FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

家の中を公開しているのは、2軒。
そのうちの、竹添(たけぞえ)邸を見学することに。

薩摩藩時代の武士の生活が分かるでしょうか。
それが楽しみ。

中庭の一角に、シラスの像があった。
            (シラス台地のシラスで、火山灰)
初め誰の像か分からなかった。
自分の好きな小松帯刀(たてわき)と、後で知った。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

出水麓(いずみふもと)と呼ばれる、武家屋敷群がある。
重伝建地区。

s-17年12月20日 (1)    s-17年12月20日 (2)

薩摩藩には、鹿児島城の支所のようなところがいっぱいあった。
外城(とじょう)制度と呼ばれる。

s-17年12月20日 (3)

一昨日赤〇を歩いた。
   出水麓武家屋敷群を歩く。 薩摩藩の外城。 道の部分を掘り下げ、先人の想いが残る町なみ。~出水市~ 他 (2017/12/18)

今日の竹添邸は、左に。

s-17年12月20日 (44)

左の家。 出水麓はとにかく広い。

s-17年12月20日 (4)

観光馬車が来る。

s-17年12月20日 (5)

一昨日歴史館を見学。 500円。 バッジをいただいており、それがあれば無料。
大河の篤姫の撮影があったと。

s-17年12月20日 (6)    s-17年12月20日 (7)

庭を覗いた。   お客さんの犬。

s-17年12月20日 (8)

昔は広く左に畑があった。  全部で1000坪ほどの土地が。  自給自足。
畑の部分は、売った。

s-17年12月20日 (9)

右は篤姫として、左は誰でしょう。
彼女は、島津斉彬の養女となって格式を上げ、徳川に嫁ぎますね。 斉彬(なりあきら)か。

      篤姫 ゆかりの地を訪ねて   池田湖の大ウナギ  他  (2009年5月13日 晩)

   ※ 上の記事は旅に出て少ししか経ってない。
     5月に九州に入って、6月には本州に渡るのかな。

篤姫の撮影は、門とか数ヶ所。
いくつかの場所で撮ったのを集めて、篤姫が育った今和泉の屋敷を描いた。

来年の大河では、北川景子が演じる。
右写真はお風呂。

s-17年12月20日 (10)    s-17年12月20日 (11)

裏庭。   ※ ニワトリが2羽いたら、裏庭には2羽ニワトリがいた、になる。
        それがどうしたと云われても・・・。

s-17年12月20日 (12)

出水麓の武士は、みんな郷士(ごうし)と呼ばれる。
その中の上から2番目の、年寄噯(あつかい)。

トップは地頭。  地頭は鹿児島城にいることも多かった。
右は、歴史館の資料。

s-17年12月20日 (13)    s-17年12月20日 (43)

建物は、明治時代になって一帯が広く火災に遭ったため、その後に建てられた。

s-17年12月20日 (15)

次の間と座敷が庭に面して。   広い部屋で寝っ転がってみたい。 ずっとない。

s-17年12月20日 (16)

山田という地頭だった人の像。 ※ この人に付いては次の機会に。

s-17年12月20日 (17)    s-17年12月20日 (18)

薬丸示現流の刀。 ここの家の奥様の感じの人が持ってもいいよと言った。
重い。  本物はもっと重いと言った。

相手が刀で受けても、それをたたき割って切る力が。 
一刀で。 二刀目はない。   キエ~って。

s-17年12月20日 (26)

機織り機。 

s-17年12月20日 (19)

からむし織について。 薩摩にもあったんですね。

カラムシは青苧(あおそ)のこと。
謙信が新潟で広めた。 イラクサに似ている。 米沢に持って行く。  そこの昭和村では今でも。

      松苧神社は松苧山の頂上に。 今日は七つ参りの行事が。 苧はカラムシのこと。 祭神は奴奈川姫。~十日町市~ 他 (2017/5/8)
      昭和村を歩く。 人口1340人程の小さな村。  神社の狛犬は、高遠の石工が作っていた。~昭和村~ 他 (2016/5/9)

小千谷縮が、からむし織とは知らなかった。
  小千谷縮  錦鯉  微笑仏の木喰観音堂 ~小千谷市~   他  (2010/10/20)

広まったのは、木綿の時代の前なんですね。

畑をして織物もして、自給自足ですね。

s-17年12月20日 (21)     s-17年12月20日 (20)

出水麓。  ここの家は右端。

s-17年12月20日 (22)

写真中央に2軒。  ここは右側。
昔、人吉に相良(さがら)藩があった。   先祖はそこなんですね。

  ※ 五木の子守唄が生まれたのは、人吉ですね。
    五木・天草・八代から奉公の子たちが集まって、その土地土地の子守唄が集まって。

    天草の福連木(ふくれぎ)の子守唄は、五木の子守唄に似ている。 天草が先。

s-17年12月20日 (23)    s-17年12月20日 (24)

出水麓は、諏訪神社です。  ここの神棚も同じ。
欄間(らんま)は透かし彫り。  不知火の海に浮かぶ帆掛け船ですよと、説明していただいた。

s-17年12月20日 (25)

玄関前に出て。

s-17年12月20日 (27)

家の管理は大変だそう。   草取り。   秋は落ち葉をはいて。
家を売ることを考えたことも。

先祖に申し訳ないから出来ない。
昔から誇り高く生きてきた。

出水麓の中同士での結婚が多かった。
結果、近親結婚が少なくない。

お風呂。

s-17年12月20日 (28)

北側の出入り口から。 この広場で、武道の鍛錬。

s-17年12月20日 (29)

薬丸示顕(じげん)流。

桜田門で井伊直弼の首を一刀で刎ねたのは、薩摩藩士でしたね。(有村でしたか)
直弼の頭が転がった。   みんな水戸藩で、彼だけ薩摩藩。

示顕流については下に詳しく。

     吾平山上陵(あいらさんりょう)  圧倒的な本数の、くにの松原 ~鹿屋市・大崎町~  雨に消えたあなた  他  (2012/3/12)

s-17年12月20日 (30)

石像かと思った。  誰なのか分からない。

s-17年12月20日 (31)

あとで、シラスで作った像と知る。  右の案内は見ていたが。
小松帯刀(たてわき)でした。

s-17年12月20日 (32)    s-17年12月20日 (14)

若くして病気で死ぬが、もったいなかった。
薩摩藩では要職についていた。(30歳ころに家老)

西郷や大久保利通は年上だけど、彼の配下。
明治政府に入っていたら、当然トップ。  龍馬もそう考えていた。

小松帯刀は、山岡鉄舟と同じで、味方にも敵にも信頼される所があった。

帯刀(たてわき)は鹿児島で生まれるが、家は喜入に。
喜入と篤姫の今和泉は近い。

年は篤姫が1歳上。 
子供のころ、遊んだことがあったのかな。

来年の大河で、帯刀を演じるのは誰でしょう。
大沢たかお、ならいいなって。 もっと若くないとダメか。

      喜入肝付家仮屋跡。  キイレツチトリモチ、発見地。  薩摩刀。  津田式ポンプ。~鹿児島市喜入町~ 他 (2014/12/29)
      小松帯刀の墓。  帯刀(たてわき)は、薩長連合で活躍。 小松氏は禰寝氏でも・・。~日置市~ 他 (2014/12/24)

刀は、こんなのに水を入れて洗った。

s-17年12月20日 (33)    s-17年12月20日 (34)

屋敷の周りを少し。

s-17年12月20日 (35)    s-17年12月20日 (36)

今は昔の土地の半分でしょうか。

s-17年12月20日 (37)

北側から出て撮影。   後を見たら、大久保利通の像が。
近くに人がいたので、いろいろ教えてもらった。

像は、シラスを固めて彫る。  終ったら、糊のようなのをスプレーする。
カラスが乗っかったり猫が上がると傷む。

大久保利通は江藤新平を排除するのにやっきになった。
自分より力のある龍馬や西郷さんも、大久保は目障りだった。

大久保が明治政府で私利私欲なくやっていたら、西南戦争は起きなかったかも。

      土佐の東の玄関口 甲浦 ~仏頂造りの家と、江藤新平が捕まった地 東洋町~   他  (2011/1/3) 

s-17年12月20日 (39)    s-17年12月20日 (38)

東方面。  右に出水小学校。  左に、歴史館が見える。

s-17年12月20日 (40)

北への道。 左に、竹添邸。  

s-17年12月20日 (41)

子どもたちが走って来た。   元気に挨拶。
自転車の子に、手は冷たくないのか、と聞いた。    大丈夫と自転車をこいだ。

s-17年12月20日 (42)

武士の子孫として家を守るのは大変。
いつかは出水市に寄付して、管理を市に任せる。

そして、ボランティアの人が世話をする形にしたらどうでしょう。
これなら先祖に顔向けできる。

売ったらお金は入るけど、先祖に申し訳ない。


【今日の歌】    十五夜の君 小柳ルミ子

                 ※ 車で小柳ルミ子を聴いていた。  聴きなれてないこの曲がいいなと。
                 ※ 彼女は、来年の大河に出ますね。 



若い時の声。   ※ 目つきが、森坊丸に似ている。 もしかして、・・・です。 Mori_Bōmaru  



【道の駅】     長島

【明日の予定】    武家屋敷は、最後にもう一度行く。  明日は、別な所か。  どこかの温泉かな。
             明後日は、車の検査。  23日は、みんなでどこかに行く。   八代方面。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



出水麓の見学予定だった。
前の晩にお酒を飲んでいたので、ブログを書き終ったのが午後2時頃。
時間が無くなって、見学はヤメ。

本格的に寒くなって来た。
今日の記事は、寒さ対策を中心に書きますね。

今は、まったく寒い思いはしていません。
何年もかかって、やっとです。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

石油ストーブを試してみたのは、4年前でしょうか。
これで、冬の生活は一変する。

換気の問題がありますね。
靴の前が白く見えます。  その周辺は広くすき間がある。

天井の換気口は、全部閉まらない。  必ずすき間が。
線香の煙で確認したら、空気はどんどん逃げていく。

昔の囲炉裏のある家と、同じ仕組みですね。
換気の面は心配ない。

煮炊きも出来るので、ガスはほとんど使わない。
焼き芋だってできますよ。

熱いのは上だけ。  横は熱くない。

s-17年12月19日 (1)

上はこの感じ。  パソコンの前にいて、一休みの時は視線はこっちに。   大事な場所です。

バッテリーの電圧は、人形の足元の計器で。
バンクベッドは、荷物置き場に。

上着とかは、脱いで布団の上にポイって。

s-17年12月19日 (3)     s-17年12月19日 (12) 
  
ほとんど、パソコンの前に座っている。 小上がりにいる雰囲気で。  お供えもおいた。

s-17年12月19日 (2)

上の部分。   天井に右のが。   八戸の「山き」のママさんからいただいた。

s-17年12月19日 (13)    s-17年12月19日 (18)

寝る時の布団は、色々変わった。
羽毛布団を使ったことがあるけど、ベッドの上が布団でいっぱいになるので、やめた。

今は、寝袋を広げたのが2枚。  一番下に毛布。  3つとも、たためば小さくなる。
敷布団は敷いてない。  小上がりのように使うので、固い方がいい。 腰にもやさしいよう。
            (5枚ほど敷き物が。 上から2枚目に、湿気を熱に代える敷き物。 温かい)

外が0度近くても、ポカポカ。   足の冷えてる時、たまにくつした。 室内用。
寝付くまで、山頭火を読むことが多い。

s-17年12月19日 (5)    s-17年12月19日 (4)

枕元。  左下に灯り。   寝る時、それを灯して本を。
電池利用の灯りは、6ヶ所。  全て充電式の電池。  

右のテレビは、地デジが入る。  百名山のビデオもここで。
パソコン前の、大きなテレビは、BSと地デジ。  ミニテレには、ワンセグ。

ベッドの上は、小上がりとしても使う。
夏、東京から来た女性のお客さん2名は、ここに寝た。  厚いカーテンがある。  大雪(たいせつ)の紅葉を見た。

s-17年12月19日 (7)    s-17年12月19日 (6)

いろいろと。   置き場所は決まっていて、変わらない。

冬は日照時間が少ない。  ソーラーで生まれる電気が少ない。
この11月から、冷蔵庫を使うのやめた。

シャワールームは、換気扇を空けておく。 いつも10度以下。
野菜とか卵はここに。

電気は、パソコンとかにしか使わない。  灯りと。  半日ほど晴れたら十分。
曇りや雨の日は、走ればいい。   走らなければ、2時間ほどエンジンをかける。

s-17年12月19日 (8)    s-17年12月19日 (16)

ここで食事を作る。  外食はたま~に。   圧力鍋でご飯を。   雑穀米・発芽玄米・麦・白米。
今は、ガラス蓋を載せている。  温め直すときとかは、こう。

右は、ベッドの後。  車の中は、最近散らからない。
この秋から、街歩きのリュックはこれ。  チャックを外すと、厚くなる。  紺の色の服に、合わせやすい。

s-17年12月19日 (9)    s-17年12月19日 (11)

ベッドの下。  ここが一番、気温が低い。  生肉以外なら大丈夫。
キムチは最近食べなかった。   添加物が多いため。

見えるのは、ほとんど添加物無し。 それで久しぶりに。  
左に、キャベツとニンジン。  野菜ジュースに。

ここの灯りも、シャワールーム灯りも、開けた瞬間に点灯する。 車の入り口のも。

s-17年12月19日 (15)

こんなのを使っています。   冷蔵庫に入れなくていい。 
科学調味料が入ってないもの。 (アミノ酸等って書いてないもの) 香料などの添加物も。 

醤油は大豆と小麦と塩だけ。

s-17年12月19日 (10)

味噌汁が食べたいから、他での塩分は少なめに。  
塩分を取りすぎると、病気が寄って来る。

今は、無塩の麺類が売っている。
そうめんは少しの湯でも、茹でることが。  短い時間で。  時々作ります。

餅は最近、小包装での保存が可能なものが。 それで買うようになった。

この秋から、食品添加物が口に入らないような生活をすることに。
試しに、続けてみます。

s-17年12月19日 (17)    s-17年12月19日 (14)

自分は料理が得意でない。
満足できるのは、たった4つ。

  ① シャガイモとニンジンと玉ねぎとワカメの味噌汁。
  ② オムライス。 直ぐに出来る。
  ③ そうめんをやそばを食べる時の、つけ汁。
  ④ 生サンマの塩焼き。 煙の出ない焼く道具が。 焼き芋もそれで。

今の状態にするまで、8年かかった。
寒いのを我慢した生活が、4年程。

あの頃の自分に、便利なものを全部あげたい。

いろんな人の世話になって、今があります。
電気関係とかで一番世話になってるのは、長島の社長さん。
          (車のエンジン関係は、旭川のOさんに)

少しずつ車の中を進化させていく。
それがたのしいです。

「いつまで続くこの旅は・・」 自分にもわからない。
今は、旅できる幸せ。 人に出会う楽しさ。

【今日の歌】     この世の花   島倉千代子

                 ※ 自民党の菅義偉(すがよしひで)官房長官が、島倉千代子が亡くなった時、コメント。
                    島倉千代子の歌が大好き。  その中でも、この世の花が一番好きと。

                    菅さんは、小町伝説のある雄勝(おがち)の出身。
                    雄勝に行った時、菅さんを調べて知りました。

                    自分が小学生の頃、親父が鼻歌でいつも歌っていた。
                    自分も好きな歌。

                    下を聴いてて、上手だなって思います。



『この世の花』  城之内早苗

                 ※ 上手に歌っているかなと。

                    17年ほど前、北見での公演の後、お会いしたことが。
                      ※ レコード会社(ゼティマ)の製作部長さんから連絡があった。
                        お会いしましょうと。 北海道に行ってみたいとも。
                        でも、彼は当日急用が入って、来れなくなった。(彼とは一度東京で)
                        それで彼女とだけ、お会いすることに。                        

                    お話の後、写真。 札幌のTさんも一緒。
                    今よりほっそりしていたかな。 表情の美しい人。
                    「北の岬」が生まれた次の年のこと。
                    彼女は公演の次の日、歌の舞台の日の出岬に行っている。
                    岬のホテルにも。 
                        ( 北の岬。 写真バージョン。 いただいたCDは、新曲の冬の旅路)   
彼女は、ネオンの匂いがしない。               



【停泊場所】    阿久根市のAZの駐車場。   巨大スーパー。  24時間。

【明日の予定】    出水麓の続き。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行2位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。