FC2ブログ

キャンピングカーで放浪の旅 Ⅱ

全国を、写真と動画で探訪

春日局は亀山城で生まれたと云う話がある。
でも、丹波市春日町にある興禅寺で生まれたと云うのが実際のよう。
春日で生まれたので、春日局。
    ☆    ☆    ☆    ☆

春日町は、日本海と瀬戸内の真ん中辺りにある。


市街地の南に、野村断層と言われる断層があるので、見ることに。
駐車場から撮影。 この後、池の向こうの山をひと回りしてくる。 
変わった神社と芭蕉の句碑も。

11年12月3日 (1)

池を過ぎたらあった。 説明板が無いので、どこが断層か分からない。

11年12月3日 (3)

断層の所は、地層が崩れるので、赤○の中かなと思う。
※ Wikipediaには載ってなく、ネットにいくつかの説明があるが、みな専門的。
  相当な知識が無ければ、誰もが読んでわかるようには、表現できない。

11年12月3日 (4)

断層があるからでなく、大きな岩があるので、お地蔵さんですね。

11年12月3日 (2)

少し行って、振り返って撮影。 この道を、中学生の運動部が走っていた。 何回も出会った。

11年12月3日 (5)

春日神社。 明智光秀は、この地方を攻めた。 その時焼かれた。
今でも丹波の人達は、光秀のことをよく云わないそう。

屋根が、前に流れている。 よく見る神社と違う。 
この屋根では、雪が多い困るから、この辺りは雪が少ないのか。

11年12月3日 (8)

柱が多い。

11年12月3日 (6)

桧皮葺(ひわだぶき)。 ヒノキの皮を使っている。

11年12月3日 (7)

山をひと回りする頃、芭蕉の句碑があった。
 「粟稗(あわひえ)に 貧しくもあらず 草の庵」
※ この句について調べてみたら、この句は、ここに来て作ったものではなく、名古屋で作ったもの。
  この場所にあるのは、どういう意味でしょう。

11年12月3日 (9)

こんな道を歩いて、駐車場に。

11年12月3日 (10)

市街地の北に、興禅寺はあった。 ここで、春日局、つまりお福は生まれた。
これが通説になっている。

11年12月3日 (11)

場所は下に。 この後、黒井城跡に行く。 道の駅は、右下に。 春日神社は地図になく、もっと下。

11年12月3日 (12)

春日局は家光を将軍にするのに尽力する。 昔の大河ドラマにもそれがあった。
でも、描かれた多くのことが、事実ではないとなって来た。
※ 今年の大河ドラマの中では、江が生きてる間は、2人の差は明確になっていた。
  これで、いいのではと思う。 お福が力を発揮するのは、この後。

看板の後ろに休憩所がある。 春日局庵となっていた。

11年12月3日 (15)

この町も明智光秀は好きになれない。
お福は、光秀の家来である斉藤利三の子。 だけど、お福は別。
 ※ 利三は、本能寺の変に参加。 秀吉に追われ捕まって、6条河原で斬首。 それを幼少のお福は見た。
   光秀に本能寺攻めを進言したのは利三、との説もある。

11年12月3日 (16)

出生の地とある。

11年12月3日 (13)

山門の仁王様。

11年12月3日 (14)

本堂の裏に井戸があった。 お福の産湯の井戸。

11年12月3日 (17)

お福は家光の乳母。 江戸城の中では春日局の化粧の間というのがあった。
移築されて、今は、川越の喜多院にある。 江が家光を生んだ部屋も。

※ 今回の大河ドラマの最終回を見た時、お福を演じている俳優が誰か分からなかった。
  今日知った。 富田靖子だった。 ずっと見てなかったから、彼女と気づかなかった。

春日局の魅力をちゃんと知りたいですね。 

ここから山に登る。 黒井城は、城山の頂上にあった。

11年12月3日 (18)

標高は357㍍。 平地の部分が標高100㍍。 標高差200㍍ほど。 1時間はかからない。

11年12月3日 (19)

展望台か。

11年12月3日 (20)

見渡せるように木が切ってあった。 このように切っていい。
たくさんの人に山に来てもらって、いい景色を見てもらう。
そして、自然の大事さも感じてもらう。

※ 旭山動物園は、多くの人に動物を見てもらって、動物の生きる環境の大切さを知ってもらう。
  動物園の目的の一つになっている。 動物を飼っているけど。
  この考えと似ている。

11年12月3日 (21)

あと少し。

11年12月3日 (22)

石垣は野面積み。 石をそのまま使っている。
曲輪(くるわ)は、石垣とかで囲まれた場所のこと。

11年12月3日 (23)

一段上がったらこうで、さらに上があった。

11年12月3日 (24)

ここが一番上。 本丸があった。

11年12月3日 (25)

登って来たのと、反対側。

11年12月3日 (26)

その左方面。

11年12月3日 (27)

春日町の市街地。

11年12月3日 (28)

ここが頂上。

11年12月3日 (29)

保月城ともいう。

11年12月3日 (30)

これも、春日町。 いい風景。 山に登る魅力。

11年12月3日 (31)

下は標高100㍍程で。この辺りの南は、瀬戸内に水は流れる。少し北は、日本海に流れる。
本州の真ん中辺りに、分水嶺がずっとあるが、ここが一番低い。

小さな山なのに、四方が見えた。 この後下山。

11年12月3日 (32)

展望台の所。

11年12月3日 (33)

下が見えたのは、ここが最後。

11年12月3日 (34)

踏切で停まった。 電車が通った。 
ここは福知山線。 

11年12月3日 (35)

※ 福知山線と聞けば、あの事故を思い出す。 数年前、尼崎の近くで。



今いるところは、丹波市春日町。

丹波市は、昔の丹波の国の一部。 合併で丹波市にするとき、まわりの町村は反対した。
丹波の地名を独占されるから。 新しい名前を決める時、投票でも、丹波市は1位ではなかった。
でも、投票とは関係なく、丹波市にした。
市民の声、周りの声、それらを考えないで決めてしまった歴史を持っている。

【今日の歌】  ここ数日、運転の時、森山良子を聴いていました。 
        2曲とも、大好き。






【道の駅】   丹波おばあちゃんの里

【明日の予定】  丹波市にもう少し。 何かありそう。

※ 「キャンピングカーで放浪の旅」は、下をクリックすると出ますよ。   
                                                    (2008年4月~2010年9月までの記事)

meisigazoupppm.jpg
   
【ランキング】  国内旅行は6位、 旅行全体で17位です。            
            
            気に入った所がありましたら、クリックをよろしく。
                     ※ クリックするバナーは、下のです。 
                   
              ありがとう!!

                   ※ 1回のクリックで、10ポイント。 1週間生きます。
          
スポンサーサイト



スポンサードリンク

 
 

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

https://akkamui212.blog.fc2.com/tb.php/450-f98ce232

openclose

07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 

  • 春日局出生地 興禅寺  黒井城跡  野村断層 ~丹波市~  他  (2011/12/3)
  • 2011年12月03日 (土)
  • 23時54分13秒
by AlphaWolfy

akkamui212

Author:akkamui212
2009年4月に放浪の旅をスタートし、十数回目の日本1周に入っています。
「キャンピングカーで放浪の旅」に続き、パートⅡです。
明日は、どこの空の下にいるのかな。


06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

現在の閲覧者数:

名前:
メール:
件名:
本文:

QR

気に入った所がありましたら、よろしく。