FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

雨は降りそうにないので、歩くことに。
山道を歩く予定で、出発。 10時前。
途中で、Uさんの会社に寄った。

Uさんは、海岸線が面白いよと、地図まで用意していてくれた。
正確な距離は分からないが、20㌔くらいか。
    ※    ※    ※    ※

8時頃出たかったが、10時に。 おにぎりと水と、お菓子を少し。
どこまでも歩くぞ~、って出発。  
  ※ 右の写真は、右に道の駅。 遠くに天草の牛深。

12年2月21日 (1)   12年2月21日 (2)

5分ほど歩いたら、指江(さすえ)港が見えた。

12年2月21日 (3)

指江の市街地。 左に広がっている。

12年2月21日 (4)

この後、Uさんの会社に寄る。
Uさんは、お勧めのコースの地図を、準備してくれていた。
説明もしていただいて、歩く楽しみが、ふくらんだ。

長島は、花の島。 冬でも、花がいっぱい。

12年2月21日 (5)   12年2月21日 (6)

当初は、向こうに行く予定だった。 山の中は、何も無いよって、Uさん。

12年2月21日 (7)

すべて、赤土バレイショ。 甘くて美味しいジャガイモ。

12年2月21日 (8)

おもちゃのような車。 農業用ですね。 後ろに、ナンバーのようなのがあった。

12年2月21日 (9)

長島の西海岸の、メインの風景は、これ。 指江。

12年2月21日 (10)

いつだか、島の道を見たら、島の経済の状態が見当つく、と書いたことがあります。
生産物を運ぶのも、道の役割。

12年2月21日 (11)

小さな岩の山が、海に突き出ている。 堂崎。 神社があったので、寄って、そっちに行く。

12年2月21日 (12)   12年2月21日 (13)

堂崎の北側の海岸。 上の写真では、右側。 私は、北から南下している。

12年2月21日 (14)

※ 東北の津波は、こんなのみんな壊した。 テトラポットを、何百メートルもの内陸まで運んだ。

12年2月21日 (15)

上の写真の堂崎の下に来た。 堂崎の小さな山の上には、堂崎城があった。
長島氏が城主だったが、天草を支配する相良氏の一族に追われる。
 
16世紀になって、それを島津氏が奪い取った。 以来、ここは薩摩に。 そして、鹿児島県に。

そんなことで、ここは、天草諸島には含まれない。

※ 殺された城主の「たたり」を恐れて、若宮神社を建てたとある。 ここと、汐見地区に。

12年2月21日 (17)   12年2月21日 (16)

石段や、土塁(土を盛った所)が残っていた。

12年2月21日 (18)

上に出てきた、若宮神社。 奥が、本丸跡。

12年2月21日 (19)

海に下りる道があった。 こういう道があったら、必ず行く。
 ※ 行きたくない時は、見て見ないふり。
指江と温泉は、必ず見える。
 ※ Uさんは、こうなることを知ってたから、こっちがいいよって、勧めたかもしれない。
   確かに、どこから見ても、いい風景。 

DSCF6223pppl   12年2月21日 (20)

この道を下って、戻る。  ビワの小さな実。

12年2月21日 (21)   12年2月21日 (22)

長島の花は、みんなで花の世話をしている。 植えるのも、草取りも、全部。 みんなの力で、花の島、長島に。
昔は棚田。 今は、段々畑。 ※ 段畑(だんばた)と呼んでもいいのかな。 四国の宇和島では、段畑だった。

12年2月21日 (23)   12年2月21日 (24)

美しい灯台。 長崎鼻(ながさきばな)灯台。 
  ※ お寺の塔もそうだが、美しさと大きさは、関係ない。 
    小さいと、美しいに、かわいい が、プラスされることも。 
一帯は、公園になっていた。
休憩して、おにぎりを食べた。 海苔なし。 中身は味噌。 12時15分。 

足は快調。 靴ずれが出来たら困るので、ひもをちゃんと縛り直した。
※ テレビで、靴のひもは、ちゃんと縛った方が、足のためにいいと、言っていた。
  足は、締め付けられて、苦しくないのか。

12年2月21日 (25)

指江は、遠くなった。

12年2月21日 (26)

唐隈(からくま)港が見えた。  ここに、昔、遣唐使の船が漂着した。

12年2月21日 (27)

遣唐使漂着の地記念碑。
遣唐使は、船で、海を越えた。 博多や平戸から出た。
ツルの北帰行と同じで、危険をともなう、たいへんな航海だった。

12年2月21日 (28)

正面。 小さな山の上まで、段々畑。 
    ※ これの大きいのが、和歌山県にある。  あらぎ島

12年2月21日 (29)

長島は、石垣の島でもある。
山は、どこを耕しても、石や岩だらけ。 捨てるところは無いし、遠くに運べない。
石垣を作るのが、一石二鳥だった。
長島に住む先祖の人達の勤勉さが、石垣の島を作り上げた。

ジャガイモの収穫をしていた。

12年2月21日 (30)

今度は、あの岩の「でっぱり」に行く。  板場鼻。
  ※ 岩の部分は、島の内陸から続いていると思う。
    浸食されにくいため、このように、小さな半島に。 長島に、何ヶ所かある。

12年2月21日 (31)

汐見漁港。

12年2月21日 (32)

下りる道があったので、行ってしまった。

12年2月21日 (36)   12年2月21日 (35)

観光で来る人はいなく、釣りの人が来る。

12年2月21日 (33)   12年2月21日 (34)

港を歩いていたら、若宮神社。 堂崎城の説明にあった神社。

12年2月21日 (37)

今行ってきた、汐見漁港と、板場鼻。

12年2月21日 (38)

これから、向こうに行く。 海の出た山の中を、さまようことになる。  歌碑があった。

12年2月21日 (39)   12年2月21日 (40)

新しい橋があった。 新しいのに、どうして歩道を作らないのだろう、と思った。 ※ 国道に歩道が無いからか。
旧道を少し遠回りして、ここに来た。

12年2月21日 (41)

展望台。

12年2月21日 (42)

汐見港が見える。 砂浜に、だんだん畑に、岬。 美しい風景。

12年2月21日 (43)

地図の左を、南下している。 細い道が無い所は、国道を歩く。

12年2月21日 (44)

道沿いの花壇に、花を植えてる人がいた。 
あいさつの後、私は「島は花でいっぱいになりますね」って言った。

12年2月21日 (45)

下の道を行った。  地図では、道があるはずなんだか、山道になった。
行け、行け~って、行ってしまった。 山越えの道があるのを期待して。

12年2月21日 (46)   12年2月21日 (47)

一度山に登って、下り始めた。 最後は、海に出てしまった。

12年2月21日 (49)

海岸沿いの道があったようだが、気づかなかった。 危ないと思って、下まで下りなかった。

12年2月21日 (48)   12年2月21日 (50)

遠回りしても、損したとは、まったく思わない。 いい運動だったということに、する。


12年2月21日 (51)

こうなったら、間もなく収穫。

12年2月21日 (52)

長島は、山はあっても、なだらか。 畑を作りやすい。
天草諸島の島と比べて、山が急峻でない。
薩摩藩の島津氏が、それを知っていたために、欲しくなった。 そして、手に入れた。

今は、ジャガイモの一大産地。 ※ ブリの養殖、日本一。

12年2月21日 (53)

黒之瀬戸大橋は、もうすぐ見えるかなって、歩いている。

12年2月21日 (54)

今日は途中で薄日が差して、あたたかくなった。
地図のどこを歩いているかは、分からない。 適当。 時々、行き止まりになって、戻る。

12年2月21日 (55)   12年2月21日 (56)

橋が見えた。

12年2月21日 (57)

海に、下りて行く。

12年2月21日 (58)

潮の流れが見える。 流れが、豊かな海をつくってくれる。

12年2月21日 (59)

どんな花でも、育つのかな。 まだ、寒いのに。

12年2月21日 (60)

黒之瀬戸を、船が行く。

12年2月21日 (61)

万葉歌碑があった。
長田王(ながたのおおきみ)という人は、歴史的に何かをした人ではない。 天武天皇の孫。
  ※ 天武天皇は、大海人皇子(おおあまのおうじ)だった時、壬申の乱で勝って、天皇に。
    皇后が後に、持統天皇になる。 白鳳時代で、その後、奈良時代。

12年2月21日 (62)   12年2月21日 (63)

瀬戸港でいいでしょうか。 橋が出来る前、ここからフェリーが出た。
小さなフェリーだったので、車で行く時は、何時間も並んだそう。(Uさんの話し)

12年2月21日 (64)

港の側。 賑わった時代があった。

12年2月21日 (65)

歩いて楽しい道。 曲がっているのが、いい。 向こうから来た。

12年2月21日 (66)   12年2月21日 (67)

道の駅だんだん市場が見えた。 着いた。

12年2月21日 (68)

直ぐにバスが出ると云うので、あわてて乗った。 出発したのは、5時15分。
※ 後で知ったが、バスに乗ったすぐ後、Uさんの会社の人が、私を迎えに来ていた。
  ちゃんと打ち合わせをしていなかった。

12年2月21日 (69)

指江でバスを下りた。 20分ほどかかった。 400円。
Uさんの会社で、しばらくお話し。

 ※ 長島のジャガイモの発展について、Uさんが関わっているのではと、私は疑っていた。
   それを聞いた。 こうだった。
   Uさんがまだ20代のころ、仲間と始めた。 最初は、2人で。
   相手の人は、販売ルートを担当。 Uさんは、育てる方。
   育てるための資金等は、すべて農家に貸し与えた。 収穫の後で、払ってもらう形で。
   これで、誰もが作付出来た。 仲間は増え、5年で軌道にのったという。

夜に、Uさんの車のテレビのアンテナを見せてもらうことにした。
7時半から。 温泉の駐車場で。

道の駅まで送るよと言って頂いたが、最後は歩くことに。
見えてきた。 着きました。 お疲れ様。

12年2月21日 (70)

久しぶりに歩きました。 30㌔位なら、平気で歩けるようになりたい。 短い時間で。
昨年、十勝岳から旭川まで46㌔を歩いた。 その時、足が痛くなった。
未熟な足と知った。 今年もまた、どこかで、40数㌔に挑戦。

歩くと、風景が、小刻みに変わる。  いいなと思った時、シャッターを切れる。 それがいい。

晩に、私も、同じアンテナを付けることにした。
いいアンテナにしないと、山の中に行ったら、テレビは入らない。
今の場所でも、半分の局しか入らない。

心地よい、疲れでした。 温泉で、足を休めた。 足は、元気。

【今日の歌】
朱里エイコが歌う、デライラ、です。 このように彼女は歌う。 
アメリカにいたから、英語も上手。 ウインドウの発音なんか、完璧。

彼女は晩年、心の面で不安定になる。 寄り添う人がいなかったのかな。



本家本元か。 若いころ聴いた。 柔らかい歌い方をしますね。 今と、おどりが違う。



【道の駅】   長島

【明日の予定】  小さな温泉かな。 雨模様なので。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。     

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。