FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

WHOはやっとバンデミックを宣言。
つまり、新型コロナは世界的な流行に。
  ・  ・  ・  ・  ・
中国が収束に向かってるとの情報が。
本当なら、いい。

でも、中国は情報操作するから本当か分からない。
日本は対応がへたくそと批判したり。

世界中に迷惑かけてることを棚に上げて。
コロナの震源地は中国ではないと言い始める始末。
武漢コロナと、世界中が言った方がいいかも。

もし北海道が収束に向かえば、光は見える。
鈴木知事と北海道民の手腕が問われますね。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

道の駅日吉から東に。 高知県に入った。

s-20年3月11日 (1)(1)    s-20年3月11日 (2)

道の駅日吉。 見学場所が見つけられなく、動くことに。
鬼の像は、伝説があるわけではなく。 鬼北町なのでつくってみた。

s-20年3月11日 (6)    s-20年3月11日 (7)

中はひな人形。  黄色の花はサンシュユ。 今年初めて。 
この桜は、カンヒザクラの変種かなと予想。  いっぱい見る。

s-20年3月11日 (8)    s-20年3月11日 (9)

これを見たので紹介。 機械で削るんですね。   組上がれば丈夫に。

s-20年3月11日 (10)

食料品のお店、病院、流通など、生活に欠かせないものは正常に。
休校にしても、それによって社会が大きく混乱するのはまずいですね。

イタリアは今大変。 元々中国人が多い国。
中国人が春節で自国に戻った。 そして、イタリアに帰って来た。

お土産を持ってきた。 コロナウィルス。 武漢ウイルス。
イタリアが苦しみだしたのは、その後。

のどかな風景だ。

s-20年3月11日 (13)    s-20年3月11日 (14)

山はまだ緑に染まらない。

右写真。 トンネルの手前や出口に、このように道が横切る。 時々ある。
この道は旧道ですね。

s-20年3月11日 (15)    s-20年3月11日 (16)

川から少し離れた高い所に家が多い。

  ※ 余談 生活には水が必要。  湧き水があれば問題ない。 普通は井戸を掘る。
       左の方を見た時、どこに井戸を掘るか。

       奥の少し高い所の家は、斜面の尾根っぽい所にありますね。
       そこに井戸を掘っても、水は出にくい。

       手前の家は少し低い。 谷筋に。 この辺りは、下に地下水が。
       井戸を掘れば、水がたまり易い。

       扇状地はどこを掘っても水は出る。
       掘って行って岩盤にぶつかったら、その下の水が美味しい。

       今は、井戸を彫らないで鉄幹を深くさしますね。
           (昔、美瑛にいた時水はその水。 湧水とおなじ。 美味しい)

       今の時代は、もちろんどこも水道ですね。
       田舎は、簡易水道の場合も。

s-20年3月11日 (17)    s-20年3月11日 (18)

トンネルの上に急斜面。 梅の木でしょうか。

s-20年3月11日 (19)    s-20年3月11日 (20)

この後少ししてトンネル。 越えたら高知県。 まだ愛媛県の最奥。

s-20年3月11日 (21)

高知県、梼原(ゆすはら)町に。

s-20年3月11日 (22)    s-20年3月11日 (23)

斜面が崩れている。 3ヶ所。  木を切ったからか。

s-20年3月11日 (24)    s-20年3月11日 (25)

梼原町の市街地に。 
坂本龍馬は脱藩の時、ここまでは今の国道沿いの道を来た。
ここから、国道から離れる。 韮ヶ峠に向かう。 右写真の像は市街地にある。

   龍馬は、梼原から韮ヶ峠を越えて、脱藩した。  維新の門、他。~梼原町~  他  (2014/4/2)
   龍馬脱藩の道、茶や谷から、韮ヶ峠までを歩く。  迷いそうな、6㌔の道。~梼原町~  他  (2014/4/3)

s-20年3月11日 (26)    s-20年3月11日 (3)

天狗高原は四国の背骨。

s-20年3月11日 (27)

吉村寅太郎はこの土地の人。 生家は山の中。  ※ 虎太郎とも。

   天誅組終焉の地、鷲家口(わしかぐち)を訪ねて。  最後のニホンオオカミ。~東吉野村~  他  (2013/4/15) 
   四国カルスト、天狗高原。  吉村虎太郎生誕地。  早瀬の一本橋。~津野町~  他  (2014/4/4)

彼は吉野で幕府と戦う。
負けたけど、幕府の力は過去のようにないと世間が知った。

それが大きかった。 一気に倒幕に向かうことに。
辞世の句がすごい。

s-20年3月11日 (28)    s-20年3月11日 (29)

国道は石垣に沿って。

s-20年3月11日 (30)    s-20年3月11日 (31)

道の駅布施ヶ坂。 ふせがさか。

s-20年3月11日 (32)

いつだか、上に行ったことがある。  これはカンヒザクラですね。   咲き始め。

s-20年3月11日 (4)    s-20年3月11日 (5)

少し前、四万十川の上流を横切っていました。

   四万十川源流点へ。 不入山頂上直下に。 ここから196㌔の旅。 源流点の水は冷たく・・。~津野町~ 他 (2019/3/14)
   清流四万十川の中流・上流域を走る。 沈下橋。 どうして半家(はげ)駅?。 源流点へは明日。~四万十町他~ 他 (2019/3/12.13)

【新型コロナ】

新型コロナに感染し重症になったら、肺が機能しなくなる。
それを治すのは今は免疫力しかない。

肺が回復するまで、体外式の人工肺(ECMO エクモ)が最後の頼り。
イタリアではこれが足りない。

使うのは60歳以下と決めた。

s-20年3月11日 (11)

深夜、下のニュースが。  WHOは中国の顔色を見ながら動く。

s-20年3月11日 (12)

【今日の一曲】   東亜樹 AKI AZUMA 12歳 前半 企業の周年記念パティーのゲストに!

              ※ 8分から、お別れ公衆電話。 かろやかなこぶし。 プロも真似できないのでは。
              ※ 1000曲以上歌える。 歌詞を覚えている。

   

【道の駅】    布施ヶ坂

【明日の予定】     道の駅の近くを歩きます。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.      

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。