで遠い。

s-17年11月23日 (54)

昭和の感じが残る通り。  おつたさんの天ぷら。 地図に載っている。 練り物でなく揚げている。
新鮮な海の幸を安く。  朝のうちに売り切れるそう。

s-17年11月23日 (55)    s-17年11月23日 (56)

この後、20分ほど歩いて戻る。

三原市のことが、少し分かってきましたね。
大きな城だった。

明日続きを。

【記事の紹介】   三原市関係。

   龍泉寺は白滝山の直下に。 頂上からは、瀬戸内の島々が。 たくさんの磨崖仏。~三原市~ 他 (2016/11/17)
   広島空港大橋、日本最長のアーチ橋。 棲真寺公園の展望台から見学。~三原市~ 他 (2016/11/16)

   石造りの深山変電所。 深山峡谷。 椋梨ダム。 堆砂位って?~三原市大和町~ 他 (2016/11/15)
   佛通寺の紅葉は、今が見頃。 曝凉(ばくりょう)展を初めて見学。~三原市~ 他 (2016/11/14)

【今日の歌】    竹原市から大崎上島に渡って、安芸灘諸島に行きたい。(4度目くらいになるけど)  それでこの曲。
            大崎上島に停泊できる場所がありそう。   航空写真で見たら。   初めての島。

            安芸灘諸島には別の風が吹いている。  御手洗は特に好き。

レーモンド松屋 / 安芸灘の風



【明日の予定】    今日は埋め立て地を歩いていた。    街道沿いを歩く。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
. 

スポンサードリンク

 
 

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。