FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

灯台は上に登れたら、その灯台の魅力は大きい。
今現在全国にたったの16。

日御碕(ひのみさき)灯台は、そのうちの1つ。
石造りの大きな灯台。  楽しみ。

近くに日御碕神社。
何せ、出雲大社の「祖神(おやがみ)さま」だから、ただの神社ではない。

また、白糸威鎧(しろいとおどしよろい)という国宝の鎧を持っている。
それだけで、歴史のある神社と分かる。

青い空と海と松を見ながら、海沿いを歩いた。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

島根半島の西の端。   出雲大社が近い。

s-18年11月27日 (3)    s-18年11月27日 (1)

道の終点が駐車場。

s-18年11月27日 (2)

日御碕(ひのみさき)に向かっている。   ※ 崎でなく碕。  石がごろごろしてる雰囲気。

s-18年11月27日 (46)

着きました。  灯台が見えてる。

s-18年11月27日 (6)

遊歩道を歩き始めた。 地図は持っている。  見えた。
明治36年。  石造り。

少し行って展望台。

s-18年11月27日 (7)    s-18年11月27日 (8)

松島のようだ。  広くこの一帯の山々は、一度沈んだ。 その後、浮き上がった。
山の下に、横に真っ直ぐな線が見える。

海岸段丘でしょうか。

s-18年11月27日 (9)

松林が続く。

s-18年11月27日 (10)    s-18年11月27日 (11)

右写真、太陽は灯台の陰に。

s-18年11月27日 (13)    s-18年11月27日 (14)

見学開始。  200円。  石造灯台としては日本一の高さ。  約44㍍。

s-18年11月27日 (15)    s-18年11月27日 (16)

内側はレンガだった。  二重構造にすることによって、耐震性が高まるよう。
この技術は西洋から伝わった。  技士のブラントンとかによって。

  ※ 同じ仕組みの灯台は、日本にあと1つだけだそう。  水ノ子島灯台

      九州最東端の鶴御崎へ。 鶴見半島の突端に。 要塞跡。 半島の風景。 途中でおばあちゃんを。~佐伯市~ 他 (2018/1/29)

s-18年11月27日 (17)    s-18年11月27日 (18)

風はそれなり。  強風ではない。  突然の地震が来ないことを祈って。

s-18年11月27日 (19)

灯台の上に来ると、邪魔するものは何もない。

s-18年11月27日 (20)

さっきは、影の中からこっちを撮った。

s-18年11月27日 (21)

見える山は、島根半島の山々。

s-18年11月27日 (22)

下りて資料館に。

ブラントンが造った灯台はいっぱい。
この灯台を造る時は、帰っている。

日本の技術で作った。 学んだのを含めて。
Wikipedia等では、日御碕灯台の設計者は、分からないことになっている。

でも、実際は分かっているよう。
逓信省航路標識管理所技師の、石橋絢彦と考えられている。

s-18年11月27日 (23)

出雲日御碕灯台は、(Wikipediaより)

  世界灯台100選や日本の灯台50選に選ばれた、日本を代表する灯台。  
  歴史的文化財的価値が高いため、Aランクの保存灯台。(全部で23)
  全国に5箇所しかない最大の第1等レンズを使用した第1等灯台。

オレンジは見学できる灯台かな。 見てないのがいくつかある。

s-18年11月27日 (24)

外に出て。

s-18年11月27日 (25)    s-18年11月27日 (26)

日御碕の突端。   小さな柱状節理がいっぱい。

s-18年11月27日 (27)    s-18年11月27日 (28)

御碕地区に。

s-18年11月27日 (29)

経(ふみ)島。  橋はない。

s-18年11月27日 (31)    s-18年11月27日 (30)

※ 余談  飛行機が飛んできた。  調べたら右の飛行機。 C2輸送機。
      新しく開発された自衛隊機で、試験飛行が終わって、この秋から正式に飛んでいる。

s-18年11月27日 (32)    s-18年11月27日 (4)

36㌧の重さを積める。 トラックを何台も。 ※ 3枚の写真は、Wikipedia.
今日は2機飛んでいた。  全部で3機ある。  米子空港の美保基地に配備。

s-18年11月27日 (5)    s-18年11月27日 (45)

港から見えた。

s-18年11月27日 (33)

日御碕神社。   朱塗りの楼門。  木の狛犬。

s-18年11月27日 (34)    s-18年11月27日 (35)

下ノ宮と上ノ宮があって、こっちは下の宮。   説明は難しい。

s-18年11月27日 (36)    s-18年11月27日 (43)

庭に昭和天皇の歌が。  「秋の果ての 碕の浜の みやしろに をろがみ祈る 世のたいらぎを」

  ※ 秋の果てはいまころですね。 碕の浜は、ここの浜。 
    をろがみは「折れ屈む」から来た言葉のよう。 深く礼をする。  たいらぎは、平和でしょうね。

    意味わかりますね。

s-18年11月27日 (37)    s-18年11月27日 (38)

上の写真の奥に、白っぽい建物。 宝庫のよう。  文化財はここに保管でしょうか。
この神社は、下の国宝を持っている。 鼻が高いでしょうね。 重要文化財は、建物などいっぱい。

 ※ 白糸威鎧(しろいとおどしよろい)兜・大袖付 - 鎌倉時代(塩冶高貞寄進)
   下の写真です。

 ※ 大山祇神社とか宮島神社に、国宝の鎧がいくつもある。 全国にたくさんはない。

     櫛引八幡宮。  国宝、赤糸縅鎧(おどしよろい)。  メドツは、皿のない河童。~八戸市~ 他 (2014/10/1)
     大山祇神社で、鶴姫の鎧を見る。  忠海港から、大三島に渡る。~今治市大三島町~ 他 (2015/3/16)

gggghhjjjj.jpg 

下ノ宮の本殿。  右は、そこから見た上ノ宮。

s-18年11月27日 (39)    s-18年11月27日 (40)ccc

上ノ宮から見た、下ノ宮。  右は楼門。

s-18年11月27日 (42)ccc    s-18年11月27日 (41)

この後、適当な道で戻りました。   さっきの輸送機が戻った。

s-18年11月27日 (44)

平日なのに人が多い。 こんなに人気の灯台って、他に知らない。
日御碕の魅力が大きいのと、出雲大社に来た人が、一足伸ばすんでしょうね。

石造りは味があります。

【記事の紹介】  参観灯台。

   男鹿半島の先端、入道崎。 入道埼灯台。 八望台。 真山の万体仏。 真山神社。~男鹿市~ 他 (2016/9/5)   
   角島大橋は、その美しさで山口県屈指の観光地に。 角島灯台はブラントン設計の石造り。~下関市~ 他 (2016/12/5)
   
   御前崎にある灯台は、御前埼灯台だった。~御前崎市~  他  (2011/11/13)
   房総半島最南端、野島崎。  最も古い洋式灯台、野島埼灯台。  灯台最上部からの眺め。~南房総市~ 他 (2015/7/3)

   犬吠埼は、あることで、騒然。  ポートタワーから、利根川の河口を見下ろす。~銚子市~ 他 (2015/7/7)
   尻屋崎の寒立馬、ニッコウキスゲ他。  下風呂温泉。~東通村他~ 桜木紫乃さん、直木賞。 (2013/7/17)
                                             (参観はこの6月から)
【今日の歌】

丘みどり  日御碕灯台(PV)  演歌百撰



藤圭子   みだれ髪     

   「みだれ髪」の舞台、塩屋岬。  塩屋埼灯台の上からの風景。  三崎公園のいわきマリンタワー。~いわき市~ 他 (2016/5/21)  ※ 参観灯台。
   藤圭子は神居神社の土俵の上で、4年生の時に歌っている。 その場所を探しに。 今日は偶然に命日だった。~旭川市~ 他 (2018/8/22)   



森昌子  立待岬

    いよいよ北の大地に。 大間から函館に入る。 魚をそして人を待った、立待岬。~函館市~ 他 (2016/7/15)
    立待岬  他  (2009/07/17)



北の岬    城之内早苗    ※ ついでに。



【道の駅】    キララ多伎 (出雲市)

【明日の予定】     温泉津温泉かな。  途中に何かないか、探しています。

 都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg 

             (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

 【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
  【拍 手】   下に。
.

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。