FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

高山(こうやま)頂上の磁石石は弱すぎた。
物足りないから皇帝社にも。 そこは面白かった。
   ・  ・  ・  ・  ・
磁石石というから鉄がくっ付くのかと思った。
で違った。 ある岩に方位磁針を近づけたら、少しだけ動いた。

道が分岐して、中腹に黄帝社という神社。
黄帝って言われる中国の皇帝は知らない。
        ※ ユンケル黄帝液の黄帝だった。
   ※     ※     ※     ※  ランキング ありがとう!!   ブログタイトル一覧は、右をクリック burogutaitoru656.jpg        
                ( 写真の上にカーソルを置いて、open になってクリックしたら、一瞬に大きく。  再度クリックしたら、元に)
   ・  ・  ・  ・  ・ 
道は航空写真で確認していた。 不案ない。  黄帝社は分岐から歩いた。

s-20年11月20日 (1)  s-20年11月20日 (2)

県道から分かれた。 正面に見える。 

s-20年11月20日 (37)  s-20年11月20日 (38)

上にアンテナの塔があるので、それも道がいい理由でしょうね。

s-20年11月20日 (39)

駐車場に。 この後1台来る。 その人たちは石が磁石とは知らなかった。 景色を見に。

s-20年11月20日 (4)  s-20年11月20日 (5)

3分ほど登れば着く。  ※ 下からの登山道はあるようだが、案内はどこにもなかった。

s-20年11月20日 (6)  s-20年11月20日 (7)

展望台がある。 周辺の木が育って、四方はちゃんと見えない。 霞んでもいた。

s-20年11月20日 (8)

西方面。 ホルンフェルス大断崖はこの下に。  最後に紹介。

s-20年11月20日 (9)  s-20年11月20日 (10)

ポケットに釘とか入れてた。 磁石石というけど、ほんの少しもくっ付かない。
どの岩でやっても石でも。

s-20年11月20日 (11)

戻って方位磁針をとってきた。 大きな岩では変化なし。
あちこち探して、やっと見つけた。

下は普通の状態。

s-20年11月20日 (13)

岩に近づけると、Nが右に動いた。 何度やっても同じ。 弱いけど、磁石石。

 ※ 長野県の分杭峠に不思議なところが。 
   一帯が強い磁場。 方位磁針が狂う。 方向が定まらない。  記事は最後に。

s-20年11月20日 (12)

頂上が面白かったら、黄帝社は行かないつもりだった。 
掘っ立て小屋のような場合もあるしって。

でも、記事が書けない、行ってみるかとなった。 400㍍。
下の写真の場所でネットで調べてみた。 大きな神社と分かった。

 ※ 車の人は神社にはいなかった。 近くから登山道があるようだ。 

中国山地の山並みとはつながっていない。 クマ情報はないので心配してない。

s-20年11月20日 (14)  s-20年11月20日 (15)

黄帝社だからパワースポットなのかな。 もうすぐ。

s-20年11月20日 (16)  s-20年11月20日 (17)

見えてきた。 右は宝泉寺。 廃寺。 曹洞宗。

s-20年11月20日 (18)

こっちが、黄帝(こうてい)社。 
   ※ 宝泉寺はかつて、黄帝社の別当寺として黄帝社を管理していた。

s-20年11月20日 (19)  s-20年11月20日 (20)

紀元前の伝説の人。 中国医学の創始者と言われる。 漢方の祖、とも。
中国最古の医学書は、この人が書いたのではと。

  ※ その医学書は中国には残っていなくて、注釈本の写しが仁和寺にある。 国宝。 後で。

船の絵馬のことが。 山口県指定文化財とある。
これは、2010年に国の重要有形民俗文化財に格上げ。 萩市の博物館に。
           (普通の重要文化財の1つ下のレベルでしょうか)

s-20年11月20日 (21)

説明がいっぱい。 ここの祭神は、黄帝尊。 高山狗留孫(くるそん)と呼ばれた時代が。
   ※ 狗留孫にパワースポットの意味があるよう。 九州にはクルソン峡が。 

s-20年11月20日 (22)

こんな人。 ユンケル黄帝液も。

s-20年11月20日 (36)

奉納した絵馬は下のようなのがたくさん。 

  ※ 後の時代に、これだけは特に貴重というのがあれば、重要文化財に。
             (京都の北野天満宮の長谷川等伯の絵馬は重要文化財です)

船の安全が叶って、そのお礼に奉納しましたね。

  ※ 神社はお礼に奉納される。 それで宝物が集まります。 
    例えば、義経は自分の鎧を大三島の大山祇神社に奉納。 国宝。 この記事に

信仰に頼る時代が長く続きました。 今の時代の安全は、船の性能そしてナビなどの高度な機器に頼りますね。
  
s-20年11月20日 (34)  s-20年11月20日 (3)

説明にある、黄帝内経太素の注釈本の写し。 仁和寺にあるもの。

s-20年11月20日 (35)

後ろに建物はない。 これ自体が本殿か。
狛犬の台座に、天保十 亥 年 とある。 亥(い)はイノシシですね。 1839年。 あと少しで200年。

   ※ 余談 この年に高杉晋作が生まれる。 竜馬は4歳。今の高知市にいる。 

s-20年11月20日 (23)  s-20年11月20日 (27)(1)

お不動様が一人で守っている。

s-20年11月20日 (25)  s-20年11月20日 (26)
 
両側は如意輪観音。 膝を立てて。(居眠りしてるように)
中の2つははっきりしない。
    ※ 錫杖(しゃくじょう)と宝珠を持っていたら地蔵菩薩。 下で手を組んでいたら阿弥陀如来。

右写真は、3つとも十一面千手観音ですね。 小さいから手をいっぱい彫るのたいへん。 かわいい石仏。

s-20年11月20日 (28)  s-20年11月20日 (29)

宝泉寺。 かつての栄華はない。 使われている様子はない。

s-20年11月20日 (30)

右写真は、ギンリョウソウですね。 この後伸びる。 幽霊のように。 木のそばにあった。
         ※ 伸びたらこのように。黒いのはヤッコソウ。(四国の室戸市で)

s-20年11月20日 (31)  s-20年11月20日 (24)

この道を戻ります。 

s-20年11月20日 (32)  s-20年11月20日 (33)

今日は黄帝について学びました。 全く知りませんでした。

【記事紹介】  長野県の分杭峠の記事。 パワースポットの観光地。 方位磁針が狂う。 他の不思議も。
        ホルンフェルス大断崖の記事

【駐車場】  頂上下に。 黄帝社は分岐のところの道が広い。

【道の駅】  阿武(あぶ)町。

【明日の予定】  高山岬灯台と沖浦の集落に。 人が住んでる家は1軒。 ※ 写真は撮ってあります。

【カメラ・レンズ】  フジフイルム、X-H1 XF 18-135mm f 3.5-5.6   XF10(車載)

    都道府県別のブログタイトル一覧表は、右をクリック。 burogutaitoru656.jpg

   (放浪の旅Ⅱと放浪の旅Ⅰの両方です。 記事の総数は4300ほど。)
          
 ※ プロフィール・・・。 ⇒ ppkkpkk44xxx.jpg  2015021215202259f_20150219173812c9f.jpg  今までの記事には、この2枚だけ。

【ランキング】   国内旅行、1位。 旅行全体、2位です。 
                
           気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。

               ※ クリックするバナーは、これです。                          
                             
                        ありがとう!! ランキング 

               ※ クリックが完了したら、国内旅行のランキングが表示されます。
                 表示された画面の「旅行」をクリックすると、旅行全体の順位が。
           
               ※ 1回のクリックで、10ポイント。 
                 
  【拍 手】  拍手のクリックのバナーは、一番下に。    ※ 拍手は、ランキングとは関係ありません。

※ CMを載せるのには、時間がかかりそう。 自分には無理。 調べてやってみたけど。
.
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/3728-f7fcae1b

openclose

12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 高山(こうやま)の頂上の岩に、方位磁針の針が振れた。 中腹に黄帝社と宝泉寺。 黄帝尊って? 貴重な絵馬。~萩市~ 他 (2020/11/20/金)
  • 2020年11月21日 (土)
  • 07時34分26秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


11 | 2020/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。