FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

半島も小さいと半島とは呼ばない。
岬と呼ぶ。  知らなかった。
  ・  ・  ・  ・  ・
諏訪崎(すわざき)は小さな半島全体の呼び名。
そうなんだけど、諏訪崎に行くと言えば、先っぽを目指すことに。

人のいる所には行かない。
だから、岬に。

ミツバツツジが咲いて、春爛漫も間もなく。
コロナの騒ぎが無ければ、誰もが心穏やかなんだけど。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

赤〇に駐車場。  青〇まで2㌔程。

s-20年3月8日 (1)

赤〇は道の駅。

s-20年3月8日 (2)    s-20年3月8日 (3)

乗用車なら、全く不安のない道。

s-20年3月8日 (48)    s-20年3月8日 (49)

ここから道は細い。 すれ違う場所があるから、自分の車でも何とか。

s-20年3月8日 (50)    s-20年3月8日 (51)

10台ほど停められる駐車場。 水があって少し先にトイレ。

s-20年3月8日 (4)

北方面。 右奥に道の駅。  どこもここも、ミカン畑。

s-20年3月8日 (5)    s-20年3月8日 (6)

キャンプ場がある。   景勝地。

s-20年3月8日 (7)    s-20年3月8日 (8)

自然豊か。  ツバキやウバメガシの木でしょうか。

s-20年3月8日 (9)    s-20年3月8日 (10)

展望台だ。  上着はなし。

s-20年3月8日 (11)

青い海。  タイの養殖。

s-20年3月8日 (12)    s-20年3月8日 (13)

ずっと向こうは、宇和島。

s-20年3月8日 (14)    s-20年3月8日 (15)

快適な道。  ミツバツツジ。  右は何ツツジか分からない。

s-20年3月8日 (16)    s-20年3月8日 (17)

行くときは楽な道を。    休憩所。

s-20年3月8日 (18)    s-20年3月8日 (19)

奥に、八幡浜市の中心街。  道の駅。 自分の車は見えるかな。(乗って来てた)

s-20年3月8日 (20)    s-20年3月8日 (21)

広い道がお終い。 右写真から下り始めた。

s-20年3月8日 (22)    s-20年3月8日 (23)

陸地は狭くなった。 両側に海が見える。 隙間から。

s-20年3月8日 (24)    s-20年3月8日 (25)

この先から、急な階段。

s-20年3月8日 (26)

絶景だ。  感動の風景。  
赤いのがミニ灯台。 正式な名前ははっきりしない。  白い碑は、魚霊塔。  魚に感謝して。

s-20年3月8日 (27)(1)

行けるのを期待している。   四国へのフェリー。  大分か臼杵へ。 ※ 臼杵はあの歌の臼杵

s-20年3月8日 (28)    s-20年3月8日 (29)

行き止まりの雰囲気。

s-20年3月8日 (31)    s-20年3月8日 (32)

ここでお終い。  残念。  右写真、船と人が。
           ※ 釣人は自己責任で、どこにでも行きますね。

s-20年3月8日 (33)    s-20年3月8日 (38)

遠くは九州。

s-20年3月8日 (34)    s-20年3月8日 (35)

南方面。  ※ 自分は数日後、海沿いに南下か、すぐ山に入るか、どっちにしよう。

s-20年3月8日 (36)    s-20年3月8日 (37)

戻っている。 帰りは通ってない道を。  上にキャンプ場。

s-20年3月8日 (39)    s-20年3月8日 (40)

上の道を行っても、展望はよくない。   駐車場に戻って来た。

s-20年3月8日 (41)    s-20年3月8日 (42)

マスクしないで、自然いっぱいの空気を吸った。

【マラソン】  いい走りでしたね。  さわやかなインタビュー。
        どの瞬間で、正式に代表に決まったか分からなかった。

        昔、訳分からず代表が決まったことが。
        それがやっとなくなって、いいかな。

        賞金がないそう。 満額渡してほしい。
        有森さんが、彼女を予想していた。

s-20年3月8日 (43)     s-20年3月8日 (47)

【大河ドラマ】

帰蝶は、光秀との昔を思い出していた。
母に、蜜漬けの栗をもらった。 1つは自分、もう1つは大切な人にあげるようにと。

手文庫に大事に入れておいた。 兄が食べてしまった。   ※ その兄は、光秀に冷たい。
※ 帰蝶の母と兄の母は別。 

s-20年3月8日 (46)(1)

蜜漬けの栗って初めて聞く。 作ってみようか。 むいたのを買ってきて。
手文庫も知らなかった。 封筒を入れたり。

s-20年3月8日 (45)    s-20年3月8日 (44)

駒が言った。 帰蝶様は十兵衛(光秀)様がお好きですね、と。
帰蝶はそれには答えず、そなたは、って駒に。
駒はこっくりとうなずいた。

光秀は、帰蝶に言った。 (こう言うしかないと決めて)
尾張に行かれるがよろしいかと、と。

帰蝶は言った。 そなたに言われたら、是非(ぜひ)もないと。
行くしかないでしょうと、言っている。  帰蝶はつらい。 光秀もだ。  戦国の世だ。

大河では、2人は何才違いにしているのか。
光秀の生年ははっきりしない。 いくつかの説。

NHKは、8才違いを選んでるよう。
ただ、元々はっきりしないから、近い年齢にしているかも。

光秀が泣いたのを帰蝶は人に言わなかった。 
そんなことから考えて。 蜜漬けの栗のことも。

光秀の母が京都に行く駒に、キキョウの花の扇を贈った。
光秀と言えばキキョウですね。  母は、駒に以前より優しい感じ。  ※ 石川さゆりのヘアスタイル変??。

   谷性寺(こくしょうじ)は明智光秀ゆかりの寺。 首塚が。 桔梗寺また光秀寺とも呼ばれて。 明智山門。~亀岡市~ 他 (2018/10/29)

※ 若い時の沢尻エリカなら、今の門脇麦と同じように、駒を演じられるなって感じました。

※ 帰蝶の母は、小見(おみ)の方。  出てきたかな。 
  片岡京子が演じている。  光秀の父の妹。   だから、帰蝶と光秀は従兄妹(いとこ)。

駒は京都に向かった。
この後、どんな形でドラマに出てくるでしょう。

【記事紹介】

   山の斜面の石垣のミカン畑を歩く。 眼下に市街地を見下ろして。~八幡浜市~ 沙羅ちゃんおめでとう。 コメントに感動。 (2018/2/12)

【今日の一曲】   リハーサル風景。佐賀【東亜樹スペシャルコンサート】コーヒールンバ、大利根無情cover東亜樹12才   

            ※ 途中でおじいちゃんの横に座った。 指でハートの形。
              おじいちゃんは佐賀にいる。  だから佐賀でコンサートか。

   

【道の駅】    八幡浜

【明日の予定】    市内のどこかを。  天気がいいので遠くへは動きません。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
. 

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。