FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

長島町に日本マンダリンセンターがある。
マンダリンって何?

長島町は温州みかんの発祥の地と云われる。
そこに行ったら、そのことが分かるよう。
ところが、・・・。

その前に、野球教室を見る。
1軍ではないけど、ソフトバンクの選手が来る。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

印はマンダリンセンターの場所。

s-17年12月17日 (1)

赤〇で、午後に野球教室。  午前に緑〇で練習。
誰が参加するのかって、Aくん。  今、中学1年。

5年生の時、1人で新幹線に乗って京都に来た。
東風さんも須坂からやって来て、3人で歩いた。

s-17年12月17日 (2)    s-17年12月17日 (3)

  ※ 余談  昨日の朝、社長さんの奥様から、カレーとご飯をいっぱいいただいた。
        長島の新じゃがで作った。 今朝まで、夜食も入れて5食ずっとカレー。
        飽きない。  朝、会社にいる奥様に鍋を戻した。   御馳走様でしたって。

寒い一日。  5度くらい。
中学生は集まって練習。  打ち合わせ。  2つの中学校が集まって1つのチーム。 

s-17年12月17日 (5)

Aくんはいそがしいから、魚釣りに行くぞ、とはならない。

s-17年12月17日 (6)

下に、指江(さすえ)港。  左の方に、天草の牛深。   木のかげ。
社長さんの会社は、港に近い。

s-17年12月17日 (7)

島の北の方に行った。 野球教室。  広いグランドがあって、そこで。
小学生も中学生も。

Aくんはこの時は、どこにいるか分からない。

s-17年12月17日 (8)

キャッチボール。  野球の基本。
見る人が見たら、子どもたちの投げ方を見て、指導者の力量が分かる。

s-17年12月17日 (9)    s-17年12月17日 (10)

こういう教室。  指導者はソフトバンクの選手。 
調べたら、昨年も同じ教室があった。  毎年なのかな。

s-17年12月17日 (11)

Aくんを探した。  いたいた。 まだ1年生。 

中央の黒い服の人が指導者。
なんていう選手なのか、ソフトバンクの選手名鑑で調べたが、分からなかった。

ほとんどの人は、ドラフトを通って。 夢に向かっている。

s-17年12月17日 (12)

声を掛けられたよう。

Aくんはこの春野球を始めた。 それまでやったことはなかった。
自分の想像より、投げれている。

驚いた。
本人の努力とセンス、監督さんやコーチの方の指導の結果でしょうね。

s-17年12月17日 (13)

腕の振り方か何かを言われています。
この選手が一軍で活躍したら、Aくんにとって大きな思い出になりますね。

貴重な経験であることは、今でも間違いなく。

s-17年12月17日 (14)

30分ほど見て、マンダリンセンターに。
途中の風景。   長島町は、花と石垣の島。

s-17年12月17日 (16)

八代海の南に長島町の島々。  八代海の南の出口を塞ぐように。

s-17年12月17日 (15)

着いた。    建物や施設が老朽化してるために無料。

s-17年12月17日 (17)

全体の写真は撮れる状態でないので、出来た頃の写真を。(長島町関係から)

s-17年12月17日 (4)

からくり人形みたい。

s-17年12月17日 (18)

マンダリンの意味がはっきりしない。   意味が揺れ動いている言葉。
大雑把に言えば、皮の剥きやすいミカン。 温州みかんも入るよう。

マンダリンオレンジと云うのがあって、温州みかんに似ている。

s-17年12月17日 (19)

こんなのが島中にたくさんある。

s-17年12月17日 (20)

長島は、温州みかんの発祥の地と云っている。
一般的にも、そのように。

はっきりはしていなく、そうかなって感じ。

小みかんのことが。 分からないと言っている。
このみかんは、桜島に行けば売っている。

紀州の方でいっぱい作ったので、紀州みかんとも。
八代辺りで古くから作られていた。

s-17年12月17日 (21)

温州みかんの由来。   温州みかんは、普通の冬みかんですね。
中国から長島に伝わったとある。

いくつかの証拠があって、長島は温州みかんの発祥の地と。

s-17年12月17日 (24)

長島からこのように広がったと。

s-17年12月17日 (22)

上にあった証拠は、みんな状況証拠なんですね。
だから、100㌫とはならない。  だいたいそうかなと云う事。

ところが、昨年、下のことが分かった。
   ※ 温州みかんの遺伝子を調べた機関が。(農研機構)

温州みかんの親は、紀州みかんとクネンボ。  紀州みかんは、小みかんのこと。
クネンボは、室町時代に日本に。

クネンボも小みかんも、日本に元々あった。
この2つから、温州みかんは生まれた。

  ※ もしかしたら、それをしたのが長島かも知れない。
    でもいまさら、前のは間違いで、2つのみかんから作ったとは云えない。

  ※ 遺伝子の調査は、別の機関が確かめることも可能ですね。
    もし嘘なら、後の時代にばれてしまう。

下は、Wikipediaのクネンボの説明。

無題mm 

いろんなみかんがある。  自分はデコポンが好き。   

s-17年12月17日 (23)

下を読むと、温州みかんは薩摩で早い時代から作られていたと分かる。
薩摩マンダリンと呼んでる所が外国に。

s-17年12月17日 (25)

展望台からの風景。   手前の島は伊唐島。  橋でつながって。
奥に、獅子島。  山に登ったことが。

   獅子島の七郎山を登る ~鹿児島県最北端の島へ~   他  (2011/5/21)
   フェリーロザリオで、獅子島へ。  Aくんと、化石探し。  ムジナがいた。~長島町~ 他 (2015/2/8)

s-17年12月17日 (27)

伊唐島の右端。   

s-17年12月17日 (28)

右端遠くに、ツルたちがいる。
   出水市のツルは、今年も変わりなくやって来た。 15360羽。 カナダヅルは7羽、4羽見る。~出水市~ 他 (2017/12/14)

s-17年12月17日 (29)

行人岳。  天気のいい日、上昇気流が生まれる。
ツルたちはその気流を利用して空高くに。

北への風にのって、朝鮮半島を目指す。

s-17年12月17日 (30)

役場はこの近くに。

s-17年12月17日 (31)

今日は野球教室を見ました。
プロの指導者のは、初めて。  Aくんはちゃんとボールが投げれていた。

温州みかんはどのように生まれたかが、分かりました。

長島では、古い時代から作られていましたね。

【今日の曲】  マンダリンセンターに下の詩があった。
        お日様が射して温かくなったら春。  春は空から。

P7280974m.jpg

春の歌 (メンデルスゾーン) Felix Mendelssohn Spring Song 横内愛弓



【道の駅】     長島

【明日の予定】      出水市の古い町並みかな。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。