FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

カジカガエルの鳴き声を初めて聞いた。
湯船に入っている時だった。
ケロケロとは全く違う声。 音楽を聴いているようだった。

湯は、泡と一緒に、足元から出ていた。 
39度と、少し温いが、不思議と温まる。
    ※    ※    ※    ※

湯川内温泉(ゆがわうちおんせん)は、紫尾山(しびさん)の北山麓にある。
 ※ 紫尾山は、1000㍍を越える。 登ってみたい。
   登山口までの道を確認中。 


湯川内温泉は、一軒宿。 かじか荘。
この建物は、湯治のための自炊部屋。

12年2月22日 (1)

240年前(宝暦4年)に発見された。
その後120年間は島津家御用達の温泉として利用された。
明治に入って、誰もが入ることが出来るようになる。

左の建物に受付があって、お土産も。 旅館としての建物になっている。

12年2月22日 (2)

旅館の方。 温泉は、300円。

12年2月22日 (3)

上の湯と下の湯があって、上の湯から入った。

12年2月22日 (4)

建物は立派とは言えないが、風情はある。 夜になったら、提灯に灯り。

12年2月22日 (5)

上から見たら、こう。 手前が、下の湯。

12年2月22日 (6)

湯船の中は、岩と小石。 右に、もう少しある。 一人入っている。
左には女湯があって、つながっている。

深い。 胸くらいまであって、石に腰かけたら、首までつかる。
39度だから、いつまで入っても、のぼせない。

私より年配の人と、30分程入っていた。 底の石の間から、湯が出てくる。 時々泡も。
その人は、いつも、1時間以上入るという。 

12年2月22日 (7)

湯の温度は39度だけど、体はあったまってくる。
湯の成分のせいだろうか。 首まで浸かっているからだろうか。
弱いラドン温泉の感じのよう。 ※ 温泉成分をちゃんと読めば良かった。

上の湯から少し歩くと、温泉神社。

12年2月22日 (8)

湯川内温泉は、山奥に少し入っただけ。 出水市の町並みが見える。

12年2月22日 (9)

今度は、下の湯。 左の陰に、おじいちゃんが一人。
上の湯もそうだったが、湯の色は、エメラルド・グリーン。 
ここの湯も、底から出てくる。

12年2月22日 (12)

壁に、こんな張り紙が。 なんか、語呂が悪い。 ぱっとは、直せないが。

DSCF64pppp05

※ 少し考えてみた。 殿様が入った湯だから、殿と湯殿は外せない。
  まだ未完成だが、こんなの。  短歌の感じで。
  「 いにしえの 殿の湯殿で 長湯する 湧き出る湯の色 エメラルド・グリーン 」

おじいちゃんが入る前に撮った写真。 深い。

12年2月22日 (10)  

冬の間は、となりに、熱い湯がある。 加温した湯。

12年2月22日 (11)

カメラを持って、熱い方に入った。 おじいちゃんは、左の陰に。
この時、カジカガエルの声が、外から聞こえてきた。
おじいちゃんが、カジカガエルだよって、教えてくれた。
本物を初めて聴いた。

12年2月22日 (13)

下の動画と、同じだった。(私が撮ったのではない)



おじいちゃんは、毎日来ている。 入る場所は、いつも同じ。
顔なじみの人は、それを知ってるから、おじいちゃんが来たら、よけてくれる。
その場所には、取っ手が付いている。 おじいちゃんは、少しだけ足が悪いので、そこに。

熱い湯船。

12年2月22日 (14)

おじいちゃんは、毎日、温泉の湯を5㍑、持って帰る。
焼酎のお湯割りの湯は、温泉の湯。 いつもそう。 焼酎4、お湯6の割合。
コップに2~3杯飲んだら眠くなる。 7時には寝る。
体は温泉で温まっているから、トイレに起きないで済む。

これを聞いて、今晩、私も飲むことにした。 鳥肉の刺身で飲むと。

脱衣場。 左に少し見えるのは、おじいちゃんが汲んだ温泉の湯。 ※ 熱くはないが。

12年2月22日 (15)

私が服を着ていたら、おじいちゃんは、こんな恰好をした。
見てごらんと、私を呼んだ。 奥にあった棒を、手前に持ってきて、足をのっけた。
こうやって、いつまでも入る。

この棒は、おじいちゃんが子供の時もあったという。 子供の時のと、同じ棒。
写真を撮るから、隠してね、とお願いした。

12年2月22日 (16)

おじいちゃんが汲んだ湯。 ※ この焼酎は、この辺りで売っている。
この湯を、おじいちゃんは、持って行きなと言った。
だめだめ、これはおばあちゃんに持って帰る、と言って、遠慮した。

12年2月22日 (17)

外にある、小さな川。 今は鳴いてない。 

12年2月22日 (18)

夕方になったので、提灯に灯りが点いた。

12年2月22日 (19)

旅館の方。

12年2月22日 (20)

坂を上がって来たら、こう見える。

12年2月22日 (21)

湯船の底から湧き出る、珍しい温泉に、久しぶりに入った。
体はすっかり温まった。 おじいちゃんと話して、心も温まった。
いい温泉だった。

【動画】

温泉までの道です。



途中通った、「野田郷武家屋敷通り」です。




【今日の曲】
ニニロッソは、苦労して苦労して、頂点に昇りつめた。 イタリアの人。
こんなにいい音って、YouTubeには、滅多にない。



トランペットは、ニニ・ロッソ。
以前、同じ演奏で、画像が「太陽がいっぱい」の映画のがあった。 今は、見つからない。
画像は関係ないけど、仕方ない。
少し吹いた後、ピアノの演奏がある。 これが好きなために、聴いている。 その部分を、ぜひ。
※ 映画の、アラン・ドロンも、マリー・ラフォレも、健在です。



【停泊場所】   阿久根市にあるA・Zの駐車場。


【明日の予定】   梅を見るかな。 藤川天神で。 臥龍梅というのがある。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
         

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。