FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

東風さんが、猿飛佐助が修行した岩山があるという。
角間渓谷。
そこは、真田氏発祥の地に近い、山奥。

※ ずっと待っていた、新しいレンズが、12日に発売された。(富士フイルムXF23mm F1.4 R)
  ネットで注文したのが、須坂の東風さんの自宅に、今日の夕方届く。
  それで須坂に向かった。 途中何かないかと探して、角間渓谷。

岩屋観音があって、岩山の細い道を歩いた。
猿飛佐助のようには、歩けなかったけど。
    ※    ※    ※    ※   ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に )

碓氷峠の旧国道を、軽井沢に向かうと、昨日見ためがね橋の下を通る。
旧中山道は、点線の道。

13年10月14日 (1)

まだ9時過ぎなので、人は少ない。

13年10月14日 (2)

巨大な橋。   これまでして、どうして鉄道をと思う。 
第一は、人のためでなく、絹を運ぶためだったよう。

13年10月14日 (3)

中は、何なんだろう。

13年10月14日 (5)

イギリスから技師を呼んだ。 トンネルとかのレンガも、イギリス積みだった。
レンガ造りとあるから、中までレンガかな。

  ※ 明治25年ころ、コンクリートは、まだ日本に来ていない。 
    10年後に琵琶湖疎水で初めて。  

13年10月14日 (4)

めがね橋を過ぎて、道は曲がりながら、これでもかって登った。
登ったところに、軽井沢があった。
広く高原。

しばらく走ると、時々、下りの坂がある。
そうやって、信州の谷に、少しずつ、下っていく。

途中から山に入った。
上田市の真田町を通って、角間(かくま)渓谷に。



角間渓谷に、角間温泉がある。  そして、そこに、岩屋旅館。

猿飛佐助、修練の場とある。  伝説だが。

13年10月14日 (6)   13年10月14日 (7)

猿飛佐助は、真田幸村に仕え、真田十勇士の1人だそうだが、実在したとは、確定していない。
司馬遼太郎は、実在を支持。

佐助は、どんな技があって、何をしたとか、分からない。
仕方ないから、漫画を見てみる。 画面をクリックしたら、YouTubeに。

無題ppplppp 

道の上に、岩が覆いかぶさっている。  大きな、蜂の巣。

13年10月14日 (8)   13年10月14日 (9)

三連休の最後。  今日も晴れ。

13年10月14日 (10)

紅葉の始まり。  変わった岩が見える。  道があるようだけど、時間がないので行かない。

13年10月14日 (11)

縄文時代から、人は住んでいた。  岩屋観音がある。

13年10月14日 (12)

この遊歩道を歩く。

13年10月14日 (13)

長い石段。  何度か休まないと、無理。
30年とか前に整備されたが、その後は、そのまま。 荒れてきている。

13年10月14日 (14)   13年10月14日 (15)

登りきったところに、お地蔵さん。

13年10月14日 (16)

岩の中に観音堂。   岩屋観音。

13年10月14日 (17)

中はこう。   さっきの説明に、縄文時代は、ここに人が住んでいた、とあった。
管理する人は、いるのでしょうか。

13年10月14日 (18)   13年10月14日 (19)

何の実だろう。  真っ赤なので、ぶき実。

13年10月14日 (20)

猿飛佐助の修行の道は、けもの道。

13年10月14日 (21)

猿飛岩。

13年10月14日 (23)   13年10月14日 (22)

道には、危険な所もあって、足を踏み外したら助からない所も。

この先に、展望台。

13年10月14日 (24)

上の岩は、鬼ヶ城って名前の岩のよう。

13年10月14日 (25)   13年10月14日 (26)

細い道を下りて来た。

13年10月14日 (27)

岩屋館を、正面から。 真田一族の隠し湯。   こんな湯船。 炭酸泉でもあるよう。
   ※ 温泉には入らなかった。 須坂の温泉に行くので。

13年10月14日 (28)

酒を飲んだ次の日は、ラーメンが食べたくなる。
私の希望で、このお店に。   須坂市内。   昼は過ぎてるのに、ほぼ満席。

13年10月14日 (30)

とんこつ醤油の感じ。  普通でも、他の店の大盛り。  東風さんは、大盛り。
私は普通。 それでも、少し残した。
須坂に来たら、食べたくなる味。

13年10月14日 (29)

どこかのお店の外に、貼ってあった。   誰が考えたのか。

13年10月14日 (31)

今日は、猿飛佐助の伝説があったので、行ってみました。
真田氏3代の郷を通った。

【その他】  レンズは届きました。 35㍉より大きい。
       間に合えば、明日の写真から。
        ※ X-E1のカメラのコンピューターの部分を、更新する必要がある。
          ネットの富士フイルム情報を、ダウンロードして。
【今日の歌】



【停泊場所】  須坂動物園の近くのパーキング。

【明日の予定】  須坂動物園を見る。
        ※ BSのアンテナについて、東風さんに調べてもらっている。
          自動追尾の物が、以前の半額ほどで出たので。
          東風さんの車には、付けた。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                         (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg

【ランキング】  国内旅行、2位、 旅行全体、4位です。
                
                  気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                            ※ クリックするバナーは、下のです。                                     
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。 
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/1196-e9fa63b4

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 角間渓谷。  猿飛佐助伝説。 角間温泉は、真田一族の隠し湯。~上田市真田町~ 他 (2013/10/14)
  • 2013年10月15日 (火)
  • 09時04分22秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。