FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

昨日、行きたいところがある、と書いた。
小雨が降っていたけど、行くことに。
  ・  ・  ・  ・  ・
投入堂(なげいれどう)と聞けば、行ってみたくなる。
何せ、下のように崖の穴に投げ入れたようにある。

代表は、下の鳥取県三朝町にある三佛寺奥院投入堂。 
右は、同じ鳥取県若桜(わかさ)町にある不動院岩屋堂。(記事は最後に紹介)

s-19年2月22日 (6)    s-19年2月22日 (7)

階(きざはし)という橋に、初めて出会った。
    ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
          ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

場所は宇佐市院内町。

s-19年2月22日 (2)    s-19年2月22日 (1)

道と駐車場は大丈夫。

s-19年2月22日 (3)

国道から県道に、そしてこの道。
右写真は、駐車場から来た方向を。  赤〇から左に上がる。   石橋が見える。 最後に紹介。

s-19年2月22日 (46)    s-19年2月22日 (9)ppp

出発。 振り返ってここから奥は、平家の落人集落。
           ※ 平教盛(のりもり)の子孫を名乗っている。 
             教盛の孫に重子。 後鳥羽天皇と重子の間に、順徳天皇。 順徳天皇についてはここに
石段を行く。
s-19年2月22日 (10)    s-19年2月22日 (11)

龍岩寺。  本堂は民家のよう。 200円。  大丈夫かなって雰囲気。  真っ直ぐ行く。

s-19年2月22日 (12)    s-19年2月22日 (13)

小雨は時々。 

s-19年2月22日 (14)

途中の景観は荒れている。 杉の木を伐採して。

萬力坊大権現が、右上に祀っている。 ここから20㍍。  伝説では、仏像制作を手伝った。 
帰りに行こうとした。 急な斜面の道は壊れている。 最後の数㍍、つかまれるものがなく引き返す。

s-19年2月22日 (15)    s-19年2月22日 (39)

手掘りのトンネルの向こうに見えた。

s-19年2月22日 (16)    s-19年2月22日 (17)

この時「きざはし」の意味が分からなかった。 正面の斜めの木だった。 以前はそこを通って上に行った。
古くなって行けないので、右の道を行く。

奥院礼堂(おくのいんらいどう)は穴の中にすっぽり。

s-19年2月22日 (18)    s-19年2月22日 (19)

崖を削って道をつくった。

s-19年2月22日 (20)    s-19年2月22日 (21)

着いた。  柵が低いから注意。
建物は、弘安9年に建築。(1286年) 棟木に書いてるのでわかる。  後に何度か修理。
                      (鎌倉時代に入って、執権の北条氏が主導権を握ったころでしょうか)
山の下の他の建物は、戦国時代にキリシタンの大友宗麟に焼かれた。 

s-19年2月22日 (22)    s-19年2月22日 (23)

反対側に行ってみた。 上からこのように。 木造の仏像が頭だけ見える。 大きい。
屋根は、片流れの板葺き。  国の重要文化財。

s-19年2月22日 (24)    s-19年2月22日 (25)

外にあるように見えるけど、礼堂の中としている。

s-19年2月22日 (26)    s-19年2月22日 (27)

下は深い谷。

s-19年2月22日 (28)

中に入れた。 (他の2つの投入堂は、普段は入れない)   格子の壁がある。

s-19年2月22日 (29)    s-19年2月22日 (33)

隙間から顔だけ撮った。
左から、不動明王座像、阿弥陀如来坐像、薬師如来座像。 平安時代後期の作。 

高さ3㍍ほど。 楠(くすのき)の大木から作られたよう。 国の重要文化財。
薄っすらと目を開けて。  お不動様は片目。

s-19年2月22日 (30)    s-19年2月22日 (31)    s-19年2月22日 (32)

下の写真は、県のHPから。  

s-19年2月22日 (4)    s-19年2月22日 (37)

荒れた参道と思っていたけど、木が植えてある。
ròudədéndrənと書いてある。 調べたらラテン語。読みは ロォゥダァデェンドゥラァン。(読めない)
                         ※ どう発音するか知りたければ、ここに。音声の再生をクリック
意味は、シャクナゲ(石楠花)だった。 室生寺の五重塔は、石楠花に彩られる

s-19年2月22日 (34)    s-19年2月22日 (8)

階(きざはし)を見に、下に来た。  木を削って階段の橋に。 
他には伊勢神宮にしかない。 右写真は、月虹(げっこう)さんのサイトからお借り。(自分は行ったけど見てない)

s-19年2月22日 (35)    s-19年2月22日 (36)    s-19年2月22日 (5)

戻るとき句碑があった。 読みにくいけど、写真を見て何とかなった。
「 鵙猛る 社のしじまを 引き裂きて   元重廉直 」

鵙はモズで百舌鳥とも書く。 キーキーうるさい鳥。  スズメよりずっと大きい。 餌を木に刺す習性。
しじま(静寂)を引き裂いた、とある。   元重廉直は宇佐市の俳人(ホトトギス所属)。 明治時代。 

s-19年2月22日 (40)    s-19年2月22日 (41)    s-19年2月22日 (45)

戻ってきた。

s-19年2月22日 (42)

経座橋。  左に家は1軒だけ。 経座石という石が近くの民家にあるよう。

  ※ ずっと昔、さっき行った山の奥から、天狗が悪さをして石を投げた。
    それを止めさせるため、ある僧が石の上に座ってお経を唱えた。 おさまった。 その石が経座石。(伝説)

s-19年2月22日 (43)    s-19年2月22日 (44)

700年前の仏像が、延々と残るなんて不思議です。
それもこんな田舎にあって。 地域の人々に大事にされてきた。

【記事の紹介】

   三徳山三仏寺投入堂 ~三朝町~   他  (2011/6/7)
   不動院岩屋堂は岩窟からせり出すように。 投入堂と同じ懸造。 古い絵図と今も同じ。 平家一族の墓。~若桜町~ 他 (2018/11/14)

   西椎屋の風景は、宇佐のマチュピチュ。 椎屋神社の大銀杏。 戻って来た大龍寺の梵鐘。~宇佐市~ 他 (2016/12/10)
   あまり谷の奥の高い所に、両合棚田と両合川橋。 あまり温泉から歩く。 途中に広い棚田。~宇佐市院内町~ 他 (2016/12/12)

※ 追記  こんな鳥を見ました。  ノスリかと思うけど、自信はありません。
            距離は、100㍍くらいか。  口笛を吹いたら、こっちを向いた。

      逃げなかったんだから、望遠のカメラで撮ればよかった。 バ〇みたい。

s-ついき767 (1)    s-ついき767 (2)    s-ついき767 (3)

【今日の歌】   階~きざはし~ 谷村新司 Shinji Tanimura



別の映像で。  大河ドラマ『琉球の風』総集編OP (階(きざはし)♪谷村新司)
.


※ ブログランキングに新しい記事が載らない。 FC2に連絡したら一旦は載ったんだが。 また載らない。

【道の駅】   いんない (宇佐市院内町)

【明日の予定】   院内町に特になければ、湯布院に向かうのかな。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は3700ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、5位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、下のです。 
                         ランキングが、見られます。
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ 最初は、国内旅行のランキングが。
                 旅行をクリックすると、旅行全体のが。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】   下に。
. 
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/3080-7fd2a2d8

openclose

06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 日本三大投入堂、龍岩寺奥院礼堂。 岩の窪みに張付いて。 一木造の三尊。 階(きざはし)はここと伊勢神宮にだけ。~宇佐市~ 他 (2019/2/22) 
  • 2019年02月23日 (土)
  • 09時21分50秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


-天気予報コム- -FC2-

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。