FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

薄暗い所で、目が赤く光る、そんな魚がいる。
それも、巨大魚。
四万十川の下流域に棲み、釣り人の憧れの魚になっている。

佐田沈下橋は、四万十川に架かる沈下橋の中で、最長を誇る。
そして、一番下流に位置している。

アカメという魚が、四万十川の河口近くにいることは、昔知った。
ビーパルという雑誌や、漫画かな。 目が赤いので、不気味だった記憶がある。

どこかで見られないか、探した。
印の所に、アカメ館があった。

大きなレストラン、兼、お土産屋さん。


大きな水槽に、アカメはいた。  
こんな魚。  大きさは、50数㌢。

11年1月20日 (3)

上の地図の、印の辺りから。下流にいる。 海でも棲む。
全くの淡水は、好まない。 汽水域と言う、真水と海水の混ざった所がいい。

目が少し赤いですね。 暗い時に、赤くなることがある。 光の反射の関係で。

11年1月20日 (1)

はっきり赤いですね。 
 ※ 冗談ですが、結膜炎でも、活きが悪いわけでも、寝不足なわけでもない。
   私は寝不足。 昨晩、YouTubeへのアップロードのやり直しが続いた。
   インターネットを、ブログとYouTubeと、いつもは同時に使うが、昨日は、それをやるとダメだった。
   千代の動画は長かった。 それが、YouTubeにアップロードできたのは、朝の7時だった。

今日は、昼間、10分寝たり、30分寝たりした。
まあ、そういうことが出来る、気楽な生活でもあるか。

不気味さは、魚も人間も、目で決まるのかな。
アカメは肉食なので、突然、ガブッて、魚を襲う。 

11年1月20日 (2)

アカメの数は減っており、環境省レッドリスト、絶滅危惧の真ん中のランク。
幻の魚と言われるイトウは、孵化(ふか)の技術が確立している。 でも、アカメは、まだ。
アカメは、固有種なので、いなくなったらお終い。 ニホンカワウソのように、ならなければいい。
   ※ イトウ(北見市温根湯、山の水族館 イトウが見たければここ)     イトウ(標津サーモン科学館 80㌢)

これは、小さい。 40㌢位。 別の水槽。

11年1月20日 (4)

今は、釣ったら、放さないとダメですね。 キャッチアンド・リリース。
写真を撮って、証拠だけで十分。

11年1月20日 (5)

アカメが絶滅しても、私達の生活は、何も変わらない。
でも、学んでいる人間は、こう言う。
アカメが棲めないような環境では、人間もいつか、生きられなくなっていく、と。

でも、この考えは、少しおかしい。 人間中心ですね。
考え方の基本は、アカメにも、この地球上で生きていく権利がある。
そう、思うのですが、どうでしょう。

それにしても、大きいですね。

11年1月20日 (6)

これは、はく製。  125㌢。  30㌔。  ここの店の人が釣った。
  ※ 根室にいる時、風蓮川で60㌢のイトウを釣った。 
    花咲小学校で飼っていたが、停電で死んだ。 はく製にした。 作る費用は、1㌢千円だった。 今もある。

11年1月20日 (7)

四万十川で、アカメを釣った動画があったので、紹介。
  アカメ IN 四万十川


何も買わない、何も食べないは失礼なので、ゴリのどんぶりを食べた。

11年1月20日 (8)

食べてるのは私だが、殺したのは・・・、とゴリに言いそうになったが、食べる人間がいなければ、獲まえる人間はいない。
これが、ゴリ。

11年1月20日 (9)

レストランに写真があった。 樋口真吉と言う人。 初めて知る。 坂本龍馬とつながりがあった。
龍馬は、京都で近江屋にいたが、身の危険を感じていた。
ある人を通じて、安全な場所を見つけて欲しいと、真吉に手紙を出す。
しかし、その手紙は、真吉に渡らなかった。  

そんなことをしているうちに、龍馬は近江屋で暗殺される。 
手紙が渡っていたら、龍馬の運命は変わっていたと、説明にあった。  
   ※ 手紙は現在、坂本龍馬記念館に。  近江屋があった場所(祇園の近く)

11年1月20日 (10)

アカメ館前の、四万十川。 河口まで数㌔。  この辺りから、アカメがいる。

11年1月20日 (11)

安並(やすなみ)水車の里。 観光用のがあった。 

11年1月20日 (12)

水車は、自然に溶け込んでいる方が 、美しいでしょうか。
                       ※ こんな水車。(九州大野市 平地にある原尻の滝のそばに)

佐田沈下橋。 この沈下橋が最下流にある。  ここから海まで、15㌔くらい。

11年1月20日 (14)


向こうから車で来て撮影。 さかんに車が通る。
増水している時通るのは、恐ろしい。  ※ 増水した佐田沈下橋(みんカラ さんのブログ)

11年1月20日 (15)

自動車学校の車も通って行った。 

11年1月20日 (13)

どうして青く塗ったんでしょうね。 見栄えが良くなると思ったのかな。 そのままの方がいい。

11年1月20日 (16)

四万十川は、観光地化していますね。 
情報誌に載っている、この辺りの情報は、観光施設の情報で埋まっている。
沈下橋以外に見る所は、以外に少ない。 ※ もっと上流に行くと、変わってくる。

11年1月20日 (17)

ミカンの無人販売所。 一袋買った。 300円。
ポンカンではなく、夏ミカンの感じ。 四国の南に来たら、ポンカンが多い。 気に入って毎日食べている。 
冬ミカンと同じように、小さな袋も、そのまま食べる。 味が濃い。

11年1月20日 (18)

沈下橋は、確かに珍しいが、観光の強い武器にはなっていないようだ。
橋だけ写真にとっても、そんなに美しくはない。
自然と一緒に撮った時、いいなって思う。  先日のこの写真など
   ※ 橋自体が美しいと言えば、錦帯橋(岩国市)吊り橋(群馬県上野村)でしょうか。

上流の山の中に、面白そうな所があります。 温かくなってから行きます。

【生活】    コインランドリーで洗濯をした。 ついでに、布団とかも乾燥させた。 快適。

【道の駅】   ビオスおおがた  昨晩に同じ  3日目

【明日の予定】   沈下橋は、もういいかなとすれば、南に。

【動画】
     最長の、佐田沈下橋を渡る


【ランキング】  国内旅行は4位、 旅行全体で8位です。  放浪の旅は32位です。         
          
            記事は役立ったでしょうか。
            気に入った所などがありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
            
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/118-992f4862

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 四万十川の巨大魚「アカメ」  最下流に、そして、最長の佐田沈下橋 ~四万十市~   他  (2011/1/20)
  • 2011年01月20日 (木)
  • 23時24分44秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。