FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

彦岳は、元越山と同じで上からの風景がいいようだ。
それが楽しみ。  行ってみる。

津久見市側の登山道を使う。
駐車場の場所が、分かりやすい。

佐伯市側のは、道が傷んでるよう。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

頂上からは、赤〇の四国の山脈(やまなみ)がはっきり見えた。

s-18年1月31日 (1)    s-18年1月31日 (2)

トンネルを出た所に駐車場。 登山口。

s-18年1月31日 (3)

赤〇の登山道を往復。  小さな車なら紫〇まで行ける。  オレンジ〇は道が傷んでるよう。(九州豪雨でか)

s-18年1月31日 (4)

12時45分出発。 3時間で戻って来れそう。

小鳥がうるさいな、って感じるほど。  自然いっぱい。
天気は完璧。

s-18年1月31日 (14)

白い木に、国土地理院と。  地図にある、標高267㍍か。

s-18年1月31日 (15)

頂上はあれかな~って。  

s-18年1月31日 (16)

この道は登山道であり、頂上の神社への参道。
太い木が。  植えたのかな?  

少し行って、右写真。   石灯篭の感じ。(火を灯す穴は無い)

s-18年1月31日 (17)    s-18年1月31日 (18)

右から別の登山道。  地図の紫の〇から。  
途中で、この道を来て下山する人に出会う。

戻る時、右に行ったら大変。   それだけは注意。

s-18年1月31日 (19)

1時間過ぎてここに。   登山道は右に。
正面は、見晴台の雰囲気。

s-18年1月31日 (20)

見えた。  津久見市の市街地。  

   ※ 佐伯市の後行くけど、道の駅が無い。  停泊できるところが見つかるか。

s-18年1月31日 (21)

煙突。  セメントの工場か。

s-18年1月31日 (22)

上に来た雰囲気。   もしかして頂上か。

s-18年1月31日 (23)

残念でした。  手前の小さな山だった。 頂上が見えた。  一度下って登る。
途中で20分ほど、下山者とお話し。

s-18年1月31日 (24)

頂上の下に来た。
昔の参道は、左から真っ直ぐ上がってきたのか。

鳥居には、彦嶽神社と。  この後、200㍍程直登。  
古い石段が、少し見えて。

s-18年1月31日 (25)

着きました。

s-18年1月31日 (26)

佐伯市が広く見渡せる。

  ※ 津久見市の登山道を登って来た。
    津久見市民はここに来て、隣の町しか見えない。 どう思うのでしょう。

遠くに、鶴御崎。  また、元越山も。  右遠くに市街地。  大入島(おおにゅうじま)も。    

s-18年1月31日 (27)

市街地。 右の方に城跡。

   佐伯城跡を歩く。 三の丸櫓門。 初代藩主は毛利高政。 山際通りで、国木田独歩館を。~佐伯市~ 他 (2018/1/28)

s-18年1月31日 (6)

市街地の手前。  海崎地区か。

木のかげだけど、左が狩生(かりう)地区。
そこから上がって来る登山道がある。

s-18年1月31日 (13)

大入島。  行けるだろうか。  右上の港に行って、自転車を借りて。

s-18年1月31日 (28)

右から鶴見半島が。  先が、鶴御崎。  鶴御埼灯台は、山の陰で見えない。

   九州最東端の鶴御崎へ。 鶴見半島の突端に。 要塞跡。 半島の風景。 途中でおばあちゃんを。~佐伯市~ 他 (2018/1/29)

s-18年1月31日 (7)    s-18年1月31日 (8)

市街地のずっと右。  道の駅はあっちに。

s-18年1月31日 (29)

案内板があった。

s-18年1月31日 (30)    s-18年1月31日 (31)

後を見たら、彦岳神社。

s-18年1月31日 (35)

近くに、役行者(えんのぎょうじゃ)。 若い。  ※ この写真には人の顔が見える。

s-18年1月31日 (32)

左の方。  四浦(ようら)半島。  左は津久見市。  右は、佐伯市。

  ※ 彦岳の頂上は、津久見市と佐伯市の境目。

四国が見えている。  

s-18年1月31日 (33)

山の左に、宇和島市。   直ぐ下に、二見ヶ浦。  昨日行った。

s-18年1月31日 (34)

石鎚山とかは、ずっと左奥に。 白い。

   ※ 写真の下の方。  山を削っている。 石灰岩ですね。   セメントの材料。

s-18年1月31日 (11)

二見ヶ浦の2つの島は、右の山に隠れている。  下の谷に、暁嵐(ぎょうらん)の滝。
中央上少し左に、まるい建物。

s-18年1月31日 (9)

天文台。    かみうら天海展望台。   ここに詳しく

s-18年1月31日 (12)

二見ヶ浦。    
   暁嵐の滝は断崖絶壁に囲まれて。 海の近くに。 瀧神社。 展望台からの風景。 豊後二見ヶ浦。~佐伯市~ 他 (2018/1/30)
 

s-18年1月31日 (10)

※ 昨日、二見ヶ浦から山を撮った。 

頂上は、右の方でいいのかな。

s-18年1月31日 (5)

小さな羊羹を1つ食べて、下山開始。

s-18年1月31日 (36)

この場所だけ危険。  落ちたらどうなるか分からない。
ここがあるため、子供たちを連れて来るのは、やめた方がいい。

  ※ 柵が設置出来たら、誰もが使える登山道に。

s-18年1月31日 (37)

この岩は、木に寄りかかっている。
そのために岩が曲がるってことは、あるのでしょうか。

s-18年1月31日 (38)

快適な道。

s-18年1月31日 (39)

怪我は出来ないので、走らない。   花の季節は、花を探せる。

s-18年1月31日 (40)

分岐点。  しばらく前から、分岐点を探しながら来た。
間違わないために。   ※ 今日はナビを持ってこなかった。

足元ばかり見て歩いていたら、分岐点に気付かず左に行くかも。 大変なことに。

s-18年1月31日 (41)

登山口は遠くない。 
トラックの走る音など、下界の喧騒が聞こえ始めた。

s-18年1月31日 (42)

ここに出て来る。
古い参道(登山道)は、真っ直ぐ左にだった。 

直登のように。   石垣の石が残っている。

s-18年1月31日 (43)

無事に戻って来た。  こんな駐車場。  すぐ彦岳トンネル。  4時20分。

s-18年1月31日 (44)

午後に行っても戻って来れると分かり、行ってきた。
本当は10時前の出発がいい。  トラブルあった時のために。

イノシシが走る音を聞いたのは1度。

普通よりごついステッキを持っている。  襲われたら、それで戦う。
このステッキはカメラの一脚にも。 今日、望遠のカメラに使った。

残る山は、尺間山。  ※ 行けないのは尺間山。

【道の駅】      やよい

【明日の予定】     雪の予報。   四浦半島か。  少しだけ。

 ※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。
                         (2008年4月~2010年9月までの
.記事)

         meisigazoupppm.jpg

 ※ プロフィール・・・。 ⇒  ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、2位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
                 次の日のクリックも、また、1週間生きる。
 【拍 手】   下に。
.
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/2687-9597c47f

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 彦岳頂上から、下に佐伯市が広く見えた。 遠くに四国の山脈。 途中で津久見市の市街地が。~佐伯市・津久見市~ 他 (2018/1/31)
  • 2018年02月01日 (木)
  • 11時21分00秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。