FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

今年に入って、2度不思議な出会い。
小さな女の子と女学生。

女の子は、いつまでも私を見ていた。
おじちゃん何してるの、って感じで。

女学生は、昔から私を知ってるように話しかけてきた。(今就職試験の真っ最中)
 ※ この女性は誰なんだろって後で考えた。 過去の自分との関わりで。 自分にはわかった。 

そんなことがあって、幼い頃の自分に会ってみたいと思うようになった。
会えるなら、生まれた土地の北見市留辺蘂町か。  るべしべ。

上とは別に、幼かった時の記憶を今日は整理します。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印が北見市留辺蘂町。 
  
赤〇は北見市常呂町。 カーリング娘の拠点はここ。 練習場がある。
            ※ 伊達のKさんは以前この町に。 選手の1人は教え子。    

18年7月23日 (1)pp 

下の赤〇に車を置いて。(買い物をして)

  青〇・・・生まれた家はここにあった。
  紫〇・・・親父の姉の家
  緑〇・・・親父の兄の家  ※ 兄は父が違うのかな。
  黄〇・・・母の弟の家。 母の母がいた。
  オレンジ〇・・・こんぴらさん。(金毘羅霊院)
  灰色〇・・・2度目に住んだ家。
  黒〇・・・北見市役所の支所。 

18年7月23日 (2)mmm 

国道から入ってきた。  

   ※ 向こうの山に、母の父親の畑があった。
     そこに行ったとき、ジャガイモの変な味を覚えた。  えぐいというか。

s-18年7月23日 (3)

向こうに行く。 留辺蘂町の市街地に。   昔はもっと狭い。  両側は田んぼだった。

s-18年7月23日 (4)

親父の姉の家。 伯母(おば)。 
 
遊びに行ったら、よく来たよく来たって満面の笑みで迎えてくれた。
後に、自分の生き方に大きな影響を受けた。

留辺蘂から離れてからも、何度か遊びに行っている。
小学生の時、2階で寝ている。

20年ほど前、おじゃました。
みんなでお酒。
あれから、何人も亡くなった。

建物の右に馬屋小屋があった。 物置を兼ねて。
草を切る機械は油断したら指を切ると知った。

少し先を左に行く。

s-18年7月23日 (5)

100㍍ほど行くと、留辺蘂小学校のグランド。 少し見えている。

〇辺りに家があった。  自分はそこで生まれた。
             ※ 右に、曲げわっぱの工場があった。
家の形に、ほんのりと記憶が。
3才ころか。  妹もここで生まれる。

ここから親父の姉の家に向かって、道沿いに小さな川。 遊んだ記憶が。
昔、豆腐は鉄板の小さな箱。 魚を入れて遊んだ。 踏んで、つぶれたことが。

s-18年7月23日 (6)

グランドの隅は、プールだった。

s-18年7月23日 (7)

広い道に戻った。  少し進むと、右に入る道。

s-18年7月23日 (8)

ちょっと歩くと、左に家。   親父の兄の家。

  自分の留辺蘂の記憶は、3才のどこかから他に行く5歳の春まで。 昭和30年前後。
  昭和29年の夏に、天皇が行幸で来た。

  誰かと一緒に瑠辺蘂の駅の近くに行った。 4才の終わり頃。
  はっきり記憶がある。

5歳になった秋かな、この家で結婚式があった。
夕方ここに来た。  中から宴会の声が聞こえた。

自分よりずっと年上の従兄(いとこ)の人の結婚式。
  ※ お子さんに女の子が。  後に、札幌テレビ放送のアナウンサーに。 美人さん。
    結婚してやめた。  城之内早苗に似ていた。  秋田美人の雰囲気。(親父の父は秋田市から来た)

s-18年7月23日 (9)

元の道に戻って。  昔の国道を横切る。  先に踏み切り。

s-18年7月23日 (10)

交差点で右を見た。  〇の辺りに、母の弟の家があった。   しょっちゅう遊びに。
最後向こうから戻って来る。

s-18年7月23日 (11)

反対側。   少し行った左に留辺蘂小学校。   姉は1年生までいた。 
近くに薬局。  従兄の人が経営。

s-18年7月23日 (12)

留辺蘂駅方向。  踏切を渡った記憶がある。 誰かと。
この後行く、2つ目の家が左の方に。

焼いた魚を皿にのせて、線路の右にあった母の弟の家に届けた。
母の両親がいた。  

s-18年7月23日 (13)

踏切を渡って、お寺。

s-18年7月23日 (14)

金毘羅霊院(こんぴられいいん)。  左に池。

s-18年7月23日 (15)

冬になったら氷る。  すべって遊んだ。  この時、1歳下の女の子がいた。
40歳過ぎて、紋別で同僚になる。  

お寺のお坊さんに、こんぴらじじいって叫んだ。 小さなガキがみんなで。
どうしてそうしたか、不思議。

s-18年7月23日 (16)

地図の右に。  右に線路がある。

s-18年7月23日 (17)

木の所で左に。   昔、オンコの木があった。 
実は、美味しいようで美味しくない。  味を知った。

s-18年7月23日 (18)

細い道を入って。

s-18年7月23日 (19)

〇辺りに、親父が家を建てた。  小さな家。  部屋は3つ。 1つはせまい。
2年は住んでない。   5歳の春に、ここから旭川のずっと北の中川町に行く。

4才ころは、1人でどこにでも行った。
留辺蘂の道はみんな記憶している。

小さいころから放浪癖。 親がいなくても、何の不安もなかった。

s-18年7月23日 (20)

中心街に来た。  向こうに行ったら、駅。

s-18年7月23日 (21)

左を見たら役場。  今は支所。

1才ころ、役場の前で写した写真があった。  姉と一緒に。
でも、いつの間にか自分のアルバムから消えていた。

親しそうに遊びに来て、誰かがはがして持って行った。
自分の小さな時の写真は無い。 

s-18年7月23日 (22)

※ 追記  姉が写真を1枚送ってきた。
      留辺蘂の、母の弟の家の前。 線路のそばの家。

      後の花は菊のよう。 秋だとしたら自分は5歳になったばかり。 姉は小学校1年生。
      久しぶり見る、自分の子供のころの写真。

      真っ直ぐ前を見ないのは、昔からか。
      ここに載せたら消えないので、載せました。

      それにしても、こんな自分だったんだ・・・。  

P2018_0724_171704.jpg

踏切を渡って戻る。

s-18年7月23日 (23)

少し歩いてここに。  この辺りに、母の弟の家があった。 

弟はトラックの運転手。
運転席に何度か乗せてもらった。

こんな楽しいことは無かった。
以来、汽車に乗るのも楽しくなった。

自分の旅の原点はここにあるような。
毎日のように遊びに行っていた。

s-18年7月23日 (24)

ここで左に。  戻る。

s-18年7月23日 (25)

最初に紹介した、親父の姉の家。

s-18年7月23日 (26)

小さな子供には1人も会わなかった。
昼過ぎだったので、みんな昼寝か。

いつの日か通ったら、また歩いてみます。
日曜日がいいかな。

※ ただ、写真で昔の自分に出会えた。 初めて見る自分

この後、北見を通って女満別に。 下はそこでの写真。
原生花園の小清水町まで走った。

s-18年7月23日 (27)

【今日の歌】    一昨日と同じ曲。   下の記事で臼杵川を渡っている。 めんこい猫が。

             臼杵城跡  二王座歴史の道  早春賦の館 ~臼杵市~  他  (2013/3/10)



【道の駅】   小清水  以前近くでサケ釣りを。  

            釣れましたよ!  90㌢のサケ。 ~小清水町~   他  (2011/9/15)    

【明日の予定】    小清水原生花園の花を見に。  キスゲの花が一面に咲いていた。(通った)

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。