FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

平安時代の不動明王坐像。 一木造り。
今の時代まで、どんな苦労があって残ったのでしょう。
   ・  ・  ・  ・  ・
収蔵庫を今開けてます。 ぜひ見学しませんか。
住職さんに声をかけて頂く。

他のどこの不動明王とも違う重厚さ。
写真の撮影もどうぞと。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
赤〇に勇山寺(いさやまじ)。  近くを中国自動車道が。

s-20年10月28日 (2)  s-20年10月28日 (1)

道の駅醍醐の里。  
    ※ この地域に醍醐の桜があるのでこの名前。 
      後醍醐天皇が隠岐に流される時、ここを通ったと言う伝説。

多くの文化財が点在している。

s-20年10月28日 (4)  s-20年10月28日 (3)

向こうの集落へ。 この地域は、鹿田(かった)と呼ばれる。
勇山(いさやま)寺は左の方に。 山の上に庚申堂。 右の道を行く。  

s-20年10月28日 (5)  s-20年10月28日 (6)

旧街道の大山(だいせん)道から。 ピンクの花の木。 名前は分からない。

s-20年10月28日 (7)  s-20年10月28日 (8)

八十八ヶ所霊場の案内も。  右は寺の前の道。

s-20年10月28日 (9)  s-20年10月28日 (10)

本堂にある本尊薬師如来も重要文化財。 これは秘仏。

s-20年10月28日 (11)

収蔵庫は手前の建物の奥に。 向こう隣りが本堂。 

s-20年10月28日 (12)

本堂。 真庭市の文化財。  江戸時代初期の建物のよう。  右向こうに、十三重石塔。
右写真の像が、本堂前に。 龍全菩薩と。 聞いたことがない。 龍全は真言宗に関係する人??  いい雰囲気。

s-20年10月28日 (13)  s-20年10月28日 (14)

梵鐘に不動明王のことが。 ※ 国宝と。 旧国宝のことで今の重要文化財は、同じ価値。 

s-20年10月28日 (15)

外を見学していたら、住職さんに声をかけて頂く。
この奥に収蔵庫。 厚い扉の蔵。 火災から守るためにそこに。

s-20年10月28日 (20)

中央が不動明王坐像。  檜(ひのき)の一木造り。 
様式から、10世紀頃制作と分かっているよう。

 ※ 光背の破片があって、像のそばに置いている。 
   科学的な調査で、使われた木材の正確な年代が分かる時が・・。

左は、矜羯羅童子(こんがらどうじ)。 左手(向かって右)が独特のしぐさ。
役割は、「不動明王に何をするべきかを問い、その命令の通りに動く」と、ある説明に。
 
右は、制多迦童子(せいたかどうじ)。 役割は、召使いのよう。
上の2つは、セットで不動明王の両脇に。

s-20年10月28日 (16)

光背の一部に、赤い色が残っている。 元々は全体が真っ赤でしたね。
左目は半分閉じて。 ふっくらしている。  固く歯を食いしばって。

像の表面は炭化しているそう。 住職さんが色々と説明を。
千年前の像。 木が遠くなるほどの年月が経って。

  ※ 岡山県立博物館に貸し出されたことがある。 運び出す様子(YouTube)。

s-20年10月28日 (17)

本堂の薬師如来も重要文化財。 
秘仏。 開帳33年に一度。 前回は2000年。 次は、2033年。

右の仏具を見せていただく。 裏に文字。  寺伝が書いてある。
森忠政とある。 少し前の記事で紹介。 蘭丸・坊丸の弟。  初代津山藩主。

天正十四年は1586年。 忠政はまだ若い。 16才かな。
                (1582年の本能の時はいなかったけど、12才)
津山藩初代藩主になったのは、1603年。
寺の名前は、どこかで今のに変わった。 最後の2行が、正確に読み取れない。
少なくとも、忠政はこの寺に関わっていますね。

s-20年10月28日 (18)  s-20年10月28日 (19)

裏山の上の、庚申(こうしん)堂に。
第28番大日寺とある。 四国霊場の1つですね。  この記事に

s-20年10月28日 (21)  s-20年10月28日 (22)

色んな石仏がある。 上に来た。

s-20年10月28日 (23)

庚申堂。 庚申信仰の本尊は、青面金剛(しょうめんこんごう)。 
中に、像か絵があるのでしょうか。 こんな感じの像です。 庶民の信仰ですね。

s-20年10月28日 (24)  s-20年10月28日 (28)

下の風景。

s-20年10月28日 (25)  s-20年10月28日 (26)

何がうれしいのでしょう。 これを見て、反対側の道を下る。 ※ 住職さんに、マムシに注意って言われでいました。
途中で、右の像。  安政5年とある。  ※ 安政の大獄の年。 2年後に桜田門外の変。 映画がありましたね。

s-20年10月28日 (27)  s-20年10月28日 (29)

こっちに下りてきた。  古いお墓が。

s-20年10月28日 (30)  s-20年10月28日 (31)

里山を歩く。 寒くなって来て、菊が元気に。

s-20年10月28日 (32)  s-20年10月28日 (33)

庚申堂の山の裏側に。 コスモスの花。 しなやかに揺れて。

s-20年10月28日 (34)

※ 追加の写真。

s-tuika (1)  s-tuika (2)  s-tuika (3)  s-tuika (4)pp 

s-tuika (6)  s-tuika (5)  s-tuika (7)  

戻って、向こうに行く。

s-20年10月28日 (35)  s-20年10月28日 (36)

振り返って。

s-20年10月28日 (37)

行ってみる。 上からの風景を見る。

s-20年10月28日 (38)

寺が2つ。 真光寺と正覚寺。 右は、真光寺前から。

s-20年10月28日 (39)  s-20年10月28日 (40)

真光寺。  向こうに、正覚寺。  右写真は、正覚寺への石段。

s-20年10月28日 (41)  s-20年10月28日 (42)

戻って、大山道に。 左は、ある会社の古い迎賓館。 
その向こうに、木山郵便局。 昭和初期の建物。 今は使っていない。 

s-20年10月28日 (43)  s-20年10月28日 (44)

この後道の駅に。 途中電信柱に柿が干してあって。 黒牛も見て。
お世話になって、いい一日になりました。

【真庭市の記事紹介】  郷原宿。 神庭の滝。 旧遷喬尋常小学校校舎。 勝山の町並み

【道の駅】   醍醐の里。

【明日の予定】   普門寺へ。 遠くない所に。  年に2度咲く、四季桜が見られるかも。   木山寺も。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6 

            ※ 今日もし、F1.4の明るい単焦点レンズで撮っていたら、仏像は鮮明に撮れました。
              仕方ないですね。
    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、3位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/3705-2daa1ebd

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 勇山寺の不動明王座像と二つの童子像は、国の重要文化財。 山の上に庚申堂。 コスモス咲く里山の風景。~真庭市~ 他 (2020/10/28/水)
  • 2020年10月29日 (木)
  • 07時03分32秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。