FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

天気がいいので遠くには行かない。
    (曇りなら、遠くへ。 電気をつくるため)
島を走ることに。
新しい発見がないかなって。

昔、長島に遣唐使船が流れ着いた。
女の人がいたらしい。

昨日から社長さんと、誰だろうって話していた。
晩に分かったよって、社長さんから電話。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

島の近くを、豪華客船が通るという。   八代を目指して。
何の船かを調べてみた。 大きさに、びっくり。

s-17年12月21日 (1)

今日は赤〇に行った。  赤い線は、豪華客船のルート。

s-17年12月21日 (2)

社長さんの会社からスタート。  温泉の左下に道の駅。   段々畑はじゃがいも。

s-17年12月21日 (30)

道の駅に、こんなの。   島のあっちこっちに。   造形作品展をやってるよう。

s-17年12月21日 (5)    s-17年12月21日 (6)    s-17年12月21日 (7)

道端には、花壇が多い。   島の大きな通りに。

s-17年12月21日 (31)

じゃがいも畑。   遠くの山並みは天草。

s-17年12月21日 (32)

天草に渡る蔵之元港。   自分にとっては、橋が出来たらうれしい。

s-17年12月21日 (33)

何度も渡ったことが。

s-17年12月21日 (9)

ここにもあった。   マンモス。

s-17年12月21日 (8)

100円のお店。   みかんがあればと見に来た。  今日はない。  
10個くらい入ったのが100円の時も。

s-17年12月21日 (10)   

ブーゲンビリア。 この前は温室のを見た。

s-17年12月21日 (11)

山の上の道を行ってみた。   見えた見えた。  向こうは天草。   海は、長島海峡。

s-17年12月21日 (12)

大きな船は、左の島のこっちを通るよう。

s-17年12月21日 (13)

上の写真の右の方。

明治時代、野を越え山越えして天草を歩いた若者たちがいた。
リーダーは、与謝野鉄幹。 全部で5人。  5足の靴の本が。

北原白秋や吉井勇など。

s-17年12月21日 (14)

昨年あたりから、この2隻が主に来ている。

下は、オベーション・オブ・ザ・シーズ

    就航:2016年4月/総トン数:168,666t/全長:348m
    最大幅:41m/乗客定員:4,180名/乗組員数:1,500名/巡航速度:22.0ノット

世界で2番目の大きさだという。
アメリカの船で、八代に来るお客のほとんどは、中国人。

s-17年12月21日 (3)

クァンタム・オブ・ザ・シーズ。   大きさとは上とほぼ同じ。

台風のような強い風が吹いたら、ひっくり返りそう。
      ※ 巡視船などは、転覆しない仕組み。

s-17年12月21日 (4)    s-17年12月21日 (29)

山道を行ってみる。

s-17年12月21日 (34)

島はじゃがいもと漁業で活気がある。   たくさんの集落。  限界集落ではなく。

s-17年12月21日 (35)

乳之瀬橋を渡って、諸浦島へ。 

s-17年12月21日 (36)

広く養殖。   主にブリ。  ブリ王のブランド。

s-17年12月21日 (15)

諸浦港に着いた。   ここからフェリーで獅子島に。   天草にも。

s-17年12月21日 (37)

※ 以前の写真。 Aくんと。   かわいいフェリー。   どっちが前かな。

2015020915182877c_2017122207165186e.jpg    201502091533176a6_201712220716388a9.jpg

獅子島。   橋が出来て欲しいと町民は願っている。   以前あの山に登った。

s-17年12月21日 (16)

集落はこのように。

s-17年12月21日 (17)

戻って、伊唐島に。   伊唐大橋。



じゃがいもの畑。   橋が出来て、島は活気づいた。

s-17年12月21日 (38)

ここも、養殖が盛ん。

s-17年12月21日 (39)

海から離れたら、畑が続く。

s-17年12月21日 (19)

養殖の網か。  奥に、生簀(いけす)。

s-17年12月21日 (20)

子供の声がしたので振り返ったら、伊唐小学校。
児童数15名。   持ちこたえている。

s-17年12月21日 (18)

何を思って、どんな心で生活しているのか。
校歌で、地域の自然も分かってくる。

八代海だから、不知火(しらぬい)。  伊唐小学校HP

s-17年12月21日 (28)

戻る時に、伊唐大橋を。   船が行き来して。

s-17年12月21日 (21)

長島の入り口にある、道の駅だんだん市場に。

s-17年12月21日 (22)    s-17年12月21日 (23)

みかんと野菜を買った。
刺身にしてと云ったら、3分後には出来上がる。  以前一度だけ。

s-17年12月21日 (24)    s-17年12月21日 (25)    s-17年12月21日 (26)

ここにもあった。

s-17年12月21日 (27)

簡単に、長島町の風景を紹介しました。
自然豊か。   豊饒の島です。

【その他】  社長さんは、どうやって調べたのでしょう。

藤原喜娘(ふじわらのきじょう)は、藤原清河(ふじわらのきよかわ)の娘。
奈良時代終わり頃の話。

清河は遣唐使として中国に。
そこで現地の人との間に、喜娘(きじょう)が生まれた。

喜娘は大きくなるが、父の清河は亡くなる。
彼女は父の故郷の日本に行ってみたい。

遣唐使船で日本に向かう。
荒天で船は難破。

6日間、半分になった船の前の部分にしがみついて、40人ほどが長島に漂着。
                 (約100人が乗っていた) (漂着の地に碑がある)
その後の彼女の足取りがはっきりしない。

奈良の都に向かったらしいが。
唐招提寺辺りに。

梓澤要(あづさわかなめ)という人が、本を書いている。
読んでみたい。

  ※ 喜娘のことを調べ始めたきっかけはこう。
    上陸地点の近くの集落に、公民館が出来る。

    その名前の愛称を募集している。
    社長さんは、昔流れ着いた姫がいたと言った。
    その人の名前を付ければいいのではと。
    それで調べ始めた。
  
51MLxHsiULL__SX353_BO1,204,203,200_    20080907_525022.jpg

※ ここここに、彼女のことが。

※ 大河の直虎の原作はないと云われる。
  しかし、梓澤要という人は、2006年に下の本を出している。

    『女(おなご)にこそあれ次郎法師』(2006年、新人物往来社) (井伊直虎

※ 追記  流れ着いた場所は、下の印。  遣唐使漂着の地 記念碑がある。

ttt5556_20171222133345d6d.jpg

赤〇に「女渕橋」というバス停。

藤原喜娘に惚れた男がいて、彼女がいなくなって嘆き悲しむ。
ある渕に身を投げる。

その渕が、女渕(おなふち)と呼ばれるようになり、女渕橋の名で残っている。(社長さんの奥様から)

ttt7778.jpg

遣唐使漂着の地 記念碑。 (以前撮影)

20120222060202e75_20171222133343b4a.jpg 

※ 追記 喜娘(きじょう)の父の藤原清河は、藤原不比等の次男の子供。
     高貴な家柄。
     彼女は、喜娘姫と呼ばれてもおかしくないですね。
     社長さんが、姫と呼んだように。

     公民館の愛称は、喜娘公民館が基本でしょうか。
     読みが難しいとすれば、きじょう公民館か、きじょう姫公民館。

     子供たちのことを考えたら、きじょう姫公民館かなと。
     姫が付いて、少し華やかになる。 明るくも。

     さらに、標示はきじょう姫公民館にして、普段は「姫公民館」と呼んでもいいことに。
     子供たちが忙しい時は「姫に行ってくるね」って、さらに短くなっても構わない。

     長島のはるか昔の先人は、喜娘たちの漂着を助けた。
     喜娘を知ることで、先人の生き方が学べる。

     「きじょう姫公民館」  子供たちにとって、いい名前かなって思うのですが。 
    
【道の駅】     長島

【明日の予定】     車の点検。  バッテリー関係などを社長さんが。   自分は近くで釣り。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.  

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。