FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

石橋は丈夫。 車だって通れる。
石橋は長持ち。  100年なんか当たり前。
  ・  ・  ・  ・  ・
大きな石橋があると分かって、行ってみる。
帰りに、筒ヶ岳の登山口を確認して。

今の時代、橋はどこにでも。
昔は違った。  自由には作れない。

人々は渡るたびに、ありがたさを感じたのでしょうね。
   ※     ※     ※     ※  ブログタイトル一覧は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg
             ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)

上は筑後。 下は肥後。 堺にあった。   赤〇は登山口近くの駐車場。 自分の車も行ける。

s-20年2月18日 (1)    s-20年2月18日 (2)

現在地は上に。 筒ヶ岳を含む一帯の山を、小岱山。

s-20年2月18日 (3)

駐車場があってお店もある。 見学者が多いからですね。
眼鏡の形。  

s-20年2月18日 (6)

ここの道は三池往還とある。

   ※ 往還は街道よりは格が下。 街道が国道なら、往還は県道。
   ※ 熊本から福岡に行くメイン街道は、薩摩街道。  豊前(ぶぜん)街道でも。 山鹿を通って。

    豊前街道の腹切り坂を歩く。 事実はどの伝説に。 その先に永ノ原台地。~和水町~ 歯の治療で京都に向かう。 (2019/1/14)

s-20年2月18日 (4)    s-20年2月18日 (5)

上の説明に、橋本勘五郎とある。   石橋では知られた人。  通潤橋や霊台橋をつくっている。
彼がもし作っていたら、証拠が見つかるといい。

   霊台橋は大きく、そして美しい。 美里町には多くの石橋が。 馬門橋。 大窪橋。~美里町~ 他 (2019/1/8)
   通潤橋は地震の影響で近づけなかった。 霊台橋は美しい姿のまま、通れた。~山都町・美里町~ 他 (2016/12/24)

s-20年2月18日 (7)

渡ってみる。 たたいて渡らなくていい。

s-20年2月18日 (8)    s-20年2月18日 (9)

模様が見える。

s-20年2月18日 (10)    s-20年2月18日 (11)

上流。  今は、半分の水がこっちに。 橋を守るために、そうしたんですね。 後で詳しく。

s-20年2月18日 (13)    s-20年2月18日 (12)

反対側から。  ※ 霊台橋のような大きな石橋は、バスもトラックも昔は通った。

s-20年2月18日 (14)    s-20年2月18日 (15)

対岸の下流から。

s-20年2月18日 (16)

水から守るため、丈夫に。   下の方、両側。
まったくの円でなく、広がった円。

  ※ 上の方のカーブがゆるいかんじ。 両側は元のまま。
  ※ 岩国錦帯橋は、両側がゆるい。 反対。   この曲線には名前が。

s-20年2月18日 (17)    s-20年2月18日 (18)

下に下りて、下流から。

s-20年2月18日 (19)

崩れないための工夫は、いくつあるのでしょう。  
つくる時は木の枠を作って、石を積み上げた。 完成したら木は取って。

s-20年2月18日 (20)    s-20年2月18日 (21)

要石の上に穴。 ?。  右写真、家紋か。

s-20年2月18日 (24)    s-20年2月18日 (23)

石橋も棚田の石垣も、庶民の歴史ですね。 昔を目で見られる大事なもの。

s-20年2月18日 (25)

昔の川は、全部石橋の下を流れていた。
石橋を守るために、左に新しい流れ。

s-20年2月18日 (26)

昔は、両側を流れていた。   洪水でも流されないで。

s-20年2月18日 (27)

見学の後、筒ヶ岳の登山口を探しに来た。
パーキングがあってトイレも完備。  登山道はちゃんとしてますね。

s-20年2月18日 (30)

フェリー乗り場はもう少し右の方か。 1月に長洲港から向こうに。

   長洲港から島原半島の多比良港に渡る。 カモメが手からエサを。 明日から長崎の旅。~長洲町他~ 他 (2020/1/6) 

s-20年2月18日 (29)    s-20年2月18日 (28)

明日は天気がいい。 山に行けます。 うれしい。

【今日に一曲】     Chilly Cha Cha- Line Dance (Beginner) LaVon W. Duke



【道の駅】    きくすい

【明日の予定】     筒ヶ岳に。   上からの景色が楽しみ。

  都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、6位です
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。
. 
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/3447-06989bab

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 岩本橋は、肥後と筑後を結ぶ三池往還の藩境に架かっていた橋。 2連の石造アーチ橋。~荒尾市~ 筒ヶ岳の登山口。 (2020/2/18)
  • 2020年02月19日 (水)
  • 09時35分48秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。