FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

石垣の集落。 地図の通り歩こうとしたが、すぐに迷ってしまった。
迷って楽しい、迷路だった。

池というなら池でないとダメなのに、池ではなかった。
野間池は、かわいいと言っていいほどの、小さな湾だった。
    ※    ※    ※    ※

道の駅 きんぽう木花館にある、コノハナサクヤヒメの像。 ※ 木花咲耶姫。
見える建物は、歴史交流館 金峰。 山は、金峰山(きんぽうざん)。

12年2月26日 (4)

こんな神話がある。
木花咲耶姫は、神武天皇のひいおばあちゃん。 
その、木花咲耶姫は、この地で、ニニギと結婚した。 そんなことが、下に。

12年2月26日 (5)

歴史交流館に砂の像があると書いてあったので、見ることに。
木花咲耶姫の像だった。

12年2月26日 (1)

この方向からが、まあまあの表情。 ※ 他は、よくない。

DSCF66ccc85.jpg

南さつま市には、プロの砂像彫刻家がいる。

12年2月26日 (2)

鳥取砂丘でも、この人の像は必ず展示してある。 日本での、第一人者。

12年2月26日 (3)

夏になったら、吹上浜でも鳥取砂丘でも、砂像展が開かれる。

野間岬(のまみさき)に向かった。 途中に、石垣の里。


山の斜面にあった。

12年2月26日 (6)

大当(おおとう)という地域。

12年2月26日 (7)

何とか、石垣が見えるでしょうか。

12年2月26日 (8)

赤い所が、お勧めの道。 「にほんの里百選」に選ばれてる、とあった。

12年2月26日 (9)

少し歩いて、下を見た。 もう、どこを歩いているか分からない。

12年2月26日 (10)

斜面が急なので、家の屋根に、ひょいと飛び上がれる。

12年2月26日 (13)

石垣の上の花。

12年2月26日 (12)

ねことおしゃべりしていたら、突然ころがった。 わたしの得意技ですよ、と言ってるみたい。
手の動かし方は、やはり、ネコ。

12年2月26日 (11)

少し歩いたら、すぐに分岐点。 だから、迷ってしまう。
ほとんどの道は、軽自動車も通れない。

12年2月26日 (14)

梅の花。

12年2月26日 (15)

人に出会ったのは、2回だけ。

庭先におじいちゃんがいた。 少しお話し。
「車はどこに置いてるの」とか、「冷蔵庫とか大きい物は、どうやって運ぶの」と聞いた。
何かを言って来るが、別のことだった。 
おじいちゃんは、耳が遠く、私の言ってることは、聞えないようだった。

12年2月26日 (16)

※ 坂の下に、車は、数台しかなかった。

山の上でなければ、梅は見頃になっている。

12年2月26日 (18)

先人が、苦労して作り上げた風景。 海岸沿いに平地が無いから仕方ない。

12年2月26日 (17)

野間岬までは、遠くない。
野間半島が見えた。 その先が、野間岬。 付け根に、野間池。

12年2月26日 (19)

野間岬は、薩摩半島の西の端。


ここは、南さつま市、笠沙町(かささちょう)。

12年2月26日 (20)

野間池の奥。 港になっている。 貝か何かを掘ってる人がいた。

12年2月26日 (21)

海なのに、池。

12年2月26日 (22)

野間岬への道は細いと標示してあったので、そっちに行かなかったら、別の港に出た。

12年2月26日 (23)

この町の情報が欲しかったので、九州電力の野間岬ウィンドパーク展示館に入った。

12年2月26日 (25)

町のことを、みんな教えてくれた。
※ 野間岬の突端へは、私の車では大変なこと。
  町にある店は、日曜なので、開いてないこと。
  枕崎市への海岸線の道は、一部細いけど、大丈夫。
  野間岳への登山は、2時間はかからないこと。
  近くに、ニニギノミコトの上陸地があって、ニニギが山の上から見たら、この町の小さな湾が池に見えた。 それで、野間池に。
風速15㍍を体験した。 
  ※ 紋別の潮見小で経験した集団下校の時の風は、これより大分強かった。 子供たちは、立てなかった。

せっかく来たので、風力発電を少し学んだ。
羽根をもっと太くしてもダメ。 これが一番いい。 羽根の先端の速さは、時速240㌔にもなる。

野間半島は、こうなっていた。

12年2月26日 (24)

半島の反対側の山に行ってみた。 野間池全体は見えない。

12年2月26日 (26)

野間岬への道を、少しだけ歩いてみた。 最初に行った港。 ここに夜は停泊。

12年2月26日 (27)

岬の先端。

12年2月26日 (28)

野間池。  全体は見えない。

12年2月26日 (29)

細い道を降りたら、港に出た。 遠くに、野間岳が見える。

12年2月26日 (30)

野間岳。 明日登る。 赤の○の近くに神社があると、さっきの所で教えてもらった。

12年2月26日 (31)

明日だけ天気はいい。 その後、ずっと良くない。
それで、明日は、朝から晩まで歩く。


【今日の歌】
コニー・フランシス。 この人の歌を、昔、日本で歌われた。 ヴァケイションとか。



知らない人だけど、いいですよ。



違う歌い方。 面白い。



【停泊場所】  小さな港の駐車場

【明日の予定】  野間岬まで歩く。 往復10㌔くらいか。 9時には出発。
         その後、野間岳に登る。
         ※ 開聞岳(かいもんだけ)、金峰山(きんぽうざん)、野間岳が「薩摩半島の三名山」。
           開聞岳は一昨年の元旦に、金峰山はその後に、行っている。
         ※ なお、開聞岳は、日本百名山。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で11位です。            
         
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。