FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

道の駅阿蘇にいるので、近くの阿蘇神社の見学を検討。
調べてみたら、阿蘇神社は大変な状態だった。

今は、復旧に向けて取り組んでいる。 写真は、阿蘇神社のHPから

aso989000.jpg

※ 阿蘇神社は、火振り神事でで知られますね。(2010年撮影)

道も通行止めがあるので、阿蘇のカルデラから出ることに。
道の駅泗水(しすい)に変わった建物がある。

それを見る。   いいものかどうかは分からない。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

熊本市の近くに来ている。

s-16年12月20日 (2)    s-16年12月20日 (3)

赤〇に泗水孔子公園がある。  ※ 印は新しい道の駅で、長島の人達と落ち合う。 22日の晩。

s-16年12月20日 (4)aaa

阿蘇の道の駅から、赤〇の道を走った。

s-16年12月20日 (1)ppp

真っ直ぐ行ったら、崩落した阿蘇大橋の所に。  右への県道が迂回路。

s-16年12月20日 (5)   s-16年12月20日 (6)

この道が、大事な輸送機関になっている。  道は右に行って、左上に上がっていく。

s-16年12月20日 (7)

白く見えるのは、大型トラック。

s-16年12月20日 (8)

外輪山を越える。

s-16年12月20日 (9)

駐車帯から撮影。   阿蘇の町は外輪山の中に。

s-16年12月20日 (10)

崩落した場所は、右の山の陰か。(写真は以前の記事の物)

s-16年12月20日 (11)

国道57に戻って、無事に道の駅泗水(しすい)に。
隣に、泗水孔子公園がある。

s-16年12月20日 (12)    s-16年12月20日 (13)

どうしてここに、孔子なんでしょう。

中国風の建物。

s-16年12月20日 (14)    s-16年12月20日 (15)

ここは今は、菊池市。  ずっと昔、孔子村の時代があった。

  ※ 孔子の生れた所は、中国の山東省 泗水県だそう。
    初代村長が孔子が好きだったので、村の名前を泗水に。

そんな決め方でいいのかなと思うけど、決まった。

回廊。

s-16年12月20日 (16)    s-16年12月20日 (17)

泗水町だから、孔子に関わるこの施設が造られることに。

祀聖亭(しせいてい)。  孔子の像がある。   中心のたてもの。

s-16年12月20日 (18)    s-16年12月20日 (19)

よく「子 曰く(し いわく)」って言い方があるけど、この子(し)は、孔子の子なんですね。
深く考えたことは、なかった。

回廊には絵が。

s-16年12月20日 (20)    s-16年12月20日 (21)    s-16年12月20日 (22)

孔子の考えは論語にまとめられる。
儒教の考えは、論語の流れをくんでるよう。

s-16年12月20日 (23)    s-16年12月20日 (24)

孔子の教えは、政治をおこなう為政者(いせいしゃ)にとっては、有難い考えですね。
それがあるから、栄えたのか。

孔子の像。

s-16年12月20日 (25)

回廊の端っこ。  下には池。 

石造りのアオサギがあった。 自分が行ったら、石なのに飛んだ。  なんだ・・。

s-16年12月20日 (26)    s-16年12月20日 (27)

平成4年に出来た。   建物が危険になって、修復をした。
しかし、この建物は、あと20年は持たない。 昔の建て方ではない。

遠い未来でなく、廃墟になりそう。
資料館は、閉鎖中。

この地に、孔子の伝説とかがあれば、こんなのを作っても人々の心をつかめる。
そうであれば、よかったんだが。

全景。

s-16年12月20日 (28)

この建物には、衣裳が展示してあった。

9月にお祭りがあって、その時に使われるとある。

s-16年12月20日 (29)    s-16年12月20日 (30)

孔子は紀元前の人。   
その時代に中国では、この服装なんだろうか。  本当なら、中国3000年はすごい。

s-16年12月20日 (31)  n s-16年12月20日 (32)    s-16年12月20日 (33)

右は、日本では、笙(しょう)ですね。  雅楽で使う。 それのルーツかな。

s-16年12月20日 (34)    s-16年12月20日 (35)

子曰(いわ)く、とある。

s-16年12月20日 (36)    s-16年12月20日 (37)

泗水公園の横に、私設の資料館があった。 菊池飛行場や、特攻に関する。

s-16年12月20日 (39)

空襲に遭ったんですね。

右の写真に回天とある。 人間魚雷。  こんなの。(以前の記事から)

s-16年12月20日 (40)    s-16年12月20日 (38)

特攻は沖縄を目指して飛んだ。  
鹿児島県の知覧や万世の飛行場から。  帰りの燃料は無い。

そこに行く前に、飛行機の整備とかは、ここで終わらせたんですね。

s-16年12月20日 (41)cccc     s-16年12月20日 (42)

※ 特攻隊は、自爆テロとは違うけど、自爆攻撃の感じですね。
  若い者たちが犠牲になる。

  同じ事を繰り返したらダメですね。 若者のために。
  特攻を美化するということは、再びと云うことが起こりえます。 
   (同じことをもう一度やりたいなら、上に立つ者が、年上の者が、みんな自爆して、最後に若者)

飛行機のプロペラ。 本物。  木製だ。

s-16年12月20日 (43)    s-16年12月20日 (44)

泗水孔子公園を見学しました。
どんな所かなと思って。
美しい建物ですが、造るための理由が弱いなって感じました。

【記事紹介】   日本三大砂丘の一つ、吹上浜 万世特高平和祈念館 ~南さつま市~  ショートプログラムは、明後日。  (2010/2/22)

         知覧特攻平和会館 ~平和に寄与するとは~    他  (2010/1/6)
         ホタル館 富屋食堂 ~飛び立って、戻った人はいるのか~

【今日の歌】    ああモンテンルパの夜は更けて



  ※ 奇勝絶景、天竜峡。  善光寺の本尊は、最初、元善光寺にあった。~飯田市~ ああモンテンルパの夜は更けて  (2012/11/7) 

【道の駅】   泗水

【明日の予定】    相良寺に。   特別天然記念物のアイラトビカズラが近くにあるという。  花は咲いてないけど。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



国道265で高森町に向かった。
阿蘇の東南にある町。

鉄道のトンネルを掘っていたら、水が出た。
掘るのは中止。
今は、高森湧水トンネル公園に。

水の流れるトンネルの中は、楽しく飾られていた。
不思議な水の仕掛けも。

阿蘇の道の駅に向かう途中、被災地を通った。
崩落した阿蘇大橋の近くを。
     ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

熊本県に入った。

s-16年12月19日 (1)    s-16年12月19日 (2)

鉄道は右下に真っ直ぐ作りたかった。   高千穂に向かって。

s-16年12月19日 (3)

阿蘇の外輪山の中にいる。  広い外輪山の中に、阿蘇の山々。

主峰の高岳は、一番右ではなく、その左かなって。
以前、左向こうから稜線に上がって、右に行った。

       阿蘇、中岳・高岳に登る~中岳が小規模噴火~  明日、祖母山へ   他  (2011/5/16)

s-16年12月19日 (9)

そして、右の方に根子岳(猫岳)。  ガタガタ。  登山は大変なよう。 岩登り。

伝説がある。  旅人が猫岳のふもとを歩いていた。 夜中にポツンと灯り。
泊めてくださいとお願い。 女の人がいた。 お風呂に入ってくださいと言った。

もし入ったら・・・。  ここにくわしく

s-16年12月19日 (10)

高森湧水トンネル公園に着いた。

s-16年12月19日 (11)

自然豊かな小さな町。 

s-16年12月19日 (12)    s-16年12月19日 (13)

愛ちゃんがお出迎え。 

  ※ 奥に小池知事。 森さんに勝てるか。 
     森さんのような政治家が、どれだけ日本をダメにしたでしょう。 

s-16年12月19日 (14)    s-16年12月19日 (15)

トンネルの中から出てきた水。  みんな湧水。  魚の色は、はっきりと。

s-16年12月19日 (17)    s-16年12月19日 (16)

今はクリスマスの季節。 押し迫った年末を、明るくしてくれるか。

s-16年12月19日 (18)

確かに、鉄道のトンネル。   真ん中に湧水。  こっちに流れる。

s-16年12月19日 (19)

トンネル全体は2㌔。  500㍍が公園に。

飾りは、子供向け。   バイキンマンでいいのかな。   黒い瞳の雪ダルマ。

s-16年12月19日 (20)    s-16年12月19日 (21)

がんばろう高森とある。   被害があったのか。

s-16年12月19日 (22)    s-16年12月19日 (23)

トトロだ。

s-16年12月19日 (24)

こっちは小中学生。   行灯(あんどん)。   観光地や花の名前が。

s-16年12月19日 (25)    s-16年12月19日 (26)

ファンタジーの世界。  両側は鏡。  大きな万華鏡。

s-16年12月19日 (27)

こんな風に映る。   どこまでも。      ※ もし万華鏡に魚を入れたら、このように。(北海道温泉湯温泉)

s-16年12月19日 (28)

奥に管理人が椅子に座って。
万が一の時に、お客さんの誘導かな。

トンネルは、1.5㌔先でストップ。
今いる近くに、避難路があるよう。  もしなければ、危険な公園。

終点に来た。

s-16年12月19日 (29)

水車。   家庭用発電機はこの大きさか。

  ※ 自分の車は、ソーラーと走行充電。  夏はソーラーで十分に。 冬は足りなく。
     パソコン、テレビ、冷蔵庫、灯りなど。

s-16年12月19日 (30)    s-16年12月19日 (31)

これが不思議。  水が玉になって、噴水のように。

この時は、水玉が登っていくように見えた。  どうでも出来るよう。
ウォーターパールと呼ぶ。

s-16年12月19日 (32)    s-16年12月19日 (33)

反対から。

動画を撮って分かったけど、電気が点いたり消えたりしている。
その間隔を変えることで、見え方が変わってくると予想。

s-16年12月19日 (35)    s-16年12月19日 (34)

何とか撮れてるでしょうか。  後半に。



※ 京都駅前の噴水は、こんなのとか こんなのでしたね

戻ります。    天井にも何かが映っている。

s-16年12月19日 (36)

祖母山、阿蘇山の麓は、水が豊か。 すべてに潤(うるおい)をもたらす。

s-16年12月19日 (37)    s-16年12月19日 (38)

ニジマスがいた。

s-16年12月19日 (39)    s-16年12月19日 (40)

記念撮影。   うっとりして撮られてた。 こんな風に。(函館五稜郭 土方歳三)

s-16年12月19日 (41)

変わった公園があるというので、見てみました。

高森町には他にも何かありそう。
再度来ます。

来た道と違う道で、道の駅阿蘇に向かった。

【その他】   地震での被災地を通る。(車載カメラで撮影)

道の傷んでる所は、どこにでもあった。  

s-16年12月19日 (6)

正面に、崩れた跡。   あの下に阿蘇大橋があった。

黄色の〇の家が、斜めに。  道も大変。  自分は右に行く。

s-16年12月19日 (7)

左に行くと大橋の方に。

s-16年12月19日 (8)

被災前の航空写真。  赤〇は阿蘇大橋。 自分は右の印に。   上の写真はそこから。

s-16年12月19日 (5)

この様に崩れた。(日経からお借り)

s-16年12月19日 (4)

自然災害は、大きな爪痕を残しますね。

【今日の歌】  Амурские волны アムール河の波      流氷初日でした。

  ※ アムール川などが、オホーツクの海水を薄め、そこから氷り始めます。

    下の写真は海上自衛隊の航空部隊(第二航空群)の撮影。
    この基地は、八戸にあるんですね。 知らなかった。
    そこから、宗谷岬の北東200㌔に飛んだ。  P-3C哨戒機。

mmmnmkk.jpg  



※ 余談  プーチンさんはしたたかだった。
        今回の会談の評価は、数年後にはっきりしますね。      

【道の駅】   阿蘇

【明日の予定】  阿蘇のどこか。

  ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg     今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

                      ※ クリックするバナーは、下のです。 
                                ランキングが、見られます。
                                    
                                 ありがとう!! ランキング 

                      ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                         旅行をクリックすると、旅行全体のが。             

                      ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                        次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】
.

スポンサードリンク

 
 

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。