FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

春が来てお寺にも花。
楽しい季節がやって来た。
  ・  ・  ・  ・  ・ 
桜が咲いてサンシュユが。
モクレンもコブシも。

そして、今日は赤い花のマンサクを。
トサミズキはまだ見ていない。

コロナで世の中大変。
そんな中、新しい季節は今年も同じように。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

右下の夜須から10㌔程。

s-20年3月20日 (1)    s-20年3月20日 (2)

駐車場から上がって来た。  左の古い参道を通って。 赤いマンサク。

s-20年3月20日 (5)    s-20年3月20日 (6)

山門。  少し上がった左に、お墓。  右に如意輪観音。   女性っぽいので人気。

s-20年3月20日 (7)    s-20年3月20日 (8)

味のあるお地蔵様。

  ※ 余談   右写真について。 
         左を向いてるから、左の空間を広くした方がいいと思っている。

         ただこの写真は、左を狭くしてみた。
         これはこれでいいかなって。 

         どうしてなのか分からない。 
         迫ってくる感じになるのかな。          

s-20年3月20日 (9)    s-20年3月20日 (10)

あることを調べていたら、下の如意輪観音に出会った。
こんなの見たことない。     石仏散歩のサイトからお借り

右は、九州の佐賀県で出会った石仏。 気に入っている。

s-20年3月20日 (3)    s-20年3月20日 (4)

※ 余談  思い出したことが。 ここ大日寺は真言宗智山派。
      智山派は開祖が空海。 中興の祖に覚鑁(かくばん)がいる。

      智山派の本山は京都の智積(ちしゃく)院。
      今の隆盛は、覚鑁がいたから。

      覚鑁は、佐賀県鹿島市の蓮厳院で修業。 (近くで生まれ)
      蓮厳院の奥の院は岩谷観音。 遠い山の中。 上の右の像はそこにあった。

   岩屋観音は、岩をくりぬいて、お堂を。  浄土山の中腹に。  石仏がいっぱい。~鹿島市~ 他 (2015/2/20)
   智山派の総本山、智積院。  長谷川等伯の障壁画(国宝)。 名勝庭園。  中興の祖は覚鑁(かくばん)。~京都市~ 他 (2015/11/19)

第28番札所、大日寺本堂。

s-20年3月20日 (11)

左に大師堂。

s-20年3月20日 (12)    s-20年3月20日 (13)

本堂。  右は六角堂。

s-20年3月20日 (14)    s-20年3月20日 (15)

大師堂。   本堂の左奥に、日吉神社。

   ※ 本山の智積院のそばに、新日吉(いまひえ)神宮がある。 だからここにもあるのか。
        真田丸の紀行で紹介された新日吉神宮。 方広寺の鐘。 豊国神社。~京都市~ 他 (2016/9/30)

s-20年3月20日 (16)    s-20年3月20日 (17)

左本堂。 右大師堂。  正面に六角堂。

s-20年3月20日 (18)

鐘楼。 今、鐘が鳴った。

s-20年3月20日 (19)    s-20年3月20日 (20)

奥の院に行く。  左に庫裏(くり)。 納経帳は最後に書いてもらう。

s-20年3月20日 (21)

少し歩いたら着いた。 大日寺では、ここが一番有名。

s-20年3月20日 (22)

弘法大師が見守るこの水は、名水だそう。

s-20年3月20日 (23)

爪彫(つめほり)薬師堂。 爪彫薬師と呼ばれる。
この地に昔、クスノキの大木があった。

その木に弘法大師が爪で薬師如来を彫った。
明治時代に倒れた。 その木の一部を霊木として祀っている。

s-20年3月20日 (24)    s-20年3月20日 (28)

頭から上の病気に効く。 治ったら穴のあいた石を奉納。   山ほどの石。

s-20年3月20日 (25)    s-20年3月20日 (26)

牛に乗った薬師如来。   戌(いぬ)年。  戌年の人か。  今が戌年なのか?  
問題は、六十三。  初めて見る。  63年ではない。

民間信仰に「六三除け」と云うのがある。
もしかして、それかなと。

その信仰では、人間の体の部位に、0~8の番号。 9ヶ所(6と3で9)
0は頭。  爪彫薬師は首から上に効くとあった。

この石仏を奉納した人の数え年が、54才だったとします。  ※ 数え年~満年齢+1。
目か耳か頭のどこかが悪かったとします。

数え年の54を9で割ります。  余りは0です。
頭の0と余りの0が一緒です。

この時、六三(ろくさん)にかかった、と言います。
六三除けの祈願が必要に。 いろいろあるみたい。

祈願の1つで、下の石仏をここに。
       (なお、六は大日如来、三は薬師如来を意味します)

六三除けについては、下に詳しく。
       六三除け(ろくさんよけ)の計算式とその対処法。  

s-20年3月20日 (27)(1)

戻って、右に庫裏。

s-20年3月20日 (29)

ここで納経帳を。 何の悩みもなさそうな小僧さん。
           ※ 九州の志々伎山の中腹に、つらい思いをした小僧さんの碑があった)

s-20年3月20日 (30)    s-20年3月20日 (31)

このように。  メダカがいた。
  ※ 車で飼ってるメダカは、すぐに3匹死んだ。

    1匹だけ、ずっと生きている。 水にバクテリアを入れたら濁らなくなった。
    エサを見せたらうれしくてあばれだす。 なついてきた。     

s-20年3月20日 (37)    s-20年3月20日 (32)

なんの桜かな。 右はサンシュユ。

s-20年3月20日 (33)    s-20年3月20日 (34)

下から年配の女性が来た。  お遍路さん。
大きなリュックに、寝袋やら何やら、いっぱいぶら下がって。 にぎやかな服装。

s-20年3月20日 (35)    s-20年3月20日 (36)

美しい建物に花、お寺の魅力。

【新型コロナ関係】

何とかならないのかな。
対応を大きく間違ったら、日本だって分かりませんね。

イタリア、死者数 中国超える、看護師「持ちこたえられない」



【今日の一曲】   The Seekers - I Am Australian, Georgy Girl, Waltzing Matilda, (Live, 1994, + Aus National Anthem!)

               シーカーズです。 オーストリア出身。 活躍は他の国でも。
               6分45秒からの3曲目は、国歌のように親しまれている。

               サビの部分で、Waltzing Matildaって歌う。
               意味は、 放浪の旅に出よう、だそう。 自分の歌みたい。

               自分は1曲目が好き。 4人とも元気。
               女性の名前は、ジュディス・ダーラム。 現在76才。 

               オーストリアは、鎖国状態にした。 南半球も油断できない。
               上のニュースにある通り。



※ シーカーズの若い時の映像は下に。
            The Seekers The Carnival Is Over (1967 In Colour Stereo)

【道の駅】    やす

【明日の予定】     大きな杉の木がある。  それかな。   チューリップ畑は人が多い。

   都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、4位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
.      

スポンサードリンク

 
 
スポンサーサイト



openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


02 | 2020/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。